539件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

北海でノルウェーや英国とつながり、南は北アフリカ、東はウクライナ、ロシアにも連なる大構想だ。

ノルドストリーム2はバルト海経由の海底輸送管で、ロシアが自国産ガスを欧州向けに輸送する際、政治的に対立するウクライナを迂回(うかい)することが可能となる。

【キエフ=ロイター時事】ウクライナ産小麦(製粉用)の輸出向け入札価格は、過去1週間でトン当たり3ドル上昇し、6ドルとなった。

【キエフ=ロイター時事】ウクライナ経済発展・貿易・農業省が9日公表した統計によると、2021―22年度(21年7月―22年6月)の同国穀物輸出量が同日までの9日間で51万8000トンとなり、前年同期の...

ロードマップ策定のガイドブックを作成し、これに準拠したパイロットプログラムが6カ国(ガーナ、ケニア、エチオピア、インド、セルビア、ウクライナ)で始まった。

米ロは核軍縮など協調できる分野を模索するものの、ウクライナ情勢などをめぐり両国の隔たりは依然大きい。

住友商事は、ウクライナで農業資材の直販ビジネスを強化する。... ウクライナでは18年に農業資材問屋大手スペクター・アグロに51%出資。同社は約4000の顧客、21支店を有し、ウクライナ全土をカバーす...

トランプ氏の弾劾訴追は2019年12月の「ウクライナ疑惑」以来で、任期中2度目は米史上初めて。

米民主党、トランプ氏弾劾案を提出 (2021/1/13 国際・商社)

可決されれば2019年の「ウクライナ疑惑」に次ぐ2度目の弾劾訴追となり米史上初。

今年6月以降13%上昇した南アフリカ・ランドに加え、ブラジル・レアルやメキシコ・ペソ、コロンビア・ペソなど南米通貨のロング・ポジション、さらにエジプトやウクライナなどの国債持ち高を手じまっている。

【A】14年にロシア軍が行ったウクライナへの軍事介入では、電磁波攻撃とサイバー攻撃を組み合わせた新戦術が注目を集めました。

スポティファイ、ロシアなど13カ国に参入 (2020/7/16 電機・電子部品・情報・通信1)

ロシア以外は、アルバニア、ベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、カザフスタン、コソボ、モルドバ、モンテネグロ、北マケドニア、セルビア、スロベニア、ウクライナの各国。

鉄鋼分野では、対欧輸出が多いロシアやウクライナ、トルコ、インドなどの製品は課税を障害に結果的に閉め出され、それがアジアに還流しかねない。

米CNNのコメンテーターは「トランプ大統領はウクライナ疑惑への対応で頭がいっぱいで、ベネズエラのことなど眼中にないのでは」と語った。

投資の活性化とともに一時は20%にも達した失業率は3%水準に下がり、もはや労働力不足が顕在化しつつあるが、これを補ってきたのは200万人ともされるウクライナからの労働力流入で、言語や文化の近さから依存...

しかし、ニューヨーク・タイムズ紙によると、ボルトン前大統領補佐官が近く出版する著書で、トランプ氏が対ウクライナ軍事支援と引き替えに、政敵のバイデン前副大統領に関連する疑惑調査を求めたことを暴露している...

きょう米中「第1段階」署名 (2020/1/15 総合1)

他方、イラン軍がウクライナ旅客機を撃墜した問題に関しては「(イラン国民による)デモを見守り、皆さんの勇気に鼓舞されている」(同)と語り、抗議を支持した。

菅義偉官房長官は14日の閣議後会見で、イラン政府が否定していたウクライナ旅客機の撃墜を一転して認めたことについて「イランが自らの責任を認め、謝罪している点に留意しているが、イランが透明性を持って調査を...

【ワシントン=時事】米下院はウクライナ疑惑をめぐりトランプ大統領を弾劾訴追した。

2005年にタイを襲った津波や14年のマレーシア航空機ウクライナ東部撃墜事件など、さまざまな事案で使用されてきた。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる