1,057件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新型フィットはネット通信端末を国内では初搭載し、エアバッグ展開時に外部に自動通報するなどの安心サービスや、エアコンなどを遠隔操作できるなどの快適サービスを提供する。

小山氏は技術畑を歩み、エアバッグの開発・製造などに携わった。

ダイセルの主力事業である自動車エアバッグ用インフレーター(ガス発生装置)などに使う技術を応用し開発された。

さらなる技術開発と供給拡大を図りたい」 ―車載エアバッグ用スクイブ(点火装置)コネクターの需要が高まっています。

「健康食品や化粧品原料の『ヘルスケア』、液晶ディスプレーや半導体材料の『スマート』、エアバッグ用インフレータなど自動車関連の『セイフティ』とし、酢酸セルロースなど従来のプロダクトアウト型で成長させる事...

エアバッグ用原糸をタイで生産 ―2020年3月期の見通しは。 ... エアバッグ事業は相当厳しい。... 「18年にエアバッグ用原糸工場で火災が...

チェーンPCには酢酸セルロースなどを製造する網干工場(兵庫県姫路市)など国内3工場が、マルチプルPCには自動車エアバッグ用インフレーター(ガス発生装置)などを製造する播磨工場(同たつの市)など国内3工...

2019年下期の新社長 (2020/2/3 下期の新社長)

俊治氏は会長も兼務 マックスバリュ西日本           平尾健一  57  業績不振の経営責任を明確にするため ZOZO      沢田宏太...

トヨタグループでは、例えば豊田自動織機は江蘇省の工場で生産したエンジン部品、トヨタ紡織はシートカバーやドアトリム、豊田合成はハンドルの革製品やエアバッグの袋製品などを、日本や海外に輸出している。

カメラやLiDAR(ライダー)などのセンサーを組み込んだフロントグリルモジュールや乗車姿勢の多様化に対応した次世代エアバッグシステムなどは、自動運転車両向けを想定。

骨格から行動推定 ネクストシステム、動画分析ツール開発 (2020/1/28 中小・ベンチャー・中小政策)

乗客の姿勢に応じてエアバッグの膨らませる順番を調整し、運転の権限を委譲できる状態か判定できる。

各BUの内訳は(1)主力の自動車エアバッグ用インフレーター(ガス発生装置)などの自動車関連(2)電子材料関連(3)コスメ・ヘルスケア関連(4)メディカル関連の4事業を中心に調整している。

展望2020/東レ社長・日覚昭広氏 環境・医療分野に重点 (2020/1/14 素材・医療・ヘルスケア)

エアバッグ基布の製造拠点であり、樹脂コンパウンドの生産も始めた。... エアバッグは安全への意識の高まりで需要が見込める。

炭素繊維や電池材料、エアバッグ、衛生用品向け繊維素材といった成長分野への投資に重点を置く方針で、収益基盤の拡大を目指す。 ... 繊維素材は、新興国で消費が拡大する紙おむつ用のポリプ...

【ニューヨーク=時事】タカタ製エアバッグの欠陥問題で、米国で新たに1千万個のガス発生装置(インフレーター)がリコール(回収・無償修理)の対象となったことが8日、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が開...

仲井嘉浩社長は車のエアバッグ装備の義務化により、交通事故の死者数が減少したことを引き合いに「同プラットフォームが業界の標準になれば」と先を見据える。

産業用途は新興国の安全意識の高まりでエアバッグの出荷増に期待がかかる。

旭化成は宮崎県延岡市でエアバッグの原糸、日本や中国でパートナー企業と基布を製造販売している。... エアバッグは旭化成のナイロン66繊維「レオナ」の主力用途。... 東レもスウェーデン企業買収によるエ...

【名古屋】豊田合成は13日、ベトナムで自動車用エアバッグ部品を増産すると発表した。... 車の安全に対するニーズの高まりや、法規制によるエアバッグ搭載率の上昇に伴う需要拡大に対応する。 ...

東洋紡の4―9月期、当期益32%減 工場火災が影響 (2019/11/8 素材・医療・ヘルスケア)

液晶向け超複屈折フィルムなど工業用フィルムが好調だった一方、18年9月発生のエアバッグ用ナイロン糸を生産する福井県敦賀市の工場火災が引き続き影響し、原糸調達や需要減などから特別損失を26億円計上した。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる