786件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

深層断面/菅政権―変わる政策 (2020/9/17 深層断面)

サプライチェーンの再構築やエコシステム(協業の生態系)の形成を支える施策を大胆に講じる必要がある。

場を用意することでクリエーターを含めたエコシステム(協業の生態系)を育てていく。

産業IoT(モノのインターネット)データは、関係者の「データ主権」が保証される仕組み・ルールに基づいて、企業内だけでなくサプライチェーン(供給網)やエコシステムに対して積極的・戦略的に「流通」させ、国...

大分県はスペースポートを核としたエコシステムの創出に向けたワークショップの開催や宇宙産業関係者のコミュニティー化など、県内企業での新ビジネス創出を目指す。

中国地域の企業とのオープンイノベーションを通じてDXを推進し、同地域にイノベーション・エコシステムを形成するのが狙い。

ポンタがauペイに流れており、新しいエコシステムだ」 ―au契約者以外をどう取り込みますか。

設定したテーマは新たな移動のエコシステムの構築、モノづくりに求められるデジタル変革(DX)、空港起点のスマートサスティナブルシティー、新たな生活モデルの創造の四つ。

元日本IBM常務執行役員で大阪府スマートシティ戦略部の坪田知巳部長は「公的利益と民間利益が両立するエコシステムとして持続させたい」とあいさつ。

関経連は19年にベンチャー・エコシステム委員会を立ち上げ、スタートアップや大学発研究開発型ベンチャーなどの育成と協業に着手した。

スタートアップ企業にイノベーション創出の循環(エコシステム)の担い手となってもらい、県内企業の産業競争力の維持、向上につなげる。

三菱UFJ銀行は19日、大阪府、大阪市、堺市、大阪産業局とスタートアップ・エコシステムの構築などで連携協定を結び、2020年度中にイノベーション創出拠点を大阪市内に設置すると発表した。

ロボットメーカー各社が協働ロボットの分野で周辺機器メーカーとのエコシステム(協業の生態系)形成を加速している。... 一方、エコシステムの取り組みが先行するのはデンマークのユニバーサルロボット(UR)...

京阪神地域が「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に選定され、スタートアップ育成に注力する中、三田市でもソフトに加えて施設などハード面も整えて起業を後押しする。

一つは導入・普及を加速するエコシステムの構築だ。... メーカーやシステムインテグレーター(SI)業界団体、全国の高等専門学校(高専)などが参画する「未来ロボティクスエンジニア育成協議会」を19年に設...

また内閣府のスタートアップ・エコシステム拠点都市構想の推進拠点都市に選定された。

このような状況は単なる一時的な需給悪化ではなく、米国全体の研究開発システムの構造的な偏りに起因するとの指摘もある。... シリコンバレーに代表される民間主導のエコシステムもその延長線上にある。

シャープの通期見通し、営業益55%増 (2020/8/6 電機・電子部品・情報・通信1)

セグメント別営業損益は車載向け液晶パネルや複合機などが落ち込み「8Kエコシステム」が49億円の赤字(前年同期は65億円の黒字)。

政府の「スタートアップ・エコシステム拠点都市」に京阪神地域が選定された。

地場産業の活性化のため、企業に技術・デザイン・経営力の研修を提供し、それを展開してイノベーションのエコシステム、世界に発信するデジタルプラットフォームの構築につなげたい。

大企業が企業文化を変えながら自らのビジネスモデルを進化させ、ベンチャーが活躍できる環境を整備してベンチャーとの連携を推進するといったエコシステムを構築する必要もある。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる