電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

263件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

例えば石油化学業界では、中国/欧州の大規模化学メーカーに対するグローバル競争力を維持すべく、出光興産と三井化学が京葉地域でのエチレンプラントの共同利用を発表している。

三菱ケミカルグループは化学品の基礎原料のエチレンを作るエチレンプラントを石化コンビナートの茨城県鹿島地区と岡山県水島地区に持つ。水島地区では旭化成とエチレンプラントを共同で運営する。

直近では出光興産とエチレンプラントの集約について検討に入った。... 「プラントの再構築などを引き続き検討する。... (エチレンプラントを持つ石化コンビナートの)京葉地区や大阪地区で...

三井化学と出光、エチレン設備統合 京葉で27年度 (2024/3/28 素材・建設・環境・エネルギー1)

三井化学と出光興産は27日、千葉県の京葉臨海コンビナートにおいて両社が持つエチレンプラントの統合に向けた検討を始めたと発表した。... エチレンプラントの生産最適化などを図り、次世代の成長に向けた競争...

ニッポンの素材力 トップに聞く(18)丸善石油化学社長・馬場稔温氏 (2024/3/19 素材・建設・環境・エネルギー1)

機能品、半導体向け増強 ―2023年は世界経済の低迷や中国のプラント新増設など、厳しい需給環境が続きました。... エチレンのグローバル需要も(世界経済と...

荏原系、米中企業から優秀サプライヤー表彰 (2024/2/29 機械・ロボット・航空機1)

両社が中国で建設中の年産能力160万トンと世界最大規模のエチレンプラントのサプライヤーを対象としたもの。荏原エリオットは2021年、同プラント向けにコンプレッサー6台と蒸気タービン3台を受注。

展望2024/三菱ガス化学社長・藤井政志氏 CO2回収、メタノールに (2024/1/25 素材・建設・環境・エネルギー2)

エチレンプラントでCO2排出を減らせる、メタノールからオレフィンを生産する『メタノールtoオレフィン』が実現できる」 【記者の目/新たな石化事業の姿示す】 ...

展望2024/東ソー社長・桑田守氏 汎用品、東南アで地産地消 (2024/1/23 素材・建設・環境・エネルギー2)

エチレンを多く購入する中で出光興産徳山事業所(山口県周南市)との関係があり、三重・四日市ではエチレンを供給している。お互いのエチレンプラントを効率的に稼働できる仕組みも重要だ」 ...

展望2024/荏原社長・浅見正男氏 ポンプで水素社会に貢献 (2024/1/18 機械・ロボット・航空機2)

また、コンプレッサー・タービンはエチレンプラント向けの方が強い」 ―LNGの知見を基に水素を事業化する計画で、液化水素昇圧ポンプを開発しました。

石油化学工業協会(石化協)の統計によると23年11月のエチレンプラント稼働率は84・1%だった。... すでに丸善石油化学と共同出資する京葉エチレンがエチレンプラントの運営を担...

特に液化天然ガス(LNG)プラントは専業大手が世界でも強く、大型案件のため受注すれば業績への貢献は大きい。... 化学 樹脂堅調、最悪期脱出 世界経...

中国のエチレンプラント新増設などで供給過多が続く事業環境の変化に対応し、生産体制の最適化や製品の高付加価値化に力を入れる。

半導体回復予測も好感 エチレンの国内製造プラントの低稼働率が底を打ちつつある。10月の国内エチレン製造プラントの稼働率は、前年同月比2・2ポイント減の82・6%。... 中国...

一番の懸念は、26年以降に中国が(エチレンプラントの)能力増強を本当に実行するかだ」 ―こうした環境にどう対応しますか。

エチレンプラント共同運営 ―事業環境は。 ... 石油化学プラントの新増設が進み、石化製品が全世界的に供給過剰になり、需給が緩んでいる。... ...

特に中国の石化プラントの増設が顕著だが、一方で中国の景気も回復が遅く、アジアの石化製品の市況も悪化している。エチレンプラントの稼働率を含めて、しばらく市場環境は厳しいだろう」 ―脱炭...

総合化学5社、4社が通期下方修正 石化需要の低迷響く (2023/11/9 素材・建設・環境・エネルギー1)

事業再構築などで約5000億円のキャッシュフローを創出するほか、京葉地区を念頭にエチレンプラントの共同運営の可能性なども模索する。

住友化学は1日、2024年度までの業績改善策と、国内エチレンプラントの再編を含む構造改革の一部を発表した。... 国内では30年めどの完成を予定するバイオエタノール由来のエチレン・プロピレンプラント新...

エチレンプラント、9月も低稼働 2カ月連続80%台 石化協まとめ (2023/10/20 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会(石化協)が19日発表した9月の国内エチレン製造プラントの稼働率は、前年同月比1・5ポイント減の81・6%だった。... 一方、9月の国内エ...

経営ひと言/石油化学工業協会・岩田圭一会長「世界経済を注視」 (2023/10/11 素材・建設・環境・エネルギー)

国内のエチレンプラントは低稼働率が続く。... またエチレンの供給面では「中国でのプラント新増設がまだまだ活発だ」と分析する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン