6,548件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

動力ゼンマイのエネルギーをてんぷへ高効率に伝える新型の脱進機を採用。

研究の効率化とともに、AIを材料開発に応用する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」での材料開発を促進する。 研究の担い手が不足する中、国際競争力を維持するためには実験効率を向...

当初は「採算分岐点は1バレル60ドル程度」と見られていたが、彼らは掘削方法を革新し、効率の良い井戸に集中するなどして、見事にコストダウンに成功した。結局、米国は世界最大の産油国となり、トランプ政権下に...

東邦ガス、300万件の顧客を年1%拡大 都市ガス・LPG開拓 (2020/4/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

22年4月の導管部門の法的分離に向け20年4月1日に導管ネットワークカンパニーを設け、効率運営を図る。再生可能エネルギーへの対応では同社工場跡地に出力1・4メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー...

JMU、バラ積み船引き渡し (2020/4/1 機械・航空機 1)

国際環境規制のエネルギー効率設計指標(EEDI)についてはフェーズ2レベルを先取りしてクリアした。

しかし、コスト増加や設置スペースの拡大、消費電力の増加に伴うエネルギー効率の低下などの難点があった。 ... エネ効率を高めるため圧縮機の入力・出力側の圧力を観測し目標圧となるよう各...

伊東孝紳前社長が「世界6極体制・販売600万台」を掲げて推進した拡大戦略が頓挫し、生産余剰など非効率が残された結果だ。 ... また電動車とエネルギー管理サービスを結びつけ、再生可能...

サノヤス造船、バラ積み貨物船を完工 (2020/3/31 機械・ロボット・航空機1)

エネルギー効率設計指標(EEDI)の規制値に対しても20%削減を達成。

主発電機・主電動機のエネルギー効率は97%と限界値に近い。

火力発電のアンモニア混焼商用へ IHIなど、事業化調査 (2020/3/30 機械・ロボット・航空機1)

IHIは東京電力フュエル&パワー(FP)と中部電力が共同出資するJERA、丸紅、豪ウッドサイドエナジーとの4社で、火力発電設備におけるアンモニア混焼を目的とした新エネルギー・産業技術総合開発機構(NE...

同市が開設を進める複数の防災拠点センターへ、警備・清掃・案内の1台3役を担うサービスロボットを導入して運営を効率化。... 最初の1年は同ロボットのほか、公共施設への太陽光発電と蓄電池を用いたエネルギ...

省エネ社会実現に貢献 【パワエレ不可欠】 近年、各国で温室効果ガスの排出削減目標が掲げられ、日本も2030年度のエネルギー起源二酸化炭素の排出量目標を13年度比25...

石巻に国内最大級バイオマス発電施設 日揮が受注 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機1)

今後も再生可能エネルギー施設の建設案件獲得に向けて、営業活動を強化する。 ... 蒸気タービンで膨張した蒸気を再度ボイラに送り、再加熱後に再び蒸気タービンに送り込み高効率発電を可能に...

ニュース拡大鏡/石炭ガス化複合発電、いわき市に54万kW機 (2020/3/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

微粉炭を用いた石炭火力は効率に限界があり、今後はさらなる効率アップが可能なIGCCが最適な対応になる。 ... さらにCO2を水素、メタンに分離するなどCCU(CO2分離・回収・利用...

九州のエネルギー使用に占める電力の割合は約3割。... 効率的かつ安定した送配電会社モデルの構築に期待したい。

五洋建、技研・展示実験棟を省エネ改修 ZEB技術実証・体感 (2020/3/23 建設・生活・環境・エネルギー)

ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化技術の実証研究を目的に、約30の省エネ技術を建物内に融合させて、省エネ率72%(創エネ除く)を見込んだ改修を実施した。 省エネ化に当たり、水の熱や空...

高効率なボイラ性能と充実したメンテナンス体制で確固たる地位を築き、2019年に設立60周年を迎えた。... 従来捨てていた熱を最大限活用することによりエネルギー消費効率(COP)は一般的なヒートポンプ...

国内工場は今、拠点誘致や非石油由来のエネルギー利用、石化製品生産の基盤強化を急ぐ。... エネルギーや水の使用量を大幅に抑えられる同社の革新技術に期待し、三井化学は出資も行う。 .....

【福島】日立製作所とデンヨー興産(東京都中央区)、産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所は共同で、500キロワット級ディーゼルエンジン発電システムで水素混焼により1000時間以上の運転に成功し...

多管式に比べ、伝熱効率が高く、汚れに強い。... 温排水からの熱回収が可能になり、染色工程の1次エネルギー使用量を95%削減できた。 ... 空調の1次エネルギー使用量は、64%削減...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる