電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

342件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

エネルギーシステム事業は前年とほぼ同じ着地になる見込みだ」 ―電装事業の堅調の要因は。 ... 電装製品ではEV向けPCU、DC/DCコンバーター(...

二酸化炭素で蓄電 太陽光や風力など気象条件の影響を受ける再生可能エネルギーは、発電量が変動しやすい。... 今後は材料開発を進めつつ、再生可能エネルギーの発電量の変動緩和と効率的な利...

研究開発の道案内 KRIの挑戦(2)長寿命蓄電池 (2024/3/7 科学技術・大学1)

材料メーカーなどと共同開発 受託研究開発のKRI(京都市下京区、川崎真一社長)は、1998年にエネルギー変換研究部を創設。... EVは使用する電力が再生可能エネルギ...

エネルギー変換研究部担当の木下肇常務執行役員は「最先端の開発は、顧客の“困りごと”の中にある。

太陽からの直射日光は、屋根に太陽光パネル(半導体接合素子)を並べることで、電力に変換することができる。... その遮蔽物に半導体接合素子を用いれば、ガンマ線が電力に変換され、エネルギー...

JR西、グリーンローンで200億円調達 省エネ車両導入向け (2024/2/6 生活インフラ・医療・くらし)

調達した資金は、山陽新幹線や在来線でエネルギー効率を高めて省エネ化した新型車両の導入資金に充てる。 山陽新幹線では、走行抵抗を低減した先頭形状や次世代半導体「SiC素子」の駆動システ...

有機太陽電池のエネルギー変換効率は14・3%。... 水に4時間ひたしてもエネルギー変換効率の低下率は11%と小さかった。

身の回りにありふれている磁石を使って、熱を電気に直接変換したり、電流や磁場を印加することで冷却したり、能動的に熱の流れを制御できたら、革新的な省エネ・創エネ技術につながるのではないか。 ...

とりわけ虎の子技術の電磁鋼板は、エネルギー変換効率が高まるとして電動車用モーターや電力を支える変圧器向けに需要が急増している。

シャープ完全子会社のシャープエネルギーソリューション(大阪府八尾市、五角博純社長)は、化合物・シリコン積層型の太陽電池モジュールで従来比1ポイント超増のエネルギー変...

物質・材料研究機構(NIMS)エネルギー・環境材料研究センター(通称GREEN)は、エネルギーに関連する物質・材料のブレークスルーを目指して研究・開発を進めている。&#...

第1部は、温度と圧力の考え方から、熱エネルギーと仕事、熱力学第一法則とエネルギー変換、熱力学第二法則、理想気体の状態変化、応用例までを網羅しており、全7章で説明している。... さまざまなエネルギー変...

独自の製造方式や添加剤により、水素を活用する際の電極部材のエネルギー変換効率や耐久性を高めた。... 水素エネルギー市場の成長を取り込んで事業拡大し、2028年に年間100億円の売り上げを目指す。&#...

バルミューダ、小型風力発電機を今秋実証 (2023/8/10 電機・電子部品・情報・通信2)

研究室内での実験では高いエネルギー変換効率を確認済みで、今回の実証実験では、実際の使用環境である屋外での性能を確認するという。... 小型でもエネルギー変換効率が高く、静音性も高いのが特徴。

エネルギー変換効率が24%と、業界屈指の高さにある点などが特徴。

車部品各社、電動化支える製品提案 (2023/6/23 自動車・モビリティー)

モーターのエネルギー変換効率は90%で、省エネルギーにもつなげる。

日本ゼオン、米社に出資 アンモニア発電システムの実装検討 (2023/6/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

アモジーは2020年設立のスタートアップで、アンモニアのエネルギー変換モジュールシステムの開発を手がける。

特にエネルギーの最終形態である熱の利用が期待されている。... 熱電変換素子は、エネルギー変換効率の向上や量産のため、さまざまな材料やデバイスが開発されている。... また、ネルンスト効果により動作す...

台風災害のリスク低減の他、台風エネルギー活用の研究に取り組む。... IASには「バイオアッセイ研究ユニット」「超省電力マグノニックデバイス研究ユニット」「電気エネルギー変換研究ユニット」を新たに置い...

15%のエネルギー変換効率を確認。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン