電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

188件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

この結合を阻害する抗PD―1抗体はがん治療薬として実用化され、オプジーボが知られている。 肺がんの8―9割を占める非小細胞肺がんのうち進行性の患者を対象に医師主導治験を実施し、50例...

経営ひと言/小野薬品工業・相良暁社長「次の成長へ」 (2024/1/18 生活インフラ・医療・くらし)

「ライセンスの重要性を意識し、苦しみもやりがいもあった」と振り返るのは、がん免疫治療薬「オプジーボ」で成長してきた小野薬品工業社長の相良暁さん。 今後はオプジーボ...

相良社長はがん免疫治療薬「オプジーボ」の発売で、同社を成長軌道に乗せた。ただ今後はオプジーボのロイヤルティー収入が徐々に減る見込み。

小野薬、皮膚がん向けで「オプジーボ」追加承認申請 (2023/6/23 生活インフラ・医療・くらし1)

小野薬品工業は「オプジーボ(一般名ニボルマブ)点滴静注」で根治切除不能な進行・再発の上皮系皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)への効能、効果の追加で国内製造販売承認を変更申請した。

経営ひと言/小野薬品工業・相良暁社長「次の成長戦略」 (2023/5/17 生活インフラ・医療・くらし2)

胃がんや食道がんなどで主力抗がん剤「オプジーボ」の使用増を見込む。 オプジーボは2031年に国内特許満了のため次の成長戦略が問われる。

小野薬、米国で自社展開加速 現地開発品25年発売 (2023/3/24 素材・医療・ヘルスケア)

現在の主力のがん免疫療法薬「オプジーボ」が日本で特許切れとなる31年までに2、3製品を欧米で販売できるようにし、代わりの収益源を構築する。

主力のオプジーボやフォシーガの適応追加のほかリンパ腫向けのベレキシブルやパーキンソン病治療薬のオンジェンティスも小規模だが寄与してきた。... 「オプジーボの特許切れの31年度を中期経営計画のゴールに...

製薬8社の通期、全社増収 円安で海外製品伸びる (2022/11/11 素材・医療・ヘルスケア)

小野薬品工業はがん免疫治療薬「オプジーボ」や慢性疾患治療薬「フォシーガ」の販売が好調。

小野薬品工業は台湾で、がん免疫療法薬「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」について、米エクセリシス開発の抗がん剤「カボザンチニブ(一般名)」との併用療法での未治療...

がん免疫治療薬『オプジーボ』の強化が続き、最近2年の新製品も成長に寄与するとみている。今後は日本のオプジーボ特許期限の31年までに新製品開発を進める。... 管理職には部下からの相談に30分以内で答え...

「原発不明がん」にオプジーボ、世界に先駆け日本で承認 (2022/2/1 素材・医療・ヘルスケア1)

新たな治療法・研究開発に道 小野薬品工業が製造し、ブリストル・マイヤーズ スクイブ(東京都新宿区、ジャン=クリストフ・バルラン社長)...

がん免疫治療薬「オプジーボ」の特許使用料の分配金をめぐり、京大の本庶佑特別教授が小野薬に対して訴訟を起こしていたが、11月に和解が設立。

訴訟はがん免疫治療薬「オプジーボ」関連で小野薬品が米メルクと争った訴訟への協力報酬が争点だった。... 本庶氏が見直しを求めていたオプジーボのロイヤルティー料率は2006年10月の契約を維持する。

小野薬品工業はがん免疫薬「オプジーボ」が「胃がんや食道がんなどへの適応拡大が期待できる」(相良暁社長)ことと、糖尿病治療薬「フォシーガ」も慢性腎臓病や慢性心不全薬として上積みが期待でき...

小児にもオプジーボ承認 国立がん研が治験主導 (2021/9/30 素材・医療・ヘルスケア1)

国立がん研究センター中央病院が実施した小児がん患者を対象とした医師主導治験結果を基に、「再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)」に対するニボルマブ(オプジーボ...

京都大学アイセムス(物質―細胞統合システム拠点)のガネシュ・パンディアン・ナマシヴァヤム講師と杉山弘連携主任研究者らは、がん細胞を攻撃する免疫細胞のT細胞内に独自開発の化合物を送り込み...

2位は小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」(同13・3%増)、3位は武田薬品工業の胃潰瘍薬「タケキャブ」(同13・0%増)が続いた。

日本企業の製品では、小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」が10位に入った。

製薬8社の通期見通し、4社が営業増益 抗がん剤けん引 (2021/5/17 素材・医療・ヘルスケア)

小野薬品工業もがん免疫治療薬「オプジーボ」が肺がんや食道がんなどへの使用拡大で増収増益の見込み。

小野薬品の通期見通し、売上高13%増 オプジーボけん引 (2021/5/12 素材・医療・ヘルスケア)

がん免疫治療薬「オプジーボ」の肺がん一次治療や食道がんでの使用拡大、胃がん一次治療への参入を見込む。オプジーボ以外には、慢性心不全の治療剤、結腸・直腸がんの治療剤などで売り上げを拡大するほか、複数の新...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン