146件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01742秒)

...のがん事業。bmsもがん免疫治療薬「オプジーボ」を抱えるなどがん領域が強く、相乗効果の発揮をもくろむ。 ...

...のがん領域。bsmもがん免疫治療薬「オプジーボ」を抱えるなどがん領域が得意で、相乗効果を発揮できると踏...

...ダと競合するがん免疫療法治療薬「オプジーボ」で、同57%増の269億円だった。 製品別上位10の中でもっとも伸...

小野薬品工業の4―9月期、売上高・営業益が最高更新 (2019/11/1 素材・医療・ヘルスケア)

...(国際会計基準)は、がん免疫治療薬「オプジーボ」のロイヤルティー収入増加や新製品の販売増で売上高は前年... ...18億円と当期利益も含め過去最高。「オプジーボ」の国内売上高は薬価見直しや競争激化の影響があったが販売... ...と来期以降の成長に期待を寄せた。オプジーボ関連で本庶佑氏との特許料配分問題について「話し合いはして...

アジレント、相次ぎ企業買収 細胞解析装置拡充急ピッチ (2019/9/30 機械・ロボット・航空機1)

...野薬品工業のがん免疫療法治療薬「オプジーボ」の成功を機に、日本の製薬各社がバイオ医薬に目を向けるよ...

...む。免疫チェックポイント阻害薬のオプジーボとの併用で相乗効果も期待できる」と話した。 悪性黒色腫とは...

...ポイント分子『pd―l1』を阻害する『オプジーボ』と併用することで、がん免疫療法の治療効果を高められる可...

...ダと競合するがん免疫療法治療薬「オプジーボ」は同02%増の246億円だった。 一方、トップ10内で売上高が前年...

...教授は28日までに、がん免疫治療薬「オプジーボ」関連の特許料で対立する小野薬品工業に対し、誠意ある対応... ...ーズスクイブ(bms)が米メルクと争ったオプジーボをめぐる特許訴訟に対して、本庶氏が協力した報酬が対象。メ...

...ンを備える。がん免疫療法治療薬「オプジーボ」や、多発性骨髄腫治療剤「カイプロリス」など注射剤の製造...

...職業関連性胆道がん、「オプジーボ」で治験 がんセンター 国立がん研究センターは、印刷事業な... ...ト阻害薬の一つ「ニボルマブ(製品名オプジーボ)」を投与する医師主導治験を4月から開始した。年齢などの基...

...野薬品工業のがん免疫療法治療薬「オプジーボ」が7位で最高だった。 ヒュミラの18年の売上高は前年比10.8%増... ...(バイオ後続品)の影響と見られる。 オプジーボの売上高は同34.6%増の75億4300万ドルで、17年の16位から大きく順...

オプジーボ対価「対立」深まる (2019/6/13 総合3)

...オプジーボ対価「対立」深まる 小野薬「話し合い継続」/本庶氏「公正な... ...。小野薬品のがん免疫療法治療薬「オプジーボ」開発の根幹となった分子「pd―1」関連の特許対価について、... ...にpd―1特許関連の契約を結んだ。「オプジーボ」発売前の11年から契約の再交渉を始めたが、折り合いはつい...

...ベル生理学医学賞受賞研究に基づくオプジーボもその一つ)は、年間数千億―1兆円の売り上げの製品が次々と...

...ん免疫治療の道を切り開いた新薬「オプジーボ」は14年に発売され日本での産学連携成功事例とされてきた。... ...研究者を支援する基金へ、小野薬にオプジーボで得た利益からの大型寄付を訴える。一方、小野薬は5月22日に... ...討している」と回答した。 小野薬のオプジーボ国内売上高は、発売時の14年度が25億円で16年度に1000億円を超え...

...同3位の小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」を合わせた3製品だった。 ヒュミラが堅調に販売を広げたほ...

...約改定をめぐり、がん免疫治療薬『オプジーボ』発売前の2011年から交渉していることを踏まえ「オプジーボの... ...11年から交渉していることを踏まえ「オプジーボの販売が高額になったから、対価の増額を要求しているわけで... ...地方裁判所が17日付で2人の研究者をオプジーボの発明者に加えるよう判決を出したことについても触れ「控訴...

...った。小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」は同12%減の1014億円で3位だった。売上高が1000億円を超えたの...

...オプジーボ特許対価、06年契約「維持」 小野薬 小野薬品工業は22日、が... ...野薬品工業は22日、がん免疫治療薬「オプジーボ」に関わる免疫の働きを抑える分子「pd―1」の特許に関するコ...

小野薬品の前3月期、売上高最高 (2019/5/10 素材・医療・ヘルスケア)

...(国際会計基準)は、がん免疫治療薬「オプジーボ」を筆頭に海外のロイヤルティー収入の増加が貢献し、売上高... ...高の前期比102%増の2886億円となった。オプジーボの売上高は薬価改定の影響もあったが、胃がんなどへの使用が...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる