141件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

ICTで教員の研究時間増 オンライン授業は実験・実習が重要な理工系大学でもメリットがある。... ―オンライン授業などICT活用のポイントは何ですか。 ... 対面...

デジタル化によるデータ駆動型の大学教育では、オンライン・対面授業の最適な組み合わせ、学修管理システム(LMS)による個別支援、教材共有などの浸透を図る。... 提言は、大学教育はオンライン授業の効果的...

イベントでは同学部を設置する9大学が参加し、コロナ禍におけるオンライン授業の評価など白熱した議論が交わされた。... 一方で、オンライン授業のメリットも報告された。... また、「学生とのやりとりを各...

実践教育を強化し、学部3年次から研究ベースの授業ができる体制を目指す。... 「以前から一部の教員がオンライン授業を取り入れていた。... 今後も24年のカリキュラム再編成に向け、全座学系授業のオンラ...

授業支援システム(CLE)や情報解析システムを活用。... 阪大は授業をIT面から支援するため、2013年にCLEの運用を開始。オンライン授業や資料の配布、課題提出、成績の管理などに活用してきた。

【記者の目/実践教育の機会創出、手腕問う】 コロナ禍でオンライン授業が増え、これまでのような環境での研究や教育が難しい状況が続く。

オンライン授業の満足度では、「満足」が56・9%で「満足していない」の20・6%を大きく上回った。 ... 学年別でもほぼ同じ傾向で、授業の大半がオンラインだったという学生は6割近く...

コロナ禍でオンライン授業が増えている。オンラインのネットワークを活用し、他大学の授業が受けられるなど連携を強化できる可能性が広がった。

コロナ禍にもかかわらず、1カ月ほどの準備で20年6月に対面授業を再開。21年度はオンライン活用を推進する。... 同年5月にはオンライン授業を開始し、学生たちをキャンパスに迎え入れるための準備を急いだ...

教育は対面による授業が理想だったはずだが、オンライン授業にも理解力に応じて繰り返し聴講することで『授業の個別最適化が図れる』という利点もある。コロナ禍が落ち着いても3分の1はオンライン授業でもよいので...

後押しとなるのが新型コロナウイルス感染症で普及したオンライン授業だ。

オンライン授業のウェブ会議システムでは、授業運営補助をするティーチングアシスタント(TA)として大学院生らが活躍した。システムに不慣れな2020年度前期、対面とオンラインの併用で対応が煩雑になった後期...

テレワークやオンライン授業の増加で各種施設での充電需要が急増している。

【電子版】先週の注目記事は? (2021/4/20 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(4/12~4/18) 1位 新型コロナ/絹製マスク、1日3000枚 小杉織物、フル稼働で生産 2位 新型コロナ...

また、新型コロナウイルス感染症により、小学校から大学までオンライン授業が増えている。... オンラインでは実験は難しくなるだろうから、コロナ禍では、手で触れて自分で試すという世界から遠ざかってしまう恐...

授業に緊張感 「ウェブ会議システムで十数人のオンライン授業をすると、対面の時より緊張感が伴うようだ」と分析するのは、金沢工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授の加藤浩一郎...

このため、コロナ禍でもオンライン授業に対応しやすい環境にあった。 ... 金沢工業大学 オンライン授業に高評価 「KIT虎ノ門大学院」で知られる金沢工業大学...

オンライン授業などで機能する仕組みだが、著作者の特定は簡単ではない。... 書籍などもオンライン授業でデジタル化を経ている以上、書名や著者名を特定することは可能なはずだ。... ニューノーマルの教育I...

21年度はコロナ禍に対応し、3密(密閉・密集・密接)を回避しながら可能な限り対面授業を行う。また状況に応じてオンデマンド型を中心としたオンライン授業を取り入れる。

デジタル技術を使って授業価値を高める文部科学省の「大学教育のデジタライゼーション・イニシアティブ」(スキームD)が注目を集めている。誘因力はピッチイベントの斬新なアイデアで、授業評価を基にした学生の科...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる