88件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

ルビコン欠損でオートファジー活性を高めたマウスは精巣重量が減り、精子形成と生殖機能が低下した。... ルビコン欠損に伴うオートファジーにより、セルトリ細胞の機能維持に重要なたんぱく質「GATA4」の分...

オートファジーという現象の活用に挑む。 ... 同社はオートファジーの活性を測定する技術を提供している。 ... 日本はオートファジーの基礎研究が盛んとか。

オートファジーとは細胞内の不要な物質や疾患の原因となる物質を分解する現象をいう。... 細胞内でオートファジー現象が増え、完全に分解されたことを確認できる。... オートファジーは人間の細胞でも日々起...

特にオートファジーの仕組みと役割に関して思いがけない発見に多数巡り会えたのは研究者冥利に尽きると言えます。

魚の浮袋や哺乳類の肺が膨らんで機能する上で、細胞内のゴミを包んで運び、処理する「オートファジー(自食作用)」が重要な役割を果たしていることが分かった。... オートファジーでは、細胞内でゴミとなったた...

オートファジーに関係する重要な器官の脂質膜が伸びて、分解対象を包み込む仕組みを酵母を使って突き止めた。オートファジーにおける最後の機能未知のたんぱく質が膜の伸展を担っていることが分かった。オートファジ...

小胞体膜を起源とするオートファジー(自食作用)とは異なるオートファジーを制御する実行分子を発見し、遺伝子欠損マウスの解析から、神経細胞の維持に必要であることを見いだした。... 今回、酵母を使った実験...

オートファジー(自食作用)が進むと、物質を分解する機能を持つ細胞小器官「リソソーム」が管状のネットワークを形成する現象を発見した。... オートファジーを持つ正常の細胞では管状ネットワークを形成してい...

オートファジー(自食作用)やリソソームの生合成を制御するたんぱく質「TFEB」が活性化してリソソームを修復する。... また、オートファジーのとき脂質化されるたんぱく質LC3が、TFEBの働きにも必要...

2016年のノーベル生理学・医学賞受賞テーマであるオートファジー(自食作用)時に出現する膜の供給の観察に成功した。... 同技術により、オートファジーで細胞内の異常たんぱく質などを分解するオートファゴ...

理研の最前線(70)遺伝子材料、幅広く貢献 (2020/7/20 科学技術・大学)

当室は社会ニーズや研究ニーズを捉え、細胞周期やオートファジーなどの生命現象を可視化するための蛍光たんぱく質プローブ、生体深部の観察に適した近赤外のAkalucなどさまざまな色の生物発光たんぱく質、ゲノ...

この方法を用いて、人工ビーズ周囲に限定したオートファジー(自食作用)の誘導・解析や、細胞内に導入したDNAのオートファジー回避に働くDNAセンサー分子の発見などに成功している。

大阪大学歯学研究科の野田健司教授と山本洋平助教、京都産業大学の永田和宏名誉教授らは、細胞が自身の成分を分解する「オートファジー」で、分解の標的を運ぶ“ゴミ袋”となる膜構造「オートファゴソーム」の大きさ...

京大、オートファジーの仕組み解明 (2020/6/4 科学技術・大学)

京都大学大学院医学研究科の中川一路教授らは、細胞内に侵入した病原細菌を分解するオートファジー(自食作用)が起こる仕組みを明らかにした。... 研究グループは細菌感染に反応するオートファジーをより活発に...

量研機構ではこれまで、細胞内のたんぱく質などを分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」を利用して受精卵の脂肪滴を分解する手法を開発しており、脂肪滴が受精卵の発育に関係することを明らかにしている...

生命活動を明らかにするという非常に基礎的な研究成果だが、その後、オートファジーががんや神経変性疾患といった多くの疾患に関わっていることが分かってきた。 現在オートファジーに関連する論...

その結果、オートファジーに関連する遺伝子を破壊すると、不良細胞が排除されなくなった。 不良細胞はストレスに応答するJNKが活性化しており、それが正常細胞に隣接するとオートファジーも誘...

理研の最前線(45)生命科学支える研究基盤 (2019/7/15 科学技術・大学)

また、事業方針として、わが国で開発されたバイオリソースを中心に整備しており、ノーベル賞を受賞した山中伸弥博士のiPS細胞、大村智博士のエバーメクチン産生菌、大隅良典博士のオートファジー関連細胞や変異マ...

マウスの脳の神経細胞で、オートファジー機能を制御する遺伝子を欠損させたところ、社会性の欠如などの行動が表れた。... 研究チームは、オートファジー機能を欠損させるために、「Atg7」遺伝子を欠損させた...

微生物化学研究会微生物化学研究所の野田展生(のぶお)部長や東京工業大学の大隅良典栄誉教授らは、生体内の不要なたんぱく質などを分解し再利用する仕組み「オートファジー(自食作用)」の一端を明らかにした。....

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる