電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

44件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

この理念の根底にあるのは、オープンサイエンスの思想である。オープンサイエンスは1980年代後半以降、インターネット技術の発達により世界的な広がりを見せた。... 理由の一つが、研究者が望むオープンサイ...

温暖化、在来種に悪影響 近畿大など解明 (2023/12/14 科学技術・大学1)

成果は英科学誌ロイヤル・ソサエティー・オープン・サイエンス電子版に掲載された。

研究結果が追試で再現できない問題の顕在化、何千万もの論文を分析する書誌計量学の高度化、学術成果を広く利用可能にするオープンサイエンスという過去10年の三つのトレンドが重なり、運動として盛り上がりを見せ...

論文―研究データ、AI活用カギ 日本のオープンサイエンスが前進する。オープンサイエンスは研究成果の共有や公開を推進力に、研究の加速や知識の創造を促す取り組みだ。... オープン化は論...

学術論文や研究データのオープンアクセス(OA)や、“1大学1図書館”にこだわらないコンソーシアム方式での運営についても採り上げる。... 文科省の科学技術・学術審議会の部会は、1月に「...

科学技術イノベーションについては、オープンサイエンスや手頃な価格のオープンソース技術の利用拡大、人工知能の利点のより良い認識と課題への対処、政策決定における科学と科学的証拠の利用拡大、発展途上国におけ...

一方で、グローバルノースの個々の分野の主に男性の専門家が担ってきた科学と政治との従来の対話は見直して、より双方向で多分野にまたがった科学と政治と社会の対話に拡大すべきであるとし、SDGsに関する結果重...

セラミックスや電解システム、計測機器などのメーカーと連携して課題を整理し、共通技術を開発するオープンサイエンス型のプロジェクトを立ち上げる。

SDG達成への科学技術の貢献が主題であったが、ワクチンの早期開発とその全世界への展開に加え、科学への社会からの信頼性の確保、オープンサイエンス、共有されたデータや情報を利用できるようにする能力開発の重...

データ連携テコ入れ 日本のオープンサイエンスが前進する。... 実はG7のオープンサイエンスワーキンググループは7年前、日本が議長国を務めた2016年のつくば会合で設立された。...

一つ目がオープンサイエンスで、二つ目が研究セキュリティーと研究インテグリティー(健全性・公正性)の保護だ。... この研究の保護とオープン化の両立が従来、難しかった。... 論文や研究...

科学研究のオープン化・国際化を推進する意義を確認する一方、オープンサイエンスが不当に軍事転用されている現状に懸念を表明する見通しだ。... G7は科学研究の自由と包摂性を尊重し、オープンサイエンスを推...

オープンサイエンスが科学の商業化を加速させている。オープンサイエンスは誰もが学術情報に自由にアクセスでき、研究活動に参加できるようにする取り組みだ。... G7科技相会合ではオープンサイエン...

科学技術の潮流(191)研究現場に新たな動き (2023/4/14 科学技術・大学)

欧米では、オープンデータ運動や、資産家による民間研究所や財団の設立などが進んでいる。... 今、世界的なオープンサイエンスやデジタル技術の導入によって、研究活動そのものの在り方が変化している。

地球科学や天文学など一部の分野では国際的なデータ共有が長年行われてきたが、過去10年ほどは、論文誌のオープンアクセス化なども包含する「オープンサイエンス」運動が世界的に盛り上がる中、研究の公正性や再現...

国と国の関係が冷えても最後までオープンに交流できる分野として機能してきた。... 学術界もオープン&クローズ戦略の実践が求められる。... 黒木副センター長は「オープンサイエンスを前提としつつ...

国立情報学研究所(NII)は日本学術会議の協力を得て、「オープンサイエンスのためのデータ管理基盤ハンドブック―学術研究者のための“個人情報”の取り扱い方について―」を作成、公...

情報分野では脱ジャーナル化や産学連携同時発生、オープンサイエンスが進んでいる。

日々の研究データも共有する「オープンサイエンス」に対応するためだ。

分野を越えて研究の新手法となるデータサイエンス(DS)も重点項目だ。各機構の各分野でのデータ収集と合わせ、情報・システム研究機構が開発した基盤技術を提供し、大学や研究機関でのデータ駆動...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン