電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

77件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

アンモニア・水素の製造・運輸・貯蔵にも積極投資を 二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニアや水素などを燃料とするゼロエミッション(排出ゼロ)船の開発...

「カタチが変わる 海運、脱炭素に航路」は休みました。

「カタチが変わる 海運、脱炭素に航路」は休みました。

「カタチが変わる 海運、脱炭素に航路」は休みました。

意思と覚悟問われる 燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出せず、政府目標の2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成に...

排出削減・高齢化に対応 国内の港を結び、物資を運ぶ内航海運。他の輸送手段より二酸化炭素(CO2)排出量は少ないが、政府の2050年のカーボンニュートラル(温室...

超大型コンテナ船発注 歴史的な好業績をあげる日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社。利益を支えるのは3社のコンテナ船事業を切り離して2017年に設立した共同出資会社「オーシャン・...

ただここ数年、LNG事業をめぐる環境は変わりつつある。

アンモニア・水素・風力、技術開発推進 コンテナ運賃高騰による追い風が日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社の脱炭素を後押しする。3社の当期利益は2年連続で合計2兆円を超える見通し...

移動のかたちはどう変わるのか。... 近畿日本鉄道や南海電気鉄道などとも協力し、大阪湾エリアを中心に複数箇所で飛ばす」 ―移動のカタチが変わりますね。 ... 万博...

常石造船、海外建造に活路 「造船は労働集約型産業。人手がかかり、仕事はきつい。少子化の日本で千人、二千人もの人を使って船を作り続けていけるかは根本的な問題だ」。

サノヤスHD、再編決意 「鬼の佐野安、地獄の名村、情け知らずの藤永田」―。大阪市の臨海部にはこんな言葉が伝わる。労働環境の厳しさをやゆしたものだが、同時に造船業などを中心に発展した工...

川重、業界再編のカギ 5月、中国大連市。民間大手の大連中遠海運川崎船舶工程(DACKS)で1隻の6万1000トン級中型バラ積み運搬船が竣工した。特段目新しい船舶ではな...

さまざまな〝カタチ〟が考えられる未来のコンビニは、「便利」のカタチも変わると考えている。 ... 中橋消費者の消費傾向がモノ消費からコト消費に...

「カタチが変わる 海事産業は今」は休みました。

三菱重工「艦艇」分断課題 2008年3月に三菱重工業が公表した船舶・海洋事業の目指す方向性にはこうある。「『建造隻数拡大→利益拡大』のバブルはまもなく終焉(しゅうえん)...

VW傘下のM&A準備 2015年に発覚した独フォルクスワーゲン(VW)グループの排ガス不正問題。自動車業界のディーゼルエンジン離れを誘発し...

施行の背景に日韓受注合戦 国内の造船・海運業への財政支援を柱とする海事産業強化法の施行から約1年。施行の背景には、国内造船業存続への官民の強い危機感があり、裏舞台では巨大コンテナ船を...

欧州委員会は現代重工業と大宇造船海洋の経営統合を認めなかったが、焦点となったLNG運搬船の競争環境が変化したとは言い難く、韓国勢が受注を席巻する構図に変わりない。

タンク内製化急務、国内造船の命運左右 海運・造船・船員が一体となって成長し、海洋国家日本の礎を強化するべく2021年8月に施行された海事産業強化法。造船会社の生産...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン