電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

京大iPS細胞研、幹細胞研究で国際シンポ (2023/11/15 科学技術・大学)

初日は、2023年のノーベル生理学・医学賞を受賞する独ビオンテック副社長のカタリン・カリコ博士がオンラインで講演する。 ... カリコ博士のほか、高橋淳CiRA所長ら計16人の国内外...

2023年のノーベル生理学・医学賞は、新型コロナウイルスに対するメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを開発する上で重要な発見をした、カタリン・カリコ氏とドリュー・ワイスマン氏に授与...

経営ひと言/神戸天然物化学・閨正博常務「先進技術に挑戦」 (2023/10/9 生活インフラ・医療・くらし)

先日、ノーベル生理学・医学賞に選ばれたカタリン・カリコ氏とドリュー・ワイスマン氏には「mRNAワクチンの実用化に多大な貢献をされた」と最大の賛辞を贈る。

今回受賞した独ビオンテック上級副社長(米ペンシルベニア大学特任教授)のカタリン・カリコ博士は、大学から研究が評価されず降格となり追い出されたこともある。ただカリコ博士は常に前向きで「研...

「多くの人助ける製品作ること大切」 2023年のノーベル生理学・医学賞は、独ビオンテック上級副社長(米ペンシルベニア大学特任教授)のカタリン・カリ...

スウェーデンのカロリンスカ研究所(ストックホルム)は2日、2023年のノーベル生理学・医学賞を、独ビオンテック上級副社長で、米ペンシルベニア大学特任教授のカタリン・カリコ博士(...

スウェーデンのカロリンスカ研究所は2日、2023年のノーベル生理学・医学賞を米ペンシルベニア大学のカタリン・カリコ特任教授ら2氏に授与すると発表した。

大阪大学先端モダリティ・ドラッグデリバリーシステム研究センターの審良(あきら)静男特任教授(70)は2日、カタリン・カリコ博士の論文を過去に査読した経験を踏まえ、「同氏...

2023年のノーベル生理学・医学賞は、新型コロナウイルス感染症拡大の収束の切り札となった遺伝物質「メッセンジャーRNA(mRNA)」を使うワクチン開発に貢献した独ビ...

スウェーデンのカロリンスカ医科大学(ストックホルム)は2日、2023年のノーベル生理学医学賞を、独ビオンテック上級副社長で、米ペンシルベニア大学客員教授のカタリン・カリコ博士(...

(小寺貴之、飯田真美子) 【生理学医学賞】 カリコ氏 コロナ「mRNAワクチン」成功 22年の生理学医...

毎日何かを発見したいと思った」と語るのは、独ビオンテック上級副社長で米ペンシルベニア大学特任教授のカタリン・カリコさん。

国際科学技術財団は、「物質・材料、生産」分野における2022年の日本国際賞を、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの開発に貢献した独ビオンテック上級副社長(米ペンシルベニア...

日本国際賞に米3氏 国際科技財団 (2022/1/26 科学技術・大学)

国際科学技術財団は25日、科学技術分野で多大な功績を挙げた研究者を顕彰する2022年の日本国際賞を、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの開発に貢献した独ビオンテック上級副社長&#...

独ビオンテック上級副社長で、米ペンシルベニア大学客員教授のカタリン・カリコ博士らに注目が集まる中、日本人研究者も研究に果敢に挑んでいる。... その課題の一つを解決したのがカリコ博士だ。カリコ博士は2...

(飯田真美子、山谷逸平、小寺貴之) 生理学医学賞 対コロナで急浮上 【カリコ氏】「mRNAワクチン」...

慶大、慶応医学賞 カリコ博士ら受賞 (2021/9/15 科学技術・大学)

慶応義塾大学は医学・生命科学の分野で優れた業績を挙げた研究者を表彰する「第26回慶応医学賞」の受賞者に、米ペンシルベニア大学医学部客員教授のカタリン・カリコ博士(66)と、東京大学大学...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン