148件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

原教授らは、低温でも電子を与える力が強い「水素化フッ素化カルシウム(CaFH)」を使うことで、触媒の作動温度を下げることに成功した。 ... そこで脱水材の水素化カルシウムに着目し、...

コンクリート構造物の長寿命化 (2019/11/21 特集・広告)

その主なるメカニズムは、大気中の二酸化炭素や水中に溶け込んだ炭酸イオンとカルシウムイオンが反応して生成される炭酸カルシウムの析出・蓄積による閉塞であることが、20世紀末までに分かっている。 &...

出光興産と宇部興産、日揮はカルシウムなどを多く含む産業廃棄物を活用し、CO2を資源利用する技術開発を目的とした「CCSU研究会」を3月に設立した。... 産廃から抽出した金属イオンにCO2を反応させて...

【名古屋】日本特殊陶業は塩水中の物質のイオン濃度を分子別に容易に計測できる装置を試作した。... ナトリウムイオン中のアンモニウムイオンなどの検出は難しいとされる。... 発育を促すカルシウムやマグネ...

カルシウムイオンによってインフルエンザウイルスを選択的に結合する生体防御たんぱく質を応用、簡便に希薄試料を50倍に濃縮する。... またカルシウムによってインフルエンザウイルスに結合する抗体も作製、抗...

国立極地研究所は南極大気を精密観測し、高度50キロ―80キロメートルの中間圏でカルシウムイオン層の検出に成功したと22日発表した。中間圏にカルシウムイオンの存在を確認したのは南半球では初めて。

軟骨細胞内のカルシウムイオンの動きを調べ、それを制御する分子「TRPM7」を突き止めた。... その結果、カルシウムイオンが不規則な上昇と下降を自発的に繰り返すことがわかった。さまざまな分子との関わり...

第31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(2)一般部門・優良賞 (2019/4/9 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

本装置は、制御装置、電源装置、リチウムイオンバッテリー、LED照明からなり、内径が130ミリメートル以上のポールに内蔵できる。... 歯面に塗るとカルシウム分がわずかに溶け出す脱灰が始まり接着剤成分が...

生物起源の炭素と海水中のカルシウムイオンが急速に反応し、数カ月から数年でメートル級の大きさが形成される。炭酸カルシウムでのトンネル亀裂修復などに応用できる。

細胞内のカルシウムイオン濃度を調整する細胞膜上にあるたんぱく質にインフルエンザウイルスが結合すると、細胞内にカルシウムイオンが流入してウイルスが侵入していた。すでに高血圧の薬として使われている、カルシ...

イーテック、女性向けポット型浄水器 40―50代に照準 (2018/4/11 中小企業・地域経済1)

銀イオン抗菌剤不使用で、天然鉱石のミネラルにより安全に抗菌作用が働く。カルシウム、マグネシウムなど18種類の天然ミネラルが溶出し、まろやかになるという。

遊離のカルシウムイオンによるポリマーとHApの吸着阻害が見られなかったため、血中に存在するカルシウムイオンに影響されず、骨に吸着することがわかった。

【名古屋】基礎生物学研究所形態形成研究部門の上野直人教授らは、動物の体の形作りで、細胞集団先端の細胞内カルシウムイオン濃度が反復的に上昇することで、原腸形成の細胞移動を調整していることを突き止めた。....

これにより、土壌が養分を蓄えられる量(陽イオン交換容量/CEC)などの成分率を判定する仕組み。 ... CEC以外に、アルミニウム、シリコン、鉄、カルシウム、カリウム、ナトリウム、マ...

葉状粒子では、層と層の隙間を鉛イオンが移動してリン酸チタン結晶の内部に取り込まれる。... 井戸水や河川の汚染除去を想定してナトリウムとカルシウムが混ざった水溶液から鉛を選択的に除去できることを確認し...

細胞には、体の機能を正常に保つため、カルシウムイオンを取り込むトンネルのような構造「カルシウムチャネル」が存在し、外部の刺激で開閉する。 研究チームは、開閉の鍵であるリン脂質の一種「...

カルシウムケイ素化合物から塩酸でカルシウムを溶かすとケイ素シートの積層体を作製できる。 ... ケイ素シート表面の水素が還元剤として働き、金属イオンを供給すると還元されて金属に戻り粒...

海洋研究開発機構・海洋生物多様性研究分野の豊福高志主任研究員らは、海洋の単細胞生物で環境影響評価の指標となる有孔虫が、水素イオンを排出し炭酸カルシウムの殻を作る仕組みを明らかにした。... 有孔虫は海...

前処理でリン酸ナトリウムを使った凝集沈殿を行い、カルシウムや二酸化ケイ素を除去した。... 室町ケミカルは医薬品、健康食品のほかイオン交換樹脂の製造などを手がける。

理化学研究所脳科学総合研究センターの御子柴克彦チームリーダーらは、不要な細胞や傷ついた細胞が自滅する現象「アポトーシス」を引き起こすカルシウムイオンの移動の仕組みを解明した。細胞内の小胞体とミトコンド...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる