電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

神戸大が開発した光オン・デマンド有機合成法により作製したフッ素化カーボネートを活用する。... 研究チームはまず、光オン・デマンド有機合成法でフッ素化カーボネートを合成。

システムを応用した実験ではアルコールと反応させ、クロロギ酸エステルやカーボネートの生成に成功した。

ポリカーボネートジオール中のカーボネート結合とエーテル結合の割合はCO2由来のカーボネート結合が99%。カーボネート結合は水素結合を起こすため、硬くて丈夫なポリマーになる。

高純度エチレンカーボネート(EC)を年3万8000トン、高純度ジメチルカーボネート(DMC)を同7万トン製造できる設備技術を提供する。

三菱ケミ、エチレン値上げ (2021/6/22 素材・医療・ヘルスケア)

値上げ幅は、酸化エチレンがキログラム当たり10円以上、モノエチレングリコールやジエチレングリコール、トリエチレングリコール、エチレンカーボネートは同20円以上。

2022年半ばまでに、電池向けの品質を備えたリチウムカーボネートの生産開始を目指している。

化学、EV増産に備え 電池材の低炭素化競う (2020/11/18 素材・医療・ヘルスケア)

旭化成は、ライセンス提供実績のあるCO2からポリカーボネートを製造する合成設備を基に、溶媒のエチレンカーボネート(EC)とジメチルカーボネート(DMC)の設備技術を提供...

三菱ケミカル、石化製品値上げ (2020/7/3 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ケミカルは酸化エチレン、モノエチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、エチレンカーボネートを15日納入分から値上げする。

燃やせる樹脂、普及・規格化 CCC協が発足 (2020/6/9 素材・医療・ヘルスケア)

可燃ゴミとして扱える樹脂・炭酸カルシウム複合材料の普及と規格化を推進するカルシウム・カーボネート・コンポジット(CCC)協会が発足した。

神戸大学大学院理学研究科の津田明彦准教授らは、アルコールとクロロホルムに紫外光を照射すると、医薬品中間体のクロロギ酸エステルや、車のヘッドライトやレンズなどで使われるカーボネートが得られることを発見し...

このため現在は、可燃性のエチレンカーボネートのみが実用の電解液溶媒として使われている。

これまで電解液の材料には、有機溶媒の一種である「エチレンカーボネート」が必須だった。... 逆にいえば、電解液の性能は、エチレンカーボネートによって左右されていたともいえる。... 研究グループが開発...

研究グループは高濃度の液体にすれば、従来は必須だった溶媒のエチレンカーボネートを使わなくてもリチウムイオン電池電解液として作用することを見いだした。

充電時に電極から電子が移動してエチレンカーボネートとビニレンカーボネートが還元・分解する過程や、エチレンカーボネートとビニレンカーボネートが反応して電極界面の被膜の素材を形成する過程などを明らかにした...

13年にEOを原料とするエチレンカーボネート(炭酸エチレン)の年産能力を現状比2・7倍の8000トンに増やす。

京都大学大学院工学研究科の村上正浩教授らの研究チームは、太陽光と二酸化炭素(CO2)から、医薬品などの原料となるカーボネートを合成することに成功した。... アミノケトンという有機化合...

【柳生ゴム化成/生分解性樹脂低価格PPC】 柳生ゴム化成(名古屋市熱田区、柳生高宏社長、052・682・6171)は、生分解性樹脂のポリプロピレンカーボネー...

13年にEOを原料とするエチレンカーボネート(炭酸エチレン)の年産能力を現状比2・7倍の8000トンに増やす。エチレンカーボネートは、リチウムイオン二次電池の溶媒として需要増が見込める...

三菱化学は、鹿島事業所(茨城県神栖市)でリチウムイオン二次電池(LIB)の溶媒に使うエチレンカーボネート(炭酸エチレン)の年産能力を現状比2・7倍の80...

加えて、この反応で生成した環状カーボネート化合物をポリカーボネートに添加して難燃剤として機能させることにも成功した。 ... 一方、生成した環状カーボネート化合物は250度C程度の熱...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン