電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

127件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

森林ファンド 出光が初投資 (2024/4/18 総合3)

森林由来のカーボンクレジット(炭素排出枠)創出の知見を深め、今後の森林投資プロジェクトにつなげる。

DXの先導者たち(149)ディグル 廃棄物のCO2量を可視化 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

将来の構想として、カーボンクレジット(炭素排出枠)の売買までをディグルのサービスで行えるようにすることを目指す。

バイエルクロップサイエンスなど3社、農業の価値創造加速 (2024/4/9 素材・建設・環境・エネルギー1)

(山岸渉) 「当社は農薬、ウォーターセルはアグリノートによる支援、グリーンカーボンはカーボンクレジット。... また、グリーンカーボンとはカーボン...

募集テーマは森林の温室効果ガス(GHG)削減量を測定するなどの「カーボンクレジット基盤構築」、太陽光発電の発電量予測といった「エネルギーマネジメント基盤構築」、自然災害の被害軽減といっ...

「カーボンプライシング」の主な手法として知られる「排出量取引」と「カーボンクレジット」について、ここでは国内の代表的な制度であるGX-ETSとJ―クレジットについてそれぞれ述べる。 &...

基金を通じて、企業が削減・吸収したCO2をクレジットとして取引できる「カーボンクレジット」を導入する。

カーボンクレジットは、企業が削減・吸収したCO2をクレジットとして発行し、取引できるようにする仕組みだ。 ... カーボンクレジットは、売り手と買い手の双方にメリットがある。... ...

【神戸】シン・エナジー(神戸市中央区、乾正博社長)と住信SBIネット銀行、地域エネルギー会社のほくだん(兵庫県淡路市、米山正幸社長)などは、兵庫県淡路市でバイオ炭を用い...

植林による二酸化炭素(CO2)削減などカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)の流れも追い風となり、設置台数は国内で50台を超え苗の累計購入本数は1...

水稲の有機栽培で課題となる草取り作業の労力軽減が図れる商品による有機農業の拡大、カーボンクレジットの活用や営農ソリューションによる農業由来メタンガス発生抑制の取り組みも強化していきたい。 &#...

ただ、本音を言えば我々世代が問題を託すことはしたくはなかった」 ―日本の金融機関もグリーンボンド発行やカーボンクレジット取引に動き出しました。

だが米国でカーボンクレジットが始まり、DACのようにCO2を除去するクレジットはCO2排出を節約するクレジットの2―3倍の値を付けて投資を促すようになった。

増大するエネルギー消費に対し電力の安定供給とカーボンニュートラル(CN)をどう両立するかは大きな問題であり、デジタル変革(DX)とグリーン・トランスフォーメーション&#...

ヤマト、宅配便で温室効果ガスゼロに EVなど活用 (2024/1/31 生活インフラ・医療・くらし1)

ヤマト運輸は30日、宅急便と宅急便コンパクト、EAZYの宅配便3商品について、2022―50年度の温室効果ガス(GHG)排出量実質ゼロを実現する方針「カーボンニュー...

カーボンリサイクル燃料、蓄電池、ロケット・宇宙、資源循環、再生エネ、次世代自動車関連の6分野について課題の整理を進め、24年度以降の政策に反映させる考えだ。 ... 植林・伐採してカ...

NXHD、海上混載貨物でカーボンオフセット輸送 (2024/1/10 生活インフラ・医療・くらし)

NXグループが貨物輸送時のGHG排出量と同量のカーボンクレジットを調達して行う。... カーボンクレジットは第3者認証機関からVCSなどの認定を受けたプロジェクトの中から選ぶ。

農林中金とサグリ、農業の温室ガス削減で連携 (2023/11/24 中小・ベンチャー・中小政策)

また衛星を活用した効率的な可視化およびカーボンクレジットの創出に向けた研究・実証を進め、持続可能な農業の実現に向けて貢献していく。 両者は衛星データの圃場解析技術の活用促進を通じて、...

サグリ、タイで土壌分析 AI活用し施肥を最適化 (2023/11/17 中小・ベンチャー・中小政策)

同国のキャッサバ農地の土壌分析の実証実験や肥料の使用量低減によるカーボンクレジット生成も視野に入れる。

PEAKS、7大学で「知」を収益化 実証事例まとめ (2023/11/16 科学技術・大学2)

他に大阪大学がデータ分析のインスティテューショナルリサーチ(IR)による研究力強化とマネジメント、東京農工大学が演習林のカーボンクレジットなど土地建物の活用、立命館大学が社会的起業の支...

財務的なリターンを得ながらカーボンクレジットの獲得を目指す。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン