電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

775件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

そこで私たちは、科学技術振興機構(JST)の創発的研究支援事業の中で、分子構造工学を用いた10ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の量子構造やデバイスを作製する新しい...

同社が手がけるLiB用分散体は、絡み合った状態で存在するカーボンナノチューブ(CNT)の繊維をほぐして溶剤中に安定化したもの。

そこで、産業技術総合研究所(産総研)は、スーパーグロース法によって得られた単層カーボンナノチューブ(SGCNT)に着目した。

可視化で評価 複合材、望む特性に カーボンナノチューブ(CNT)は炭素原子のみからなるナノ材料であり、髪の毛の太さの約1万分の1程度の極細繊維である。... ...

異次元ヘテロ構造を用いた、ナノ物質を構成要素とした半導体デバイスなどへの応用につながる。 1次元と2次元という異なる次元性を持つナノ半導体間の界面において、物質中の電子が取り得る「バ...

これまでのポリシリコンから次の材料として有力視されるカーボンナノチューブ(CNT)に変えていく中で、オランダのASMLやベルギー研究開発機関のimec(アイメック)とも...

リンテック、耐熱性2倍のフォトマスク用防塵カバー開発 (2023/12/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

高い耐久性を持つカーボンナノチューブ(CNT)を使用し、ポリシリコンなどを使う従来品よりも耐熱性を2倍に高めた。... 同社がペリクルの素材に用いたCNTは、直径がナノメートル(...

最先端のEUV露光機に対応したカーボンナノチューブ(CNT)膜ペリクルの開発を目指す。

カーボンナノチューブやフラーレンといった炭素を骨格とした材料は半導体や電池材料に使われており、新規の炭素同素体の材料開発が加速している。

若林教授は、かつて世界最小の5ナノメートル(ナノは10億分の1)サイズのトランジスタを開発した。だが、微細化は限界に達しつつあり、現在はシリコンに代わる新しい原子層状半導体で基板を薄く...

(火曜日に掲載) 先端基礎研究センター 表面界面科学研究グループ研究主幹...

エキモフ氏は、ガラス中に分散したナノ粒子の粒子サイズと光の吸収波長に相関があることを発見した。 ... また、ナノサイズの構造により顕在化する「量子効果」を生かした材料としては、グラ...

キヤノン、廃プラからCNT 3-5年後の量産実用化目指す (2023/10/24 素材・建設・環境・エネルギー1)

リチウム電池材料に キヤノンは廃プラスチックからカーボンナノチューブ(CNT)を製造することに成功した。... CNTは炭素原子が網目に結びついた筒状構造で、直径はナ...

この課題を解決するために、従来のプローブ材料であるタングステン線材に代わり、熱耐性が高く、低密度ゆえに熱負荷が小さいカーボンナノチューブ(CNT)線材を導入し、良好な結果を得た。...

中央大学の李恒助教と松﨑勇斗大学院生、河野行雄教授らは、印刷でカーボンナノチューブ(CNT)撮像センサーを作製することに成功した。

東洋インキ、車載リチウム電池材料増産 250億円超投資 (2023/8/31 素材・建設・環境・エネルギー2)

2026年までに250億円超を投じ、日米中欧でそれぞれ車載リチウムイオン電池(LiB)用カーボンナノチューブ(CNT)分散体の供給体制を確立。... CNT分散体は電子...

ナノ炭素材料(ナノは10億分の1)と水分散性白金ナノ粒子の複合体を作製した。単層カーボンナノチューブと白金ナノ粒子を水中で混ぜ、分散液を塗布して電極を形成し、水電解セルを作る。 ...

エア・ウォーターと戸田工業は8日、北海道豊富町の未利用天然ガスから水素とカーボンナノチューブ(CNT)を商業規模で生成する実証事業を始めたと発表した。

東京学芸大学の前田優教授と分子科学研究所の江原正博教授らは、カーボンナノチューブ(CNT)の発光波長を長波長側に大きく移動させることに成功した。... 300ナノメートル(ナノ...

事例・手順、評価書に集約 セルロースナノファイバー(CNF)は、植物繊維を100ナノメートル(1000万分の1メートル)以下にまで細かく解きほぐして得...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン