電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,853件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

川重、仏シンビオと覚書 燃料電池システム共同開発 (2024/2/29 自動車・モビリティー)

今後、両社は水素事業の取り組みを加速し、世界のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)目標の達成と持続可能な未来に向けた脱炭素化への貢献を目指す。

全銀協の山口勝上席調査役はツールを作成した目的として「日本全体のカーボンニュートラル(GHG排出量実質ゼロ)を実現するためには、すべての企業が取り組みを進めなければならない」と語る。&...

2024年度からの新中期経営計画に併せて若返りを図り、海外事業の拡大やカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)対応などに新体制で臨む。 ... 一方、セメン...

まずはJFEスチールの製鉄所からCO2を回収する場合のコストなどを検証し、事業化段階では他の企業からも回収してカーボンニュートラル(CN、温室効果ガス排出量実質ゼロ)を推進する。...

日進製作所、FCドローン用バルブ開発 アルミで軽量化 (2024/2/28 機械・ロボット・航空機2)

独自技術を用いたカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)への貢献を模索する中、ローカーアームというエンジン用部品で培った精密加工技術などを応用して開発した。

町は2030年度までに『カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を自ら勝ち取り実現すること』を目指しており、グリーン水素事業はその核だ」 「燃料電池(...

クライメートテックが盛り上がった契機は、パリ協定における2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の達成と、締約国会議(COP)26で確認された...

荷役機械の脱炭素化でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)ポート形成を図って港湾の競争力を高め、荷主や船会社を取り込む。

東北電、再生エネ強化 企業向け専門組織新設 (2024/2/27 素材・建設・環境・エネルギー)

30年度にPPAサービスで70億円以上、ソリューション事業で20億円以上を売り上げ、企業や地域社会のカーボンニュートラル実現に貢献するとしている。

千葉県市原市はカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現と地域経済の持続的発展の両立を図るため、新たな「市原市地球温暖化対策実行計画(区域施設編・事務事業編...

2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向け、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)に対する関心が高まる中、東急建設と東急リニューアル&#...

例えば(環境省の)『脱炭素先行地域』に指定された神奈川県小田原市にある小田原事業所では、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け積極投資する。

NEC、三井住友銀と協業 CO2排出量を可視化 (2024/2/27 電機・電子部品・情報・通信)

NECは26日、三井住友銀行とカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)事業における協業で基本合意を結んだと発表した。

サーキュラー・エコノミー(循環経済)はカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)社会の実現に欠かせない。... LiBを粗粉砕して乾燥後に細粉砕し、篩にかけ粒状...

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向けて水素利用が拡大するとみており、広範囲な需要を見込む。 今回の事業は環境省による22年度の「地域共創・セ...

カーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)とウェルネスの両方で貢献したい」 【記者の目/海外事業、リーダーシップ期待】 ...

セーレン、福井・二日市事業所にバイオマスボイラ新設 (2024/2/26 素材・建設・環境・エネルギー)

カーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)の実現に向けた取り組みの一環で、燃料の転換を進める。 ... 同社は30年度にCO2排出量を13年度比46...

積水化学、スロバキアと覚書 フィルム型太陽電池検討 (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

スロバキアはカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)推進に向けた技術導入を検討しており、積水化学が開発を進めるフィルム型ペロブスカイト太陽電池の貢献可能性などを検討...

太平洋セメント、GHG削減PTを常設組織に (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

太平洋セメントはカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)に向けた技術開発プロジェクトチームを、4月1日付けで「カーボンニュートラル技術開発部」とし、常設組織にする。...

また、同授業は「地域と企業」をテーマに、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)における企業の役割などを講義する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン