244件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

こうした背景により、石炭火力発電にアンモニアを混ぜて燃焼することが、温室効果ガスの排出削減策として期待されている。... ガス火力発電に用いるガスタービンでも、液体アンモニアのみで、温室効果ガスを99...

三菱重工業が英国の天然ガス火力発電所向けに、発電で排出される二酸化炭素(CO2)を回収するプラントを新設する工事の基本設計を受注したことが明らかになった。... 同発電所は発電出力11...

三菱重工エンジニアリング(MHIENG、横浜市西区、寺沢賢二社長)は11日、カナダの天然ガス火力発電所向けに、排出される二酸化炭素(CO2)...

三菱重工業は5日、台湾の天然ガス火力発電所のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)4系列分の大型改造工事を受注したと発表した。... 台湾電力の大潭(...

LNGを燃料とする低炭素のガス火力発電は現在の電源構成の4割弱を占める生命線だ。... それが2021年の世界的な異常気象で欧州や中国の電力需給が逼迫し、すぐに発電できるLNGが世界で奪い合いになった...

日本政府や伊藤忠商事などが出資する「サハリン石油ガス開発」が参加するロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」について伊藤忠の石井敬太社長は「大株主である日本政府の対応に沿っていく」と述べた。&...

天然ガスから水素を製造するブルー水素製造事業。... EFLはフィジー政府が掲げる36年までに発電の全量を再エネルギー化するという目標に向け、水力や太陽光などの再生エネルギーの拡大に乗り出している。....

先月ドイツ政府が初めてガス緊急事態の第一段階を発令したことで、この国の製造業界がロシアのガスに大きく依存しているというアキレス腱が暴露された。 ... この段階か...

IHIは25日、インドネシアでガス火力発電所でのアンモニア専焼を想定した技術検討を始めると発表した。... PJBは同国東部を営業地域とする発電事業会社で、同社のグレシッ...

IHIは25日、インドネシアでガス火力発電所でのアンモニア専焼を想定した技術検討を始めると発表した。... PJBは同国東部を営業地域とする発電事業会社で、同社のグレシック火力発電所で実証す...

重工業大手はガス火力発電のガスタービンなどの機器を手がける。... 三菱重工業は水素を燃料にしたガスタービンの25年の商用化を目指している。... 水素のガス火力発電への混焼や、石炭火力発電へのアンモ...

Jパワーが東京圏の二つのガス火力発電所の売却を進めていることが12日明らかになった。... 国は採算性が悪化した火力発電所の休廃止が増加する中、供給力低下による需給逼迫(ひっぱく)を防...

日揮、台湾でLNG基地受注 340億円 (2022/4/7 機械・ロボット・航空機1)

日揮ホールディングス(HD)は6日、台湾で液化天然ガス(LNG)受け入れ基地の設計・調達・建設(EPC)と試運転を受注したと発表した。台湾の石油・ガス最...

総合商社では三菱商事が同国の天然ガス採掘事業から撤退。住友商事は丸紅、三井物産と共同でガス火力発電所や液化天然ガス(LNG)設備を建設・運転する計画だが、現在は開発を止めている。

経済産業省は24日、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)技術を用いたガス火力発電コストなどの試算を公表した。... 天然ガスを燃料に使う場合、エネルギー損失もなく...

JERA、ウエストと提携 国内に太陽光7000カ所開発 (2022/2/3 建設・生活・環境・エネルギー)

JERAの発電所跡地を含めた場所に、メガソーラーから小規模まで合わせて約7000カ所の太陽光発電所を建設、5年後に合計100万キロワット強の発電を目指す。... 資産はJERAが保有し、発電した電気は...

欧州連合(EU)が原子力と天然ガスによる発電事業を「地球温暖化の抑制に貢献する事業」と認定する方針を発表し、ドイツなどが強く反発している。 ...

展望2022/IHI社長・井手博氏 小型原子炉に参入 (2022/1/12 機械・ロボット・航空機2)

「2020年度は厳しかったが、21年度はタイのガス火力発電などの案件が動いている。... 我々は石炭火力発電の案件に対応してきたが、新設の需要は見込んでいない」 ―米ゼネラル・エレク...

同社はこれまで、東南アジアや中東湾岸、米国でガス火力発電事業を手がけてきた。 日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、ウズベキスタンは急激な経済自由化で設備投資が相次ぎ...

水素発電は水素を燃やしてタービンを回し、電力を発生させる。... 電力会社がガス火力発電所を新設する際には、将来的に水素発電に転換可能な設計とするよう求める方針を明らかにした。 .....

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン