電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

日東電工とエア・ウォーター、CO2からギ酸製造 (2023/12/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

日東電工は高活性触媒でCO2などから高効率にギ酸の生成を図る。生成後に触媒とギ酸を容易に分離する技術も合わせ、製造コストを削減する。ギ酸は酪農の盛んな北海道で地産地消が見込まれる。

東京計器、佐賀市へ100万円寄付 (2023/12/19 機械・ロボット・航空機2)

同社はカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向けた環境課題の解決のため、既存事業の水素ステーション向け水素圧縮装置や、ギ酸から高圧水素と液化二酸化炭素を取り出す装置に関す...

INPEX、米のギ酸製造社に出資 CO2輸送媒体に (2023/11/17 素材・建設・環境・エネルギー)

ギ酸は常温常圧で液体であり、貯蔵や輸送が容易であることから、近年では水素やCO2の輸送媒体としても注目されている。... 開発を進める新たなギ酸製造技術はCO2と水を原料とし、再生可能エネルギーを動力...

ギ酸トリクロロフェニルと水、尿素を混ぜて微量な一酸化炭素(CO)をじわじわと発生させる。

パラジウム粒子を担持し、ギ酸(HCOOH)から水素を生成した。

ギ酸脱水素酵素の結晶に光酸化還元剤として働く色素分子を含ませる。... ギ酸脱水素酵素をウイルス由来のたんぱく質結晶に取り込んで安定化させる。... エオシンYが光を吸収して補酵素を還元し、補酵素とギ...

東京計器、ギ酸で水素製造研究 (2023/7/25 機械・ロボット・航空機2)

東京計器は産業技術総合研究所と、ギ酸からの高圧水素製造装置の小型・実用化モデルに関する共同研究開発を開始した。... しかし、ギ酸を用いた水素製造では高圧水素を直接得られるため、圧縮工程を省略でき、高...

東工大など、スズMOFでCO2をギ酸に変換 (2023/6/1 科学技術・大学2)

このMOFが可視光を吸収してCO2をギ酸に還元する。... 生成されるギ酸の選択率は99%以上。... ギ酸は化学工業などの原料に使われる。

その結果、シュウ酸輸送体はシュウ酸に良く似た他の栄養素とシュウ酸を厳密に見分け、シュウ酸だけを結合することが分かった。また、同輸送体は柔軟な構造を持ち、シュウ酸が結合すると自身の構造を変化させることで...

水素媒体候補であるギ酸の脱水素反応のモニタリング手法として新技術を開発した。ギ酸は水素と二酸化炭素に分解する反応経路と水と一酸化炭素に分解する反応経路の二つがある。

東京工業大学の鎌倉吉伸特任助教と前田和彦教授、関西学院大学の田中大輔教授らは、硫黄鉛触媒で二酸化炭素をギ酸に変換することに成功した。... 触媒の比表面積は1グラム当たり0・7平方...

産業技術総合研究所の成広隆研究グループ長と黒田恭平研究員らは、ペットボトルなどの原料となる高純度テレフタル酸(PTA)とテレフタル酸ジメチル(DMT)を製造す...

産業技術総合研究所(産総研)では、以前からCO2を水素化する触媒の研究に取り組み、水中常温常圧でCO2と水素からギ酸塩を合成できるイリジウム触媒を開発した(産総研プレス発表、2...

【名古屋】ジェイテクトは自動車部品の技術などを生かし、ギ酸を活用した燃料電池を開発した。... 同電池「直接ギ酸形燃料電池」は、ギ酸水溶液と空気中の酸素を用いてセル内の触媒で反応さ...

融雪剤として利用が増えている酢酸カリウムとギ酸ナトリウム、ギ酸カリウムに24時間浸漬しても、コーティングが落ちないことを確認した。

筑波大学の伊藤良一准教授と鄭サムエル大学院生、大阪大学の大戸達彦助教らはスズ電極に二酸化炭素(CO2)吸収材を塗布することで、CO2からギ酸の合成速度を24倍に向上させることに成功した...

人工光合成によりCO2からギ酸を生成し、さらにギ酸から生成した水素をエネルギーとして活用する。 ... 【循環の枠組み】 ギ酸生成の段階を経ることで貯蔵時の体積を大...

同社の技術は太陽光エネルギーを活用し、CO2と水から酸素とギ酸を生成する。

バイオガスからメタノール エア・ウォーター、プラント開発に参画 (2021/2/12 建設・生活・環境・エネルギー)

乳牛のふん尿や生ごみの原料から作られたバイオガスから、高効率にメタノールとギ酸を作れる光化学プラントを目指す。... 試算では560頭分の家畜ふん尿から両プラントを介し、年間80トンのメタノールと同4...

研究グループはエネルギー密度が高い水素キャリアとして「ギ酸(HCOOH)」に着目。非可燃・非爆発性で毒性が低く、工業的には酢酸生産時の副生成物となる安価なギ酸は常温・液体のため既存の液...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン