電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

38件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

その後日本初となるプライベート・デット・ファンドを立ち上げ、プライベート・クレジット市場の拡大をリード。

23年にはGXリーグ(経済産業省)において自主的な排出量取引制度であるGX―ETSが始動したことに加え、日本取引所グループによるカーボン・クレジット市場が立ち上がるなど、注目の動きが続...

透明性改善へ取引市場開設 今回は前回に引き続きクライメートテックの近況として、特にカーボンクレジットの直近の動向について深掘りしたい。... 第1に、政府が主体と...

ソフトバンクや九州電力、日東電工などNCCC会員約60社・団体は、取引所を通じて炭素クレジットの国際市場に参加できる。日本の炭素クレジット市場の活性化にもつながり、海外資金を地方創生支援などに呼び込む...

強気の計画を打ち出す背景に炭素クレジット市場の動向がある。 ... 森林によるCO2吸収由来の炭素クレジットもあるが、DACは工業的に回収するので吸収量を測定しやすく、炭素クレジット...

IGESとIETA、炭素クレジット推進で協力協定 (2023/12/5 素材・建設・環境・エネルギー1)

同センターは温室効果ガス(GHG)排出量の削減実績を「カーボン(炭素)クレジット」にして取引したい国を支援する国際機関。企業による炭素クレジット取引を推進するIETAと...

炭素クレジット市場が盛り上がると、途上国が脱炭素に必要な資金を獲得しやすくなる。... 炭素クレジットを調達した国は、自国の削減量から炭素クレジット分を差し引いて報告できる。... 炭素クレジット市場...

住友商事は海外のカーボンクレジット事業に参入。... 三菱商事などでも、市場機能を活用してカーボンニュートラル(CN、温室効果ガス排出量実質ゼロ)需要を取り込む動きが活発化している。&...

日本取引所グループ(JPX)の東京証券取引所は11日、二酸化炭素(CO2)排出量の削減枠を取引するカーボン・クレジット市場を開設し、取引を始めた。事業者間で相対取引して...

きょうの動き/11日 (2023/10/11 総合3)

■政治・経済■ ◇デジタル行財政改革会議が初会合 ■産業・企業■ ◇9月の工作機械受注(15時、日工会) ◇9月...

THIS WEEK (2023/10/9 総合2)

9日(月) 友引 スポーツの日 ■国際 ▽ノーベル経済学賞発表(スウェーデン王立科学アカデミー) ...

購入者は国内外の自然由来クレジットなど各種クレジットの特徴や詳細を考慮、比較しながら、希望に沿ったクレジットの購入が可能になる。... カーボンクレジットは事業者が相対取引しており、市場取引はなかった...

事業者間で相対取引しているカーボン・クレジットの市場取引は初となる。... そのための市場として東証にカーボン・クレジット市場が創設された。 ... カーボン・クレジット市...

東証、CO2市場を来月11日開設 (2023/9/25 総合4)

東京証券取引所は企業などが二酸化炭素(CO2)排出量を取引する「カーボン・クレジット市場」の開設日を10月11日に決めた。... 東証の岩永守幸社長は「温室効果ガスの削減と持続的な経済...

プライベート・クレジット市場は欧米で伸びている。

取引所とアスゼロを連携させ、アスゼロの利用企業がカーボンクレジットを手軽に購入可能にする。 カーボンクレジットはこれまで、事業者間の相対取引が一般的だった。... 経済産業省の委託事...

購入した企業は地域や生物多様性保全にも貢献できるため、低調だったクレジット市場の活性化が期待される。 ... 国が運営する「J―クレジット制度」は、旧制度分を含めた08年からの累計で...

クレジットを購入した企業は自社の削減実績に加えられる。... どちらの現場でもCO2吸収量を計測し、クレジット化する。 海外では自主的なクレジット市場が拡大している。

9月22日、日本初となるカーボン・クレジット市場取引に向けた実証開始を祝う催しで、日本取引所グループ(JPX)の清田瞭グループCEO(最高経営責任社)は高らかに宣言した...

経済産業省と日本取引所グループ(JPX)は22日、二酸化炭素(CO2)排出量の削減枠を取引するカーボン・クレジット市場の実証事業を開始する...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン