電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

584件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

特に「半導体業界でのグローバル市場シェアはトップ」という。 ... 「24年内に日本法人を設立予定」と本格的な市場開拓に意欲。

また高橋誠経団連スタートアップ委員長(KDDI社長)は「スタートアップ側も小粒で満足せず、グローバル市場を狙うんだという意識を強く持ってほしい」と期待をかける。

電気自動車(EV)で台頭する中国車は、日本車がシェアを持つ東南アジアなどの市場を侵食し始めている。... グローバル市場の自動車は、国連の組織「国連自動車基準調和世界フォーラム」で国際...

新役員/IHI 執行役員・中俣千由紀氏ほか (2024/5/27 機械・ロボット・航空機1)

アンモニア事業に関する自社の強みを生かして社会課題を解決しながら、「グローバル市場での知名度と企業価値を高めていきたい」と意欲。

ただし、市場の縮小ほど企業数は減少しないと思われ、顧客獲得の競争は激化するため、広告予算をより効果的に使う必要性が高まる。 ... 従って、今後のデジタル広告市場では大手広告会社やプ...

内閣官房によると、17日の会議では創薬の現状について委員から、「グローバル市場への進出という観点が必要」との指摘や「スタートアップの挑戦を前向きに評価するべきだ」といった意見が出た。 ...

DTDSの主力市場であるインドや東南アジアで、電気自動車(EV)や人工知能(AI)関連の半導体といった電子部品の需要を取り込む。将来的には丸紅の産業ネットワークを生かし...

「グローバル市場での我々のビジネスの成長ポテンシャルは未来に向けてさらに拡大している」と入社式で新入社員に呼びかけるのは、ヒロセ電機社長の石井和徳さん。

中国の電気自動車(EV)最大手、比亜迪(BYD)は、同社初の電動ピックアップトラックをグローバル市場に年内に投入する計画だ。... BYD車は米国では販売されていないが...

東洋紡エムシーが新組織 完成車メーカーと次世代車を共同開発 (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

今後は三菱商事のネットワークも活用して完成車メーカーへ直接アプローチし、先行開発段階から一体で製品開発に取り組み、グローバル市場へも製品を投入することを目指す。

2024TOP入社式語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか (2024/4/2 機械・ロボット・航空機1)

(徳島県北島町) スター精密・佐藤衛社長 世界に...

欧米企業は人材やプラットフォームへの投資を惜しまず、市場もそれを高く評価している。... CEOアジェンダとして変革の実効性を高め、継続することが求められる」 【記者の目/...

ホシザキ、トルコに連結子会社 欧州向け冷蔵庫拡充 (2024/3/14 機械・ロボット・航空機2)

オズティは、熱機器、業務用冷蔵庫、食器洗浄機を主力とし、トルコ国内、欧州、中東、アフリカ、アジア市場に販路を持つ。 今後は、オズティをグローバル製品供給戦略上の重要拠点の一つと位置付...

大幅に単純化していえば、(グローバル市場で競争している、域外の)製造業が、コストを負担してエコデザインを実施する、情報を提供して、域内の力の弱い消費者やリサイクラーがエコデザインの成果...

テルモ、プエルトリコ工場に新棟 止血デバイス増強 (2024/2/16 生活インフラ・医療・くらし1)

グローバルで拡大する需要増に応える。... テルモは17年からプエルトリコ工場でアンジオシールの生産をしており、新棟完成後も日本を含むグローバル市場へ製品を供給する。

NOKグループで主力事業の一角である電子部品事業をカバーする日本メクトロン(東京都港区、伊藤太郎社長)は、FPCのグローバル市場で売上高第3位の位置にある。1969年の事業開始以来、国...

TOPPANHD、シンガポール社を子会社化 日ASEANで物流DX拡大 (2024/2/1 電機・電子部品・情報・通信1)

傘下のアイオイ・システム(東京都品川区)はデジタルピッキングシステム国内最大手で、グローバル市場でもトップクラスのシェアを持つ。

マキタの通期予想、営業益2.1倍に上方修正 国内好調維持 (2024/2/1 機械・ロボット・航空機1)

原材料価格の上昇を受け、グローバル市場で平均4-5%の値上げを実施した。 国内市場はバッテリー式工具の新商品を投入するなどして好調を維持。... 欧州販売は前期比0・...

「日本の戦後復興期の加工貿易に沿って商品ごとに敷いてきた組織体制を、市場の変化に臨機応変に対応できる体制に見直すことを検討している。市場の需要に視点を置いてマーケットインの形で戦略をアップグレードして...

グローバルの試作拠点としては中国・深センが有名で、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や中国電気自動車(EV)最大手の比亜迪(BYD)などが本社を...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン