94件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

長年取り組むケミカルリサイクル技術が、ようやく普及へと動き始めた。さらに2030年をめがけて、ナイロンの効率的なリサイクルやバイオポリマー、大気中の二酸化炭素(CO2)利用などの技術を同時進行で開発す...

特に今後数年は社会的な要請の強いケミカルリサイクルの実現へ邁進(まいしん)する。

「石油精製と石化のプラントを一体化し、効率化する『ケミカルリファイナリー化』と誘導品の強化を推進する。... 石油と石化の一体化は発展途上にあり、今後さらに磨く」 「茨城県鹿島地区で...

バイオマスや廃プラスチック由来のリサイクル素材の利用を増やし、世の中に有用なケミカル(化学品)を提供する。ENEOSとの協業では『ケミカルリサイクル』も検討する」 ―21年度から次の...

石化の近未来2020(5)出光興産常務執行役員・本間潔氏 (2020/10/9 素材・医療・ヘルスケア)

「廃プラスチックを油化・ガス化してプラ原料などにする『ケミカルリサイクル』では、高温高圧ガスの扱いに慣れた石油インフラが重要になる。

日揮HD、3社から廃プラケミカルリサイクルの技術導入 (2020/10/8 素材・医療・ヘルスケア)

日揮ホールディングスは、荏原環境プラント(東京都大田区)と宇部興産、昭和電工の3社から、廃プラスチックのケミカルリサイクル技術の供与を受けることで合意した。

日本化学工業協会は、ケミカルリサイクルの推進に向け、廃プラスチックの収集・処理を含めた取り組みの議論を始めた。... ケミカルリサイクルは、化学反応を使って廃プラを分解し、再利用する技術。... それ...

アサヒ飲料、PET樹脂の調達加速 日本環境設計に融資 (2020/9/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

アサヒ飲料はケミカルリサイクルでPET樹脂を調達するため、日本環境設計(東京都千代田区)に融資する。同社の子会社であるペットリファインテクノロジー(川崎市川崎区)の工場再稼働を支援し、ケミカルリサイク...

経営ひと言/積水化学工業・加藤敬太社長「世界初」 (2020/9/16 素材・医療・ヘルスケア)

ポリオレフィンへのケミカルリサイクルを目指し住友化学と連携するなど、社会課題の解決に向けて、歩を進めている。

使用済みプラのケミカルリサイクル事業において、原料を多様化し、安定的に同事業を継続する狙い。 同社は2003年から家庭から回収されたプラゴミを使い、川崎事業所(川崎市川崎区、写真)で...

新型コロナ/ENEOSHD、ケミカル移行加速 (2020/8/31 建設・生活・環境・エネルギー)

特に茨城の鹿島製油所は「ガソリン生産をゼロにして、ほぼケミカルを目指したい。三菱ケミカルと提携しており、いろいろな可能性を追求する」(同)と明かす。 ... また「ケミカルリサイクル...

微生物を用いて廃棄物からエタノールを生産する技術の実証事業を進め、ケミカルリサイクル技術の社会実装を図る。

「3Rのうち、リサイクルとリデュースに力を入れていく。... これを解消するため、分子レベルまで戻して再重合するケミカルリサイクルを活用する。... 「これまで捨てていた工場で発生した端材をケミカルリ...

【リサイクル技術】 我々は「固体触媒で資源循環社会を実現」を合言葉にさまざまな触媒反応の開発を進めている。封止材に加え、香料や医薬品原料など高付加価値品を資源循環にのっとって製造する...

ケミカルリサイクル比率の引き上げが、資源の有効利用で課題とされている。 ... 化学業界では、住友化学が室蘭工業大学と、三菱ケミカルがENEOSと連携し、効率的なケミカルリサイクルの...

コカ・コーラ、台湾社と再生PET原料使用ボトル製品化 (2020/8/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

ケミカルリサイクルによる再生原料を使うペットボトルの製品化に向け、共同プロジェクトを始めた。

容器包装プラの再資源化進む 鉄鋼大手、技術開発加速 (2020/7/27 素材・医療・ヘルスケア)

容器包装プラの処理方法には、粉砕後に再成形し再生材にする材料リサイクルと、ケミカルリサイクルがある。日鉄が採用するのはケミカルリサイクルの中の「コークス化学原料化法」。... 一方、JFEHDの傘下企...

日本の場合、プラゴミの約60%は、焼却し熱回収しており、材料リサイクルやケミカルリサイクルは25%程度にとどまる。... 資源循環の重点戦略として、「リデュース等の徹底」「効果的・効率的で持続可能なリ...

サントリーHDなど12社、使用済みプラ再資源化 27年実用化へ新会社 (2020/7/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

米アネロテックが開発を進めている、プラスチックをキシレンなどの直接原料に戻すケミカルリサイクル技術を活用。

政府は2030年までに容器包装の6割をリユース・リサイクルする目標などを掲げる。同社はリサイクル効率が高い鉄鋼業界の再資源化手法に磨きをかけ、引き受ける量を増やしたい考えだ。 ......

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる