116件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

この計測は一般に次世代シーケンサーを利用し、遺伝子情報に基づき実施される。... これらの情報は全て推奨分析プロトコルにより取得している。健康者の大規模情報を参照することで、疾患などと関連のある糞便メ...

がんや難病に関する創薬開発を進めるため、臨床情報やゲノム情報に関して、製品開発のための第三者提供ができるよう、法令上やその他の措置を講じる。... 提言をまとめたのは、自民党の「医療情報政策・ゲノム医...

ゲノミックセレクションとは、ある作物のさまざまな品種のゲノム情報から、機械学習アプローチを用いて収量・品質等を予測・選抜する「計測とモデル化」技術の一つである。

ゲノム情報を利用した植物(作物)の育種やゲノム編集は、微生物を利用した合成生物学と共に、バイオエコノミー社会の実現に向けて大きな役割を果たしつつある。

基礎生物学研究所の重信秀治教授らの共同研究グループは、代表的な家屋害虫で、洗練された階級制を持つヤマトシロアリの全遺伝情報(ゲノム)の解読と階級別の大規模...

NEC、データ暗号化計算処理 顧客用途で最適提案 (2022/1/13 電機・電子部品・情報・通信1)

約8000人分の全遺伝情報(ゲノム)情報を約1秒で解析することなどを実証済みという。 ... 用途は購買履歴や人流データなどのマーケティング活動や、金融、医...

手間やコストがかかるため主に公的資金で運用されるが、グーグルが1万人を対象にゲノム情報、オミクス、ウエアラブルなどのデータを5年間収集するなど、米国を中心にスタートアップが先行投資として大規模に情報を...

加えて臨場現場から患者の臨床情報と検体を迅速に収集する仕組みを作り、これらを速やかに基礎研究者に渡し、診断薬・治療薬・ワクチン開発ための知見を得る。... 国立国際医療研究センターでは、全国から患者情...

がんセンター中央病院が2017年に国内で始めた希少がんの研究開発や全遺伝情報(ゲノム)医療を推進する産学連携プロジェクト「マスターキープロジェクト」をアジア地域に拡大。... 希少がん...

厚生労働省は新型コロナウイルス感染症の臨床情報などを収集・解析するデータベース(DB)を構築する。... DBはコロナだけでなく、さまざまな感染症の臨床情報や生体試料などを収集・管理す...

製薬企業5社が参画し、ToMMoが提供するゲノムを含む各種試料や情報などを利用して、2024年までにゲノム解析を目指す。... 3月に産学連携コンソーシアム「全ゲノム情報と医療・健康情報の統合解析コン...

これが「がんゲノム医療」である。 ... 現状のゲノム医療はがんを罹った患者が対象だ。今後のゲノム医療は、がんを含む様々な疾患の発生予防や健康長寿への貢献も期待されており、「ゲノム情...

【社会に広く発信】 迅速なワクチン・治療薬開発に向けて、微生物学・免疫学をはじめとする多様な領域の基礎研究者、ヒト・病原体双方のゲノム情報やオミックス情報を取り扱うデータサイエンティ...

育種・改良に期待 横浜市立大学木原生物学研究所の清水健太郎客員教授らが参加する国際共同研究グループは、世界各地で栽培されている代表的なコムギ(パンコムギ)15品種の全...

テンクー(東京都文京区、西村邦裕社長、03・3868・2374)は、がん治療におけるゲノム情報解析サービス「クロビス」内のデータベースをクラウド化した。... 10以上の公共データベー...

bitBiome、微生物の解析効率向上 スループット性10倍に (2020/8/25 素材・医療・ヘルスケア)

今後、各工程を工夫し、全遺伝情報(ゲノム)解析の処理量を最大化する。 ... ビットマップは微生物を一つずつ解析でき、高精度なゲノム情報を取得できる。

治験中のがん患者分析 NEC、米ボストンジーンと協業 (2020/8/11 電機・電子部品・情報・通信2)

ボストンジーンのソリューションは、次世代シーケンシング(NGS)によって、患者のがん腫瘍から得られるゲノムやトランスクリプトーム(ゲノム情報をたんぱく質情報に翻訳するメッセンジ...

理研の最前線(71)微生物の力を有効に利活用 (2020/8/3 科学技術・大学)

当開発室では、培養を介さずにゲノム配列情報を解析する先端的な技術開発の課題も推進している。 これにより得られたゲノム情報をヒントにしつつ、多種の微生物に対応してきた培養技術を生かし、...

伊藤忠子会社、医薬品開発 (2020/7/9 国際・商社)

伊藤忠商事の子会社でCRO(医薬品開発業務受託機関)事業を手がけるエイツーヘルスケア(東京都文京区)がiLAC(アイラック、茨城県つくば市)と業務提携し...

マウスは近交系の樹立、ゲノム情報の充実、ゲノム操作技術の開発など科学的な利点に加え、小型で繁殖も旺盛であることから、時間やコストの面でも優れたモデル動物といえる。 ... また、今日...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン