205件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

遺伝子治療領域では産学官共同の研究開発システムの在り方や、国産のベクター(運び屋)や全遺伝情報(ゲノム)編集技術の開発などを検討の軸に挙げた。

免疫拒絶防ぎ、がん攻撃 京都大学iPS細胞研究所の王博研究員と金子新教授らの研究グループは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)にゲノム編集を行うことで、移植先の免疫細胞から攻撃を受けず、...

しかし、ゲノム編集技術などの技術革新を原動力に、デザインの創意工夫次第で多くを克服できると期待される。

その際、ゲノム編集などバイオテクノロジー進展により生命倫理が問われることにも着目した。

ちょっと訪問/プラチナバイオ ゲノム編集で新価値提供 (2021/3/23 素材・医療・ヘルスケア)

ゲノム編集ツール「プラチナTALEN」を通じ大学と産業界をつなぎ、企業に新たな価値につながる革新的な製品やサービスの提供を目指している。 ... 課題は、幅広い分野へ応用可能なゲノム...

ゲノム編集治療は、薬を服用し続ける治療と異なり、一度の治療で永続的な効果が期待できることが特徴だ。... だが、ゲノム編集酵素が長期間発現し、標的ではない場所を切断する可能性があった。... ゲノム編...

京都大学や近畿大学などの水産養殖技術に関するシーズをもとにした「ゲノム編集」を目指している。

平林准教授らはまず、ラットのES細胞(胚性幹細胞)を、ゲノム編集で生殖細胞を作れなくしたラットの胚盤胞に移植し、遺伝的に異なる2種類以上の細胞が混在しているラットを作製。... 次にマウスのES細胞と...

ゲノム編集に“光” 食品の品種改良加速 (2021/1/7 科学技術・大学)

「生命の設計図」とも言われる全遺伝情報(ゲノム)を自由に変えられるゲノム編集技術が脚光を浴びている。世界ではゲノム編集技術の一種「クリスパー・キャス9(ナイン)」が2020年のノーベル化学賞に輝き、国...

認知症リスク低減を目指した研究や国産ゲノム編集技術の実用化、新型コロナウイルス感染症治療薬開発などを紹介する。

「ゲノム編集技術を使い始めたのは2015年ごろからだが、計約15年間、気持ちが折れずに頑張れた」と表情も和らぐ。

遺伝子を効率良く改変するゲノム編集技術を使って開発された食品が国内で流通する見通しになった。... ゲノム編集食品の届け出は国内で初めて。 ... 同社は苗や種にゲノム編集技術で品種...

検証2020/ゲノム編集 米仏2氏にノーベル賞 (2020/12/10 科学技術・大学)

品種改良・難病治療に道 いずれノーベル賞を受賞するとされていたゲノム編集技術の一種「クリスパー・キャス9(ナイン)」が2020年の化学賞に輝いた。... ゲノム編集は「生命の設計図」...

研究グループは、モデル植物「シロイヌナズナ」を利用し、全遺伝情報(ゲノム)を自在に変えられる技術「ゲノム編集」でppGppを合成する酵素を欠損させたところ、作ったシロイヌナズナは明暗を繰り返す条件で生...

他社に先行して長鎖のRNA(リボ核酸)を高純度で製造する技術を確立し、まずゲノム編集用途で世界首位を目指す。... 住友化学が得意とする長鎖RNAは、新たに「クリスパー・キャス9」によるゲノム編集向け...

エメンドバイオが持つ遺伝子変異を修復・除去する技術を取得し、ゲノム編集分野に進出する。... 多くのゲノム編集技術は片方を切断するともう一方を傷つける。... 同日会見した山田英アンジェス社長(写真)...

ゲノム編集技術で変異体を作成し、受精なしで種子が肥大するかどうかを調べた。

ゲノム編集技術などを想定した機器を共同利用できる。

ゲノム編集を軸とした医療応用が加速している。... 米国ではゲノム編集で品種改良した作物が流通し、日本でもGABA(ギャバ)高含有トマトが開発され年内の試験販売が予定されている。... 中国におけるゲ...

全遺伝情報(ゲノム)を変えられる技術「ゲノム編集」の基になる研究やブラックホールの撮影など間接的に関わっている。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる