電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

451件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

新社長登場/BIPROGY・斉藤昇氏 成長事業、コア事業に進化 (2024/6/7 電機・電子部品・情報・通信)

《2024度から始まった3カ年の経営方針ではコア事業と成長事業の両輪で事業拡大を図る》 「ファイナンシャルやリテールなどの五つのコア事業は顧客やパートナーとの関係...

主力のビール事業と医薬事業でそれぞれ研究開発投資やマーケティング投資を増やすため利益が圧迫される。既存事業の基盤をさらに強化し、新たにヘルスサイエンス事業で成長の活路を開くための布石とする。 ...

丸紅で繊維部門などを歩んだ後、ドイツに駐在してタイヤ販売を担ったほか、投資先の海外ゴム製品販売会社の事業管理に携わった。... 好きな言葉「ピンチをチャンスに変える」を肝に銘じ、コ...

クラレ、米社から再生炭事業を買収 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

クラレは米スプリント・エンバイロンメンタル・サービス(テキサス州)から、産業用再生炭事業を買収することを決めた。... 6月末までの事業譲渡完了を予定している。... クラレは活性炭事...

日東工業が新中計、成長投資に3年300億円 (2024/5/20 電機・電子部品・情報・通信)

3年間で300億円を成長投資として計画し、中でも主力の配電盤などのコア事業へは110億円を投じる。 ... また、配線用遮断器などを手がけるテンパール工業(広島市南区)...

JDIの通期見通し、当期赤字266億円 液晶ディスプレー減収 (2024/5/14 電機・電子部品・情報・通信1)

独自の次世代有機ELディスプレー技術の中国への提供などによる技術収入のほか、コスト削減による事業効率化などで収益を改善する。 コア事業と位置付けるスマートウオッチ向け事業は通期で売り...

静岡県や愛知県などでリサイクル事業者を買収してきたが、量が見込める首都圏で調達ルートを構築する。 ... 特種東海は紙需要の減少や脱炭素化、循環経済社会の構築を背景に、第6次中期経営...

クラレ、けい藻土・パーライト事業をフランス社に売却 (2024/5/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

クラレは米子会社の欧州子会社が手がけるけい藻土とパーライト事業を、フランスの鉱業メーカーであるイメリスに売却する。... 非主力事業である同事業を売却し、コア事業と位置付ける活性炭事業に重点的に資源配...

新役員/ニッパツ 執行役員・岡田信一氏ほか (2024/4/24 自動車・モビリティー)

■執行役員NHKスプリングタイランド社副社長 岡田信一氏 【横顔】ハードディスク駆動装置(HDD)用サスペンションを世界シェア5割前後まで成長させ、コア事業の...

まず「IN-IN」戦略では、事業ポートフォリオの再編やノンコア事業の売却により、事業の筋肉質化を進める。... 海外事業自体が独立して稼げる、あるいはグローバル事業の一部として自律的に動く状態...

東邦ガス、投融資680億円設定 今年度、過去最高 (2024/4/2 素材・建設・環境・エネルギー1)

アジアでのガス販売事業も強化する。... 投融資額の内訳は、都市ガスなどのコア事業で同約7・5%減の370億円、電気など中長期の成長を狙う戦略事業で同2・21倍の310億円とした。

オパールは日本製紙が中長期の成長の柱とする「生活関連」のコア事業。現地では印刷・情報用紙事業からの撤退後、段ボール原紙から加工まで一貫化を進めており、効率化経営でオパール事業の早期黒字化を下支えする。...

インタビュー/キッツ社長・河野誠氏 25年ぶり自社展に意欲 (2024/3/26 機械・ロボット・航空機2)

その上で、それらに対する成長投資がしっかり実行されていることを認識してもらう」 「当社が推し進めている新しいグロース(半導体装置、半導体材料〈フィルター〉、機能性化学、水素・...

【浜松】ヤマハ発動機の日高祥博社長は21日、静岡県磐田市の本社で開いた定時株主総会で「コア事業は安定的に収益を上げた一方で、成長事業の成長率が鈍化し、新規事業では売上高創出に至って...

ブリヂストンが新中計、3年で設備投資1.4兆円 (2024/3/4 自動車・モビリティー)

コア事業と位置付ける高付加価値のプレミアムタイヤ事業の強化に重点配分する。... これに戦略経費などを加えた「戦略リソース」の総額は累計約7800億円で、このうち約6割の約4500億円をプレミアムタイ...

コア事業と位置付ける2輪車事業では新興国向けのプレミアムモデルの供給が改善。マリン事業では大型船外機の新モデル発売とアジアの堅調な需要が増収に寄与する。 ... 成長事業では電動アシ...

事業戦略や財務影響の検証、さらには従業員心理への配慮等も絡むゆえ、社内関係者は多岐に渡った。... 中核事業へ経営資源を集中するためにノンコア事業に対し撤退や売却、ときに清算の判断を取ることもある。&...

高成長分野の戦略事業を見直し、従来コア事業だった半導体向けなどの高機能素材、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)向けの高付加価値製品を戦略事業に追加。... 3年間...

(エネルギー事業で覚書を締結した)英国政府は風力発電や水素・アンモニアへの考え方が先進的で、必要な補助もしっかり検討している。国土や資源が潤沢な国とは異なり焦点が定まりやすく、やりがい...

三和HD、住宅向け電動門扉開閉器を米に投入 (2024/1/22 生活インフラ・医療・くらし)

三和HDは2024年度までの中期経営計画で、日米欧でコア事業であるシャッター・ドア事業の強化・領域の拡大を掲げており、住宅向け・非住宅向けの両方で品揃えの拡充と提案力を強化している。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン