55件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

京都大学iPS細胞研究所の橋本里菜特定研究員と高山和雄講師らは、新型コロナウイルスへの感染を2種類の酵素の阻害で抑制できることを発見した。... iPS細胞に新型コロナウイルスと結合するたんぱく質「A...

後藤茂之厚生労働相は12日、米メルクが米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請した新型コロナウイルス治療薬「モルヌピラビル」について、「申請されれば、優先かつ迅速に審査する」との考えを明らかにした...

グラクソ・スミスクライン(GSK、東京都港区、ポール・リレット社長)が製造販売承認を申請していた新型コロナウイルス感染症の治療薬、モノクローナル抗体「ソトロビマブ」が特例承認された。新型コロナ治療薬と...

新型コロナウイルス感染症の治療薬開発が前進した。... 承認されれば、国内で五つ目の新型コロナ治療薬となる。... これらはいずれも既存薬からコロナ治療薬への転用だ。

英GSK、コロナ薬 月内承認 (2021/9/15 素材・医療・ヘルスケア)

新型コロナウイルス感染症の治療薬開発が前進した。... 承認されれば、国内で五つ目の新型コロナ治療薬となる。

厚労省、コロナ薬の実用化支援 塩野義など3社採択 (2021/9/8 素材・医療・ヘルスケア)

厚生労働省は7日、新型コロナウイルス感染症治療薬の実用化に向けた支援事業(二次公募)について、塩野義製薬、アストラゼネカ(大阪市北区)、富士フイルム富山化学(東京都中央区)の3社の事業を採択したと発表...

グラクソ・スミスクライン(GSK、東京都港区、ポール・リレット社長)は6日、厚生労働省に新型コロナウイルス感染症の治療薬としてモノクローナル抗体「ソトロビマブ」の製造販売承認を申請したと発表した。.....

産業春秋/ワクチンと治療薬 (2021/7/29 総合1)

塩野義製薬が新型コロナ治療薬の第1相臨床試験を始めたと発表した。... コロナとの闘いは、ワクチンと治療薬の二正面作戦が有効だ。重症者に有効な治療薬の開発も進んでいる。

塩野義製薬は26日、新型コロナウイルス感染症治療薬の第1相臨床試験を開始したと発表した。治療薬は経口剤で、塩野義製薬が創製した新薬。... 治療薬は、経口投与の抗ウイルス薬。

厚生労働省は、中外製薬が製造販売承認を申請していた新型コロナウイルス治療薬候補「抗体カクテル療法」の製造販売を特例承認した。... 国内で承認された新型コロナ治療薬としては4例目となる。... 同治療...

中外製薬が厚生労働省に製造販売承認を申請中の新型コロナウイルスの治療薬候補「抗体カクテル療法」について、19日開催の専門部会で承認の可否が審議される。軽症や中等症患者向けを想定しており、承認されれば、...

中外製薬は、関節リウマチ薬「アクテムラ」について、新型コロナウイルスで入院中の人工呼吸や人工心肺装置(エクモ)を必要とする重症の成人および小児の治療薬として、米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(...

中外製薬は29日、2種類のウイルス中和抗体「カシリビマブ」「イムデビマブ」を組み合わせた抗体カクテル療法について、新型コロナウイルス治療薬として厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。

MeijiSeikaファルマ(東京都中央区、小林大吉郎社長)と北里研究所(東京都港区、小林弘祐理事長)は、抗寄生虫薬「イベルメクチン」誘導体を使った新型コロナウイルス感染症治療薬の共同研究開発を始めた...

2020年からペプチドリームが開発を進めてきた新型コロナウイルス感染症の治療薬が注目を集める。... 「インフルエンザの治療薬開発で培ったノウハウの応用だ。... 「感染症治療薬市...

米ギリアド、コロナ治療薬 印に45万本寄付 (2021/5/14 素材・医療・ヘルスケア)

米ギリアド・サイエンシズはインドで新型コロナウイルス感染症が急拡大していることを受け、インド政府に対し、日本でも新型コロナ治療薬として特例承認を受けている「レムデシビル」を45万本寄付する。インドでは...

中外製薬、コロナ薬安定供給で政府と合意 (2021/5/12 素材・医療・ヘルスケア)

中外製薬は新型コロナウイルスの治療薬として臨床試験(治験)中の抗体カクテル療法の抗体医薬品について日本政府が調達することで合意した。... 「カシリビマブ」と「イムデビマブ」の二つのウイルス中和抗体を...

三谷産業、日医工との合弁 完全子会社に (2021/5/10 素材・医療・ヘルスケア)

新薬向けの医薬品原薬メーカーとしての供給体制の強化に加え、意思決定の迅速化や三谷産業グループ内との連携を推進する。 ... 20年5月に設備増強した富山八尾工場(富山市)では新型コロ...

3つ目のコロナ治療薬 厚労省、「バリシチニブ」了承 (2021/4/23 素材・医療・ヘルスケア)

厚生労働省の専門部会は、関節リウマチ薬として承認されている「バリシチニブ」(商品名オルミエント)を新型コロナウイルス感染症の治療薬として使用することを了承した。 厚労省が承認すれば、...

富士フイルム富山化学(東京都中央区、岡田淳二社長)は21日、発症早期の新型コロナウイルス感染症患者を対象に、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の第3相臨床試験を国内で始めたと発表した。... アビ...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる