85件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大林組など、プレキャストPC床版開発 長期の防水性実現 (2020/4/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

同床版は超高強度繊維補強コンクリート(UFC)とコンクリートによる複合構造を採用することで、施工期間の短縮と長期の防水性を実現した。... 防水性を有するため、舗装に浸透した雨水はUFC上で排水され、...

戸田建設と鉄道総合技術研究所は、無機系短繊維補強コンクリートを共同開発した。補強材に玄武岩由来の無機系短繊維を体積当たり1%混入し、鋼繊維補強コンクリートと同等の曲げ靱性を実現した。... 無機系短繊...

大林組、3Dプリンターで巨大シェル型ベンチ セメント系材使用 (2019/12/26 建設・生活・環境・エネルギー)

そこで大林組は3Dプリンター用特殊モルタルで外形を製造した構造物の内部に、引っ張り強度が高い自社開発の超高強度繊維補強コンクリート「スリムクリート」を流し込む複合構造を開発した。

コンクリート構造物の長寿命化 (2019/11/21 特集・広告)

しかしながら、引っ張りには弱いため鋼材を適切に埋設して補強しているが、乾燥などに伴う収縮ひび割れやその他さまざまな原因でひび割れが発生する。... 自己治癒コンクリートの分類と概要 ...

中でも炭素繊維強化プラスチック(CFRP)関連は将来に向けての成長を加速させる基盤の一つと位置付けている。... ただ、化成品事業部ではガラス繊維強化プラスチック(GFRP)製品の取り扱いはしていたの...

大林組は29日、3次元(3D)プリンターに使うセメント系材料の特殊モルタルと、自社開発の超高強度繊維補強コンクリート「スクムクリート」を一体化する複合構造を開発したと発表した。

壁高欄の補強材や床版との接合材料に、腐食しないガラス繊維強化プラスチック(GFRP)ロッドを使い、腐食劣化の可能性を排除した。実物大モデルで衝突実験し、鉄筋やコンクリート製壁高欄と同等の安全性を確認し...

三井住友建、高性能コンクリートをPC橋梁に初適用 (2019/7/10 建設・生活・環境・エネルギー1)

三井住友建設は9日、自社開発した高性能コンクリート「サスティンクリート」を高耐久プレストレストコンクリート(PC)橋梁に初めて適用したと発表した。... 連結子会社のコンクリート2次製品工場に長さ12...

東京製綱インターナショナル(東京都中央区、佐藤和規社長、03・6366・7701)の炭素繊維複合材ケーブル「CFCC」が軽量で腐食しないコンクリート構造物補強材・緊張材として、沿岸技術研究センターの評...

東京製綱、炭素繊維複合材ケーブルの緊張材 耐食性向上 (2019/4/16 素材・医療・ヘルスケア)

緊張材として鋼線を使う床版に比べて塩害に強くなり、補強材の使用量も減ってコストを低減できる。... プレストレスト・コンクリートの緊張材に使うCFCCは、炭素繊維と熱硬化性樹脂の複合材を、より合わせて...

萩原工業は「フラットヤーン」と呼ぶ高強度な樹脂の生産をコア技術とし、各種シートやコンクリート補強繊維などを生産する。2018年2月に海外でコンクリート補強繊維を販売する会社を子会社化するなど海外事業を...

阪神高速道路と鹿島は26日、共同開発していた「超高強度繊維補強コンクリート(UFC)道路橋床版=写真」を阪神高速道路15号堺線の玉出入路リニューアル工事に国内で初めて試験適用したと発表した。... U...

製品ごとに利益見える化 萩原工業は、樹脂フィルムを短冊状に切断・延伸し強度を高める「フラットヤーン」の製造技術をベースに、各種シートやコンクリート補強繊維などを展...

大成建設は京王電鉄井の頭線下北沢駅付近の鉄道橋に、超高強度繊維補強コンクリート(UFC)を使った「UFCホロー(中空)桁」を適用し、架け替え工事を実施した。... I期施工時に架設したUFC桁の重量は...

CNF配合コンクリ、大王製紙と三井住友建が研究・開発 (2018/3/26 素材・ヘルスケア・環境)

大王製紙は三井住友建設と共同で、微細な木質繊維(パルプ)であるセルロースナノファイバー(CNF)をコンクリート混和材として実用化する研究開発を進める。両社は2015年から基礎研究を始め、コンクリートに...

これまでコンクリート橋脚へは、変形性能の高い鋼板を外周へ適用。橋脚の形状や現地の状況などに応じて、鉄筋コンクリートや炭素繊維で補強するなど、揺れで壊れにくい構造へ改善してきた。

大林組、床版接合で作業時間半減 コンクリ減の新工法 (2017/11/29 建設・エネルギー・生活2)

接合に超高強度繊維補強コンクリート材料を使用することで、接合部の幅は従来の半分ですみ、コンクリートの打設量を低減できる。... 新工法は超高強度繊維補強コンクリート材料「スリムクリート」を利用。......

コンクリート製道床を形成する際の鉄筋配置や、型枠の位置調整に係る作業を軽減。... コンクリート道床に埋め込むまくらぎの側面に、せん断キーと呼ぶ突起を設けた。... 道床に短繊維補強コンクリートを使っ...

大林組など、鋳鉄製ブロックで耐震補強壁 (2017/7/28 建設・エネルギー・生活1)

従来のFRP(繊維補強プラスチック)製ブロックと比べて2倍以上の強度で、材料費を2分の1以下に抑えられる。... サンキューウォールはブロックを積み上げ、既存の建物の躯体に接着する耐震補強壁工法。コン...

鋼材腐食によるコンクリート片のはく落被害を防ぎ、耐久性の向上で維持管理費用も削減できると見ている。 ... 床版には高強度繊維補強コンクリートを使い、鉄筋の配置をなくし、プレキャスト...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる