838件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

HPEの日本法人、日本ヒューレット・パッカード(東京都江東区)で高性能コンピューティング(HPC)や人工知能(AI)などの事業を統括する根岸史季執行役員...

「例えばコンピューティング。... コンピューティングでいえば次の価値が上がるタイミングは量子だ。... いずれもハードであり、カギとなるのはエッジ(現場)コンピューティングだ。

基礎研究では量子コンピューティングを活用し、材料開発のシミュレーション高度化を目指す。

共有型の「コンピューティング・アズ・ア・サービス」(CaaS)のメニューとして、2023年度の実用化を目指す。

もう一つは、量子現象から着想されたコンピューティング技術『デジタルアニーラ』の活用だ。

東京大学のエリック・ローツステット准教授と山内薫教授、DICの立川豊データサイエンスセンター長は、量子コンピューターで二酸化炭素(CO2)の振動エネルギー準位を計算した。古典計算機と組...

量子コンピューティングをめぐる開発競争は23―25年には新たなステージを迎えそうだ。

富士通とセールスフォース・ジャパン、ヘルスケア領域で協業 (2022/6/22 電機・電子部品・情報・通信1)

医療・健康データを高信頼に取り扱う富士通の知見やコンピューティング技術と、セールスフォースが世界展開する顧客情報管理(CRM)の実績やノウハウを生かす。

同拠点で量子技術やスーパーコンピューター「富岳」で培った高性能コンピューティング、人工知能(AI)などさまざまな最先端技術を組み合わせ、イノベーション(技術革新)創出を...

富士通、マドリード工科大に「デジタルアニーラ」提供 (2022/6/9 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通は8日、富士通スペイン(マドリード市)がスペインのマドリード工科大学(UPM)の量子コンピューティング技術の修士課程において、4月下旬から1カ月間、富士通の量子イ...

将来のコンピューティング技術として期待される量子コンピューターについて、SEMI会員企業と量子コンピューター関係者との情報共有を促進。

KDDIの5GSA環境や、顧客の近くに配置したサーバーでデータ処理を行って低遅延な通信を提供する「マルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)」と組み合わせた。 ...

人工知能(AI)コンピューティング技術の米セレブラス・システムズは、ISC2022で世界の先進的スーパーコンピューター施設がAI高速化のため同社のウエハースケールソリューショ...

科学技術の潮流(148)暮らし変える量子技術 (2022/5/20 科学技術・大学)

著書に『量子コンピューティング』。

共同研究では、富岳とハイパフォーマンスコンピューティング技術を活用。

電気の流れを制御可能な半導体によりトランジスタ集積回路が創出され、電子を用いた高度な信号処理やコンピューティングが可能となったのだ。

エッジコンピューティングにより、低消費電力も実現する。

中でも端末の近くでデータを処理するエッジコンピューティングは「特に面白くなってくるのではないか」。

米IBM、25年に4000量子ビット 量子コンピューターの工程表更新 (2022/5/13 電機・電子部品・情報・通信)

IBMは量子ビットを制御する技術に超電導方式を採用しており、同じ土俵で競う米グーグルや米リゲッティ・コンピューティングなどとのつばぜり合いが白熱しそうだ。... 「量子計算機と古典コンピューターにまた...

NEDOが研究開発を進める次世代コンピューティングの代表的な技術には「量子コンピューティング」「脳型コンピューティング」「光分散コンピューティング」が挙げられる。本稿では量子コンピューティングについて...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン