電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

2008年に工場を閉鎖し、現在は発酵飲料「コンブチャ」などの飲食関連事業や不動産関連事業を手がける。

大泉工場が製造・販売する微炭酸飲料「コンブチャ」や化学肥料や農薬を使わないポップコーンなどをフードアンドカンパニーの店舗で販売する方針。

同社が運営するカフェなどで発生したコンブチャの葉やコーヒーのかすなどをコンポストで堆肥化。

【さいたま】大泉工場(埼玉県川口市、大泉寛太郎社長、048・222・1171)は15日、ボトル詰めした発酵飲料「コンブチャ=写真」を発売する。... コンブチャとは茶に砂糖や酢...

大泉工場はお茶を発酵した非加熱の微炭酸飲料「コンブチャ」の新商品を発売した。

大泉工場、カフェに微炭酸飲料提供 (2020/3/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

大泉工場(埼玉県川口市、048・222・1171)は4月1日にお茶を発酵した非加熱の微炭酸飲料「コンブチャ」をウカ(東京都港区)が運営するカフェに導入する。

アサヒ、「リプトン アイスティー」製造・販売権取得 豪などで (2019/10/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

契約にはプレミアムティーブランド「T2」と欧米で需要が高まっている発酵健康飲料「リプトン コンブチャ」が含まれる。

大泉工場、ホテルに発酵茶納入 年内取扱先80カ所目指す (2019/8/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

コンブチャは飲食店やシェアオフィスなど約40カ所で販売しているが、ホテルへの導入は初。... 同社は東京都港区内にコンブチャの旗艦店として「大泉工場NISHIAZABU」を直営し、コンブチャをメーンメ...

大泉工場(埼玉県川口市、大泉寛太郎社長、048・222・1171)は、お茶を発酵した非加熱の微炭酸飲料「コンブチャ」を量り売りできるリフィルステーションを東京都内に初めて設けた(...

大泉工場 サッカー選手が「コンブチャ」PR 埼玉県川口市からJ1へ―。... コンブチャとは、お茶を発酵させた微炭酸飲料で、紅茶キノコとして知られる。 保崎...

今後はフィットネス施設やヨガスタジオなどへ売り込み、2019年3月までにコンブチャの常設店舗を50店とする。... コンブチャとはお茶に砂糖や酢酸菌、酵母由来のスコビーなどを入れた発酵飲料で、腸内環境...

隠し味は紅茶キノコ−大泉工場がいなりずし販売 (2017/12/6 建設・エネルギー・生活1)

大泉工場(埼玉県川口市、大泉寛太郎社長、048・222・1171)は、コンブチャを調味料に使用したいなりずし「KOMBUCHA INARI(コンブチャイナリ)」...

大泉工場、本社に醸造設備 発酵飲料「コンブチャ」拡販 (2017/10/5 モノづくり基盤・成長企業)

すでに東京・西麻布でコンブチャを中心としたメニューのジュースバーを開業。... コンブチャの種類は「オリジナルコンブチャ」のほか、「ミントグレープ」、「ジンジャー」、「ハイビスカスレモングラス」という...

大泉工場、東京・西麻布に発酵飲料店舗 (2017/4/11 モノづくり基盤・成長企業)

同店では、腸内環境のバランスを整えるという発酵ドリンク「KOMBUCHA」(コンブチャ)を販売する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン