電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,621件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

また警察庁が毎冬公表する犯罪収益移転危険度調査書には、マネー・ローンダリング(マネロン)やテロ資金供与、拡散金融にも言及があり、「令和5年12月版」はランサムウエアを含むサイバー攻撃が...

大手企業だけでなく、サプライチェーン(供給網)を担う中小へのサイバー攻撃のリスクが高まっており、知見を持つ人材の確保などが求められそうだ。 ... 中小はサイバー攻撃...

AGS、委託先の情報安全管理 クラウドサービス提供 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

生産性向上などを背景に自社業務を外部委託する企業が増えているが、サイバー攻撃や情報漏えいのリスクがあり、委託先管理の重要性が高まっていることに対応した。

米国の制度におけるコンフィデンシャル級(秘)の情報に該当し、サイバー攻撃や半導体など重要物資のサプライチェーン(供給網)の脆弱性に関する情報を念頭に置く。 &#...

【ニューヨーク=ロイター時事】北米の電力網を監視している北米電力信頼性協議会(NERC)は、米国の電力網がサイバー攻撃を受けやすくなっていると指摘した。攻撃を受けやすい箇所は1...

個人が攻撃対象となり得るサイバー攻撃対策では勉強会を開催し、講義動画を配信する。

JSOL、フォアーゼットと連携 サイバー対策で研究会発足 (2024/4/5 電機・電子部品・情報・通信)

サイバー攻撃による脅威が増大している一方で、求められる水準のサイバーセキュリティーサービスを提供できる専門家が不足しているという。

中谷氏はICPO事務総局のIT局長兼最高情報セキュリティ責任者(CISO)を経て、2012年にサイバー犯罪対策の国際拠点である「インターポール・グローバル・コンプレックス・フォー・イノ...

NEC、陸自競技会支援 サイバー防護能力強化に16カ国参加 (2024/3/28 電機・電子部品・情報・通信2)

NECは陸上自衛隊が主催する国際的なサイバー技術向上のための「多国間サイバー防護競技会(Cyber KONGO 2024)」の支援役務を実施した。同競技会はサイバー攻撃...

正規ログイン情報悪用攻撃、昨年71%増 日本IBMが世界調査報告書 (2024/3/26 電機・電子部品・情報・通信1)

事故復旧対応など課題 正規のログイン情報を悪用したサイバー攻撃が急増―。... これによると、2023年はログイン情報を悪用したサイバー攻撃が前年比71%...

中小がサイバー攻撃を受けた場合、サービス事業者が情報処理推進機構(IPA)と情報共有する仕組みも整備する。

「実際のサイバー攻撃を模倣し、攻撃者の視点に立ってセキュリティー上の悪用可能な穴を特定して機密情報の漏洩(ろうえい)を劇的に減らすための実行可能なロードマップを企業に提供する。... ...

デジタル化の進展に伴いサイバー攻撃による業務停止リスクが高まる中、iSECのセキュリティー技術と丸紅の海外ネットワークを融合して安定稼働ニーズを取り込む。... 大手商社では企業のデジタル化の進展に伴...

東商、BCP策定ガイド制作 あらゆる災害・リスクに対応 (2024/3/15 中小・ベンチャー・中小政策)

地震や水害など自然災害をはじめ、感染症、サイバー攻撃、戦争・紛争、大規模テロ、ミサイルなど事業継続をおびやかす全てのハザードを想定する。

技術・営業・管理で交流 ハッカーからのサイバー攻撃を防ぐサービスなどを手がけるサイバーセキュリティクラウドは、顧客がデジタル技術を安心・安全に使えるように支援できる人をデジタル人材と...

ニューノーマルで輝く(104)大日本印刷 仮想空間でサイバー訓練 (2024/3/12 電機・電子部品・情報・通信2)

コロナ禍を機にデジタル変革(DX)の機運が高まった一方、サイバー攻撃の脅威は増大している。... サイバー攻撃に対する認識の共通化を図れ、組織連携の強化にもつながる。 ...

アステックス大阪(大阪府東大阪市、石井慶介社長)は、防御が難しかったスマートフォンの生体認証の乗っ取り(生体ハイジャック)やSIMの不正な再発行(SIMスワップ...

焦眉の急 サイバーリスク(下)海外子会社/AI (2024/3/6 電機・電子部品・情報・通信1)

本社が早急に状況把握を 昨今、日本企業の海外子会社がサイバー攻撃を受ける事例が増えている。KPMGコンサルティングが国内の企業を対象に行った「サイバーセキュリティサーベイ2023」で...

焦眉の急 サイバーリスク(中)制御システムの機密性 (2024/3/5 電機・電子部品・情報・通信1)

課題明確、予算確保重要に KPMGコンサルティングが国内の企業を対象に行った「サイバーセキュリティサーベイ2023」によると、制御システムへのサイバー攻撃の経路として最も多かったのは...

焦眉の急 サイバーリスク(上)攻撃対象が変化 (2024/3/4 電機・電子部品・情報・通信)

ランサムウエア被害額拡大 コロナ禍を経て社会のデジタル化が一段と進んだ結果、サイバー攻撃もより高度に、かつ巧妙になった。... コロナ禍前は主に個人を狙った攻撃で、数十万円の支払いを...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン