電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

100件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

認知9割も行動3割、理由は「お金」 博報堂の生活者調査によると、「脱炭素」と「カーボンニュートラル」を知っている人が9割を超えた。一方で脱炭素に向けて行動している人は3割にとどまり、...

製造業、水平リサイクル拡大 富士経済(東京都中央区)によると、2035年の国内の再生プラスチック市場は23年比2・1倍の3594億円に拡大する見通しだ。使用済み商品か...

工場・ビルの再生エネ利用進む 環境省によると2022年度の日本の温室効果ガス排出量は、前年度比2・5%減の11億3500万トンだった。統計を始めた1990年以来、過去最低を記...

サービス業界の遅れ懸念 NGOの世界自然保護基金(WWF)ジャパンによると、日経平均株価を構成する225社のうち90社(40%)が「サイエンス...

日本勢、履歴管理に課題残す 熱帯林行動ネットワーク(東京都渋谷区)やマイティー・アース(米ワシントン)などの国際的な環境団体は、チョコレート関連企業6...

Aランク27社増もEランク8割占める 日本冷媒・環境保全機構(是常博理事長=三冷社社長)は、プライム上場1653社が発刊した報告書を調査し、独自の「フロン対策...

輸出減、国内の循環利用増 プラスチック循環利用協会(岩田圭一会長=住友化学社長)によると、2022年の国内の廃プラスチック発生量は823万...

2024年春の花粉の飛散がここ10年の平均的な量か、やや少なくなる可能性があることが環境省の調査で分かった。各地で大量の飛散量を観測した23年春と比べ、花粉症の緩和が期待されそうだ。 ...

長野・栄村と石川・能登町が1番明るく 環境省は8月に実施したデジタルカメラによる夜空の明るさ調査の結果をまとめた。市民から412件の画像の投稿があり、解析した結果...

国より高い目標、青森・東京など6団体 環境NGOの世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン、東京都港区)が47都道府県の脱炭素化対策を調査したとこ...

気候変動問題、若年層の関心低く 内閣府の世論調査によると、自身の気候変動対策として「温暖化対策に取り組む企業の商品を購入したい」と考える国民は26・6%に...

転職者は3.09倍、人材不足が課題 リクルートがグリーン・トランスフォーメーション(GX、脱炭素社会への転換)関連の求人を調査したところ、...

環境NGOのグリーンピース・ジャパン(東京都港区)は、日本のカエデとイチョウの紅葉の時期が遅くなっているとする報告書を公表した。東京、札幌、福岡の3都市を調査したと...

旭硝子財団(島村琢哉理事長=AGC会長)は恒例となっている「環境危機時計」を公表した。2023年の世界平均時刻は前年より4分戻った「9時31分」を針が指した...

都道府県別トップは風力進む秋田 千葉大学の倉阪秀史教授の研究室と環境エネルギー政策研究所(東京都新宿区)の調査によると、再生可能エネルギーで地域のエネルギー需要を賄え...

2年連続減少も高水準、累計3億台 経済産業省と環境省の集計によると、2022年度に家電リサイクル法に従って引き取られた廃家電は前年度比2・0%減の1495万台だった。減少は2...

建設リフォーム・リペア拡大 環境省は2021年の環境産業の国内市場規模が108兆908億円だったと推定した。前年は新型コロナウイルス感染症が流行した影響で減少した...

コロナで外食需要縮小、最小水準 農林水産省と環境省の推計によると2021年度、食べられるにもかかわらず捨てられた「食品ロス」が523万トン(前年度比1万トン増)発生し...

満点4団体、ゼロ点641団体と低調 グリーン購入ネットワーク(梅田靖会長=東京大学大学院教授)は、地方公共団体による2022年度の環境配慮...

交付金で支援、全国83市町村に 環境省が自治体の二酸化炭素(CO2)排出削減を支援するため2022年度に創設した「脱炭素先行地域」の選定が62件と...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン