53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

そして第三に中古品や再生材より、新品、バージン材の方が好まれている人々のメンタリティ(これにより、中古品、再生材は新品の何割という発想での値付けしかできない)の打破であり、サーキュラー・エコノミーは循...

アミタホールディングス(HD)などが主導する連携組織「九州サーキュラー・エコノミー・パートナーシップ」は、花王やライオンなど日用品メーカー10社と協力し、北九州市で使用済みプラスチック容器を回収する実...

環境に配慮したサーキュラー・エコノミー(循環経済)への移行や業界をめぐる労働環境について改善策を講じる。

これは、4月に書いた「サーキュラー・エコノミー」を実現するために必要不可欠な技術と言って良い。 ... サーキュラー・エコノミーのアクションプランに基づき、ここに分解性、リサイクル性...

【広島】広島県は、「広島県カーボン・サーキュラー・エコノミー推進協議会」を設立した。

気候変動問題にしても、サーキュラー・エコノミーの問題にしても、あるべき論から入ってそこに向かって社会を変革して行こうとする姿勢と、現状認識から始めて、世界情勢に追従する姿勢の彼我の差を痛感する。

サーキュラー・エコノミー 今回から「未来を変える」の執筆陣に加わりました梅田と申します。... サーキュラー・エコノミーが言っていることは、資源枯渇対応、廃棄物削減、環境負荷削減のた...

EU発、世界に拡大 きょうオンライン会合 限られた資源の有効活用に知恵を絞って産業を興す「サーキュラー・エコノミー(循環経済)」が経営課題として急浮上してきた。... 大量生産から脱...

また欧州ではサーキュラー・エコノミー政策によりリサイクル品のニーズが高い。

ESG投資に関心を有する大口の個人投資家の中でも、気候変動と並んでプラスチック問題や循環経済(サーキュラー・エコノミー)に投資家の関心が高い(図)。

これまでの私たちの生産と消費のあり方―「つくる→つかう→すてる」という単線的プロセスを、「循環経済(サーキュラー・エコノミー)」に変えていこうという世界的な動きがある。

4月には『サーキュラー・エコノミー推進室(仮称)』を新設し、世の中にある技術を探索する。

欧州連合(EU)が主導する循環経済(サーキュラー・エコノミー)という新たな経済のあり方が世界的な関心を集める。... サーキュラー・エコノミーを実現する技術としてデジタルを活用する。... デジタルと...

三菱ケミカルは2020年4月に「サーキュラー・エコノミー推進室(仮称)」を立ち上げる。... サーキュラー・エコノミー推進室では社内も含め、世の中にあるリサイクルやリユース、リデュース技術を探索。.....

欧州化学産業 変革の今(6)プラ処理の現状 (2019/10/30 素材・医療・ヘルスケア)

サーキュラー・エコノミー(循環経済)の実現に向け、化学各社は欧州で多様な提案を行う。

欧州化学産業 変革の今(5)KAITEKI=循環経済 (2019/10/29 素材・医療・ヘルスケア)

地球の持続可能な発展に取り組むカイテキと、サーキュラー・エコノミー(循環経済)には共通点があり、「時代が追いついてきた」(ポール社長)と語る。

欧州化学産業 変革の今(1)新しい波の発信源 (2019/10/23 素材・医療・ヘルスケア)

資源循環利用、日本の好機 廃棄されていた資源を循環利用する「サーキュラー・エコノミー」や100年に1度の自動車変革、第4次産業革命。... (6回連載) 「サーキュ...

欧州連合(EU)が打ち出した新たな概念「サーキュラー・エコノミー」は、環境問題の枠内にとどまっていた資源の有効利用を、社会や経済の仕組みそのものを変革する経済政策へと昇華させた。... 国際標準化機構...

中長期的に見ると、限られた資源を最大限活用して経済価値を生む概念「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」や個別化医療など、既存の産業構造を変える動きが事業環境に最も影響すると指摘。

三菱ケミ、炭素繊維再利用の新設備 年産3000トン (2019/8/2 素材・医療・ヘルスケア)

限られた資源を最大限活用して経済価値を生む概念「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」が社会に浸透し、素材にリサイクル性を求める需要家が増えてきた。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる