電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

56件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

しかし日本では廃棄されたプラスチックの63%が焼却処分され、熱を再利用するサーマルリサイクルに回されている。 一方、循環経済の先進国である欧州では、サーマルリサイクルは資源循...

CO2削減可視化 ディグル、製造・建設業に提案 (2024/4/3 電機・電子部品・情報・通信2)

例えば、焼却処理によって発生する熱を回収する「サーマルリサイクル」をした場合と、ペレット化した場合を比べ、どの程度CO2排出量を削減できるかを数値で示せるようにする。

ヨシザワ、発泡PE端材を再生 ポリ袋化まで自社完結 (2024/3/26 素材・建設・環境・エネルギー1)

社内でリサイクルを完結させた点や、資源節約と地球環境保護に資する取り組みとしても訴求。... 国内のプラスチック製ゴミは燃やした熱を利用するサーマルリサイクルが中心で、単純焼却も含めると約7割が焼却処...

タイヤは熱回収でのサーマルリサイクルが全体の3分の2程度を占めるが、今後は2社の技術を活用して粉砕したタイヤをさらに冷凍粉砕し、原料レベルの微粉末にしてタイヤメーカーに供給。... 犬飼社長は「潔&#...

丸紅は九州大学やレゾナックなどと連携して、プラスチックのリサイクルの仕組みを構築する。... 現在は廃棄されるプラスチックの約60%は焼却処理によって発生する熱を回収する「サーマルリサイクル」...

ENEOS、家庭のプラゴミ再生 大分で実証 (2024/2/5 素材・建設・環境・エネルギー)

家庭ゴミ廃プラを含む一般廃棄物のケミカルリサイクル実証実験は全国でも初めてだという。 ... ケミカルリサイクルは、化学的な処理で分解し、合成ガスや分解油などの化学原料に戻すことで、...

日本はリデュース・リユース・リサイクルの3Rに、1990年代から取り組んできた。... リサイクルの中でも、焼却し熱を回収するサーマルリサイクルは社会の仕組みとして確立したと言える。... スマートフ...

使用後にRPF(固形燃料)化しサーマルリサイクルできる仕組みづくりにも取り組む。

近年、サーマルリサイクルが活発化する中、廃棄物中のプラスチックの割合が増加し、塩素による腐食で火格子が早期に摩耗する課題があった。

現時点でのタイヤの主なリサイクル方法は燃料として用いるサーマルリサイクルだが、脱炭素や循環型社会の構築への機運が高まる中、より持続可能な活用方法を探っている。(江上佑美子) &...

多田プラスチック、段ボール保冷ボックス開発 断熱材にウレタン (2022/10/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

多田プラスチック工業はリサイクル業者と共同で、使用済み段ボール保冷ボックスを固形燃料(RPF)化するための共同研究に取り組んでいる。 将来的に新製品がサーマルリサイク...

カルビーの清原工場(宇都宮市)で出る使用済みのアルミ蒸着フィルムを回収し、東和ケミカルの工場でリサイクル材料のペレットに変換して、プラスチックに加工する。... これまでは各層の素材分...

成功事例を足がかりにサーマルリサイクル発電など次の成長戦略を描く。... ロボット導入をステップに次の成長の柱に位置付けるのがサーマルリサイクル施設「レガリア」だ。

廃棄物の総量に対して現状リサイクルできる量はわずかだが、リサイクルの技術開発と投資により業態をサーキュラーエコノミーに転換させ始めた企業に注目する。 ....

同社は発泡スチロールを熱で溶かしてインゴット化するリサイクル技術を開発。... プラスチック資源循環ではライフサイクル全般の取り組みを進めており、サーマルリサイクルでは廃プラと紙ゴミ類を混合圧縮した固...

進化する循環型ビジネス(10)シタラ興産 廃プラ発電を新電力に供給 (2022/3/15 建設・生活・環境・エネルギー)

次なるプロジェクトが産廃の焼却熱を利用したサーマルリサイクル発電への参入だ。

廃棄物削減では、スポンジの廃材を燃料として再利用しているが、20年にサーマルリサイクルボイラーの運用ルールの見直しで廃材の燃料化率を約3%向上。

自動車リサイクル法が施行から16年目を迎えた。... おおむね順調に推移してきた自動車リサイクル制度だが、循環経済を推進する上で課題を抱える。ASRには多数のプラスチック類や雑品が入り交じり、その多く...

出光など、混合プラゴミ再資源化 リサイクルチェーン構築 (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

国内で年間に発生する廃プラスチックは900万トン強で、そのうち5割以上は燃料としてサーマルリサイクルされ、プラスチックに再生利用するマテリアルリサイクルは2割強しかない。... 両社は環境省の補助事業...

日本の使用済みプラは年間約900万トン発生し、リサイクル率は86%。熱や蒸気として回収するサーマルリサイクルが58%と大半で、ペレットなどに溶融加工するマテリアルリサイクルが23...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン