669件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

研修を経てシステムエンジニア(SE)として配属予定。

本業はシステムエンジニアマネージャーだ。

一方、オフィス環境支援事業では営業やシステムエンジニアの部門で積極的な採用を進める。

岡山県、IoT専門家を派遣 (2020/6/18 西日本)

問い合わせはシステムエンジニアリング岡山(086・286・9653)へ。

執行役員ICT推進本部長兼先端情報技術センター長 橋爪宗信氏 【横顔】NTTに入社後、同年移籍したNTTデータでシステムエンジニア(SE)、プロジェクトマネージャー(PM)など数多く...

長野OKI、EMS新規顧客開拓 専任チーム始動 (2020/5/26 電機・電子部品・情報・通信2)

システムエンジニアとして経験のある2人を新規顧客開拓の専任に就け、技術ベースをもちながら営業できる体制を整えた。

塩崎調査・研究委員会委員長は「DSは企業にとって特別な存在ではなく、システムエンジニアやマーケターなどのように、必須の人材になってきている」と指摘。

仮想現実(VR)や拡張現実(AR)技術の産業化に向けた支援ではシステムエンジニアの育成が得意な企業を誘致し、府内にVRやARの産業集積を構築する考え。

【富士通クラウドテクノロジーズ】新見昌弘氏(にいみ・まさひろ)85年(昭60)徳島大工卒、同年富士通徳島システムエンジニアリング入社。

富士フイルムホールディングスも20年度実績より54人増を予定し、システムエンジニア(SE)を中心に採用を増やす。

全社組織は営業部門と、システムエンジニア(SE)を中心とするテクノロジーソリューション部門をサービス軸で再編し、商品開発などもグローバルに横串を通す。

富士通、年功序列を撤廃 全社改革、営業部門にもメス (2020/3/6 電機・電子部品・情報・通信1)

主力のソフト・サービス事業は4月に営業とシステムエンジニア(SE)を再編し、約5年ぶりに製販一体とする。

日立とNTTデータが“脱・縦割り”へ デジタル事業の事例共有 (2020/3/4 電機・電子部品・情報・通信1)

(川口拓洋) 日立製作所は2019年4月に金融や産業、公共分野などの営業やシステムエンジニア(SE)を支える組織として「ソフトウエアCoE」を立ち上げた。... CoEが知恵を持つハ...

日立システムズ、保守強化 競技大会通し技能磨く (2020/3/3 電機・電子部品・情報・通信1)

(川口拓洋) 【全体を底上げ】 「サービススキルコンペ」は、日立システムズグループのCE(カスタマーエンジニア)やSE(システムエンジニア)などが参加し、それぞれの...

富士通はシステムエンジニア(SE)集団であり、運用サポートの自動化は現場レベルで独力で対応できる力を持っている。

コベルコ建機では今回のICT活用を軸とする中計を策定するため、外部のコンサルティング会社や自社のシステムエンジニア(SE)などが参加するプロジェクトチームを立ち上げた。

プログラミング教室に関してはこれまで、地域での社会貢献の一環として社内のシステムエンジニアらが小学生向けに実施してきた。

システムエンジニアリングの価値も増している。

メディアファイブ、終業後にスクール開講 ベテラン社員が講師 (2020/2/4 電機・電子部品・情報・通信2)

メディアファイブはシステムエンジニア派遣やソフトウエアの受託開発を手がける。

社員向けはシステムエンジニア(SE)などの技術系だけではなく、コーポレート部門からも参加が可能。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる