電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

4,281件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

アルミニウム製ボトルのミネラルウオーターも販売し、事業を通じて持続可能な社会システム構築を目指している。

4月に伊藤忠傘下でシステム構築事業を手がけるジーアイクラウドの社長に就任。利用者を意識したシステム開発経験を生かし、「受託開発にチャレンジする」と力を込める。 データの集積・分析に強...

経営ひと言/電通総研・岩本浩久社長「都市OSで防災」 (2024/5/20 電機・電子部品・情報・通信)

「強みであるシステム構築により顧客の希望を実現する」。

新社長登場/電通総研・岩本浩久氏「社会課題解決で価値提供」 (2024/5/16 電機・電子部品・情報・通信1)

2024年は「第三の創業期」とも言える節目だ》 「強みであるシステム構築力をシンクタンク、コンサルティング機能と連携させる。... 当社のシステムを一つの事業部に導入し、価値を認めて...

県はこれまでもスタートアップエコシステム構築を目指し、県に関係や関心のあるスタートアップによる事業ピッチや交流機会創出などを行ってきた。

不断 デジタル人財育成(45)OSG “出島”で製造業DX教育 (2024/5/15 電機・電子部品・情報・通信2)

生産管理システムや製造実行システム(MES)といった製造業向けのITシステムの構築と、デジタル人材の教育を自社グループに行い、それらのノウハウを蓄積し、外販する青写真を描いている。&#...

アイネット、定額制で消費財管理 (2024/5/14 電機・電子部品・情報・通信2)

アイネットはSaaS(ソフトウエアのサービス提供)型の消費財卸売業向け管理システム「Supply Linker(サプライ・リンカー)」を発売した。カスタマイズで...

情報サービス7社の通期見通し、全社増収 (2024/5/10 電機・電子部品・情報・通信)

デジタル変革(DX)の機運に伴う法人顧客のIT投資意欲は引き続き堅調で、各社が主力としているシステム構築(SI)事業が伸長する。

明治電機、豊田支店に水素発電機 (2024/5/10 素材・建設・環境・エネルギー)

同社が設置した水素システムは、太陽光で発電した余剰電力で水を電気分解して水素を生成。... この取り組みは環境省の「再エネ等由来水素を活用した自立・分散型エネルギーシステム構築補助事業」の採択を受け実...

TED、TXOneとサイバー対策品の販売代理店契約 (2024/5/9 電機・電子部品・情報・通信1)

自動車、半導体、産業機器、医療機器などの工場をメーンターゲゲットに、コンサルティングからOTセキュリティー製品の導入、システム構築や保守・運用まで一貫したサービスを提供する。

IDECは工場などでリモート入出力(I/O)システムを構築できる通信用モジュールを9日に発売する。... 新製品「SX8R形バスカプラモジュール=...

矢沢裕幸物流部大河原物流兼卸町物流リーダーは「工場ごとでケースコンベアシステムの構築の仕方が違う」と説明する。モデル工場でのシステム構築の試行錯誤が次への導入に生かされている。 セン...

しかし、海外人材として採用されたにもかかわらず、幸い、中国で日本同様の直販組織の構築を行い(第2ステージ)、米国では事業を世界に推進するという役割を最前線で担うことができました(...

経営ひと言/富士通・時田隆仁社長「ユーバンス効果」 (2024/5/3 電機・電子部品・情報・通信)

3カ年の中期経営計画で目指すのは「システム構築(SI)を中心とする事業形態からの脱却」と、けん引役のユーバンス効果に期待を込める。

化学の力で脱炭素実現 化学系団体、施策を具体化 (2024/5/7 素材・建設・環境・エネルギー)

日本化学工業協会(日化協)はカーボンフットプリント(CFP)算定システムの普及を推進する。... 日化協と住友化学は4月上旬、都内でCFP算定システム「CFP―TOMO...

Mujin、半導体洗浄装置の組み立て工程で物流自動化 (2024/4/25 機械・ロボット・航空機1)

そのためMujinは、組み立てやピッキング支援システムをAGVと連携させて、作業進捗(しんちょく)との連動を含めた生産管理システム構築を支援。従来部品配膳に要していた人員を削減して部品...

自動化設備の構築には多様な部品が必要で、その部品の理解や選定は簡単ではありません。... 直販体制を構築するというのは、すなわち、この非効率性との戦いです。 ... コンサルティング...

スタートアップの海外進出と海外企業・人材の誘致を促す「グローバル・スタートアップ・エコシステム構築事業」は前年度比約2・5倍の1億2800万円を計上した。

UR+製品は、UR製ロボットのティーチペンダントを通して設定できるため、ロボットシステム構築の手間やコストを抑えられる。

NECネッツエスアイ(NESIC)は第5世代通信(5G)を地域限定で利用できる「ローカル5G」環境の構築に必要な全ての機能を一つの筐体(きょ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン