電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

4,949件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

シスディブリンク(愛媛県西条市)の高橋基社長は、大手システム開発会社を経て生まれ育った地元の西条市にUターンし、ソフトウエア・ハードウエアの開発会社を2015年に設立した。 &...

川重、仏シンビオと覚書 燃料電池システム共同開発 (2024/2/29 自動車・モビリティー)

川崎重工業は28日、仏シンビオと燃料電池システムの共同開発に関する覚書を結んだと発表した。両社の知見と技術を生かし、建設機械を含むモビリティー向けに効率的で低炭素な燃料電池システムの開発を進める。&#...

▽4月1日付で第一生命情報システムから第一生命テクノクロスに社名変更。佐藤智社長は代表権のない会長に▽交代理由=経営体制の強化▽就任日=4月1日▽本社=東京都千代田区有楽町1の...

山岳トンネル工事、動画・静止画で遠隔対話 鹿島がシステム開発 (2024/2/28 素材・建設・環境・エネルギー1)

鹿島は27日、シャープと共同で動画と静止画の送信を組み合わせた山岳トンネル工事向けのハイブリッド型遠隔コミュニケーションシステムを開発したと発表した。... 同システムは、一般的な...

生成AIで分類・保管 Things(シングス、東京都品川区、鈴木敦也代表取締役最高経営責任者〈CEO〉)は、人工知能(AI)搭載型の図面・文書管理シス...

不断 デジタル人財育成(35)NTTテクノクロス 全社員、アジャイル研修 (2024/2/28 電機・電子部品・情報・通信2)

事務管理部門の社員も参加し、システム開発以外の部署もアジャイル開発の利点を生かした業務効率化につなげている。 ... システム技術者ら約300人を対象としたレベル...

生成AIを用いたサービス開発も進んでいる。... 生成AIや大規模言語モデルなどAIの基礎知識を学べるeラーニングプログラムを自社開発した。... 米オープンAIの協力を受け、営業や戦略策定、システム...

著者は富士銀行(現みずほ銀行)で第3次オンラインシステム開発プロジェクトに参加した経験を持つ。

施工・メンテ性向上 竹中エンジニアリング(京都市山科区、佐藤和昭社長)は、電池レスのワイヤレス自動ドアシステムを開発した。... 自動ドアの導入現場で課題となっていた...

ヤンマHD、ウォーターセルに出資 農業機械システム開発 (2024/2/26 機械・ロボット・航空機)

ヤンマーホールディングス(HD)は子会社を通じて、農業支援システムを開発・運営するウォーターセル(新潟市中央区)と資本業務提携した。... 今後、両社で農業機械関連シス...

画像解析し検出、追い払い マリモ電子工業(長野県上田市、清水久夫社長)は、人工知能(AI)を活用し、農作物を野生動物から守る「AI鳥害防止システム」の...

クボタと栗本鉄工所はリチウムイオン電池(LiB)など二次電池の原料となる電極スラリー向けに、連続式の生産システムを共同開発する。クボタの重量式フィーダー(原...

同研究所は、開発を通じて太陽生命の顧客の長生きを支えるサービス創出を目指す。 国立循環器病研究センターの協力の下、SMK(東京都品川区)と共同で要介護リスクの早期発見...

東洋紡、微生物使い界面活性剤 生産システム開発へ (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

東洋紡は微生物による天然由来の界面活性剤「マンノシルエリスリトールリピッド(MEL)」の用途拡大に向け、生産システムの開発を始めた。産業技術総合研究所と共同で、生産...

一方、シタデルAIは、AIの自動品質管理システム開発を通じ、AIの信頼性に関する課題解決を提供している。 ... また、PwCコンサルが有するAI活用やAIガバナンスの知見、各国の政...

NTT、「IOWN」活用のサービス開発で東急不などと協業検討 (2024/2/15 電機・電子部品・情報・通信1)

遠隔会議システム開発 NTTは14日、次世代光通信基盤の構想「IOWN(アイオン)」を活用したサービス開発の協業検討でアルサーガパートナーズ...

ほぼ独力で一からシステムを立ち上げた開発担当者だ。 ... 勢いに乗り、いよいよ植物工場のシステム開発に着手。... 結果「外部に委託したら何千万円もかかったはず...

富士ソフト、サイバーセキュリティクラウドと提携 (2024/2/15 電機・電子部品・情報・通信2)

同社が提供する米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のクラウド基盤「AWS」環境のセキュリティーサービス「クラウドファスナー」関連の開発で協業する。富士ソフトのクラウド技術やシステム開...

JR西、アイリッジと提携 鉄道業務DXシステム拡販 (2024/2/12 生活インフラ・医療・くらし)

またJR西のデジタル人材子会社のトレイルブレイザー(大阪市北区)の人材獲得をアイリッジが支援し、ソリューション開発の需要増に対応する。 ... アイリッジは鉄道事業者...

北海道大学の小林弘一教授とスン・シン大学院生らは、画期的ながん免疫療法として、がんに対する免疫応答を大幅に増幅させるシステムを開発した。... 開発したシステム「TRED―I」は、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン