電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

18件中、1ページ目 1〜18件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

21年に提携したスウェーデン・ボルボグループをはじめ、燃料電池システムの調達でホンダと連携するなど外部リソースをうまく取り込み、自社の成長に結びつける提携巧者の事業戦略に当面、大きな変更はなさそうだ。

いすゞ自動車によるスウェーデン・ボルボグループ傘下のUDトラックスの買収時期をめぐり、当初予定していた12月末までの完了が難しく2021年に越年する見通しであることが分かった。... いすゞとボルボは...

商用車が運ぶ将来(下)「保有ビジネス」に照準 (2020/4/22 自動車・ロボット)

2019年12月にスウェーデン・ボルボグループとの包括提携を発表する中で、ボルボ傘下のUDとの相乗効果が見込める分野で整備面の協力を挙げた。

UD親会社のスウェーデン・ボルボグループはいすゞ自動車と包括提携を決めた。

「米カミンズやスウェーデン・ボルボグループとの提携の具体的な中身はわからない。だが、自社の競争力を高めれば、カミンズやボルボとのビジネスが拡大する好機になると捉えている」 ―電動化な...

8トン超トラックに照準 ―親会社のスウェーデン・ボルボグループといすゞ自動車が包括提携を決め、UDトラックスは2020年末までにいすゞの傘下に入る予定です。...

次期中計、連携の成果示す ―スウェーデン・ボルボグループとの包括提携やホンダとの燃料電池(FC)トラックの共同研究など他社との連携を広げています。 ...

いすゞ自動車の片山正則社長は21日、日刊工業新聞社のインタビューに応じ、スウェーデン・ボルボグループとの包括提携について「モノづくりは合理化していきたい。... いすゞは提携の一環...

一方、UDトラックスはスウェーデン・ボルボグループの人材を生かすなど、19年に整備士を海外から約130人採用する計画だ。 ...

エンジンや変速機などはUDトラックス親会社のスウェーデン・ボルボグループで開発した共通技術を活用した。

スウェーデン・ボルボグループ傘下のUDトラックスもグループの開発力を生かし30年までに大型電気トラックの実用化を目指す。

これらのシステムを素早く導入できる背景には同社がスウェーデン・ボルボグループの傘下にあることが関係する。ボルボグループが構築したスマート工場化に必要なシステムにアクセスできるようになっているためだ。&...

グループの枠組み超える 商用車業界でグループの枠組みを超えた提携が動きだす。... 三菱ふそうトラック・バスが独ダイムラーの傘下に入ったのは04年で、UDトラックスがスウェーデン・ボ...

CSR環境推進グループの小杉信明グループリーダーは「トラックやバスは物流を支える重要な車。... グループとして取り組んだ事例に、東日本大震災支援の一環で、11年4月にトラックなどの支援車両50台を被...

スウェーデン・ボルボグループの最先端技術を融合させただけでなく、日本のモノづくりの精神を反映させた日本製のトラックに仕上げた。... 品質上の目標は、ボルボグループでも非常に高い設定だった。

「スウェーデン・ボルボグループの最先端技術を融合した。

UDは親会社のスウェーデン・ボルボグループと共同で新興国向け大型トラックを開発。

今回、開発したGH5、GH7はUDトラックスも一員であるスウェーデン・ボルボグループの共通エンジンという位置づけ。世界各国で販売されるボルボグループのトラックに搭載される。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン