28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

両社は同じ航空連合のスターアライアンスに加盟。

経営ひと言/NEC・新野隆社長「広がりに期待」 (2020/1/24 電機・電子部品・情報・通信2)

「当社の顔認証技術は世界の航空会社によるスターアライアンスの『バイオメトリックス(生体認証)ハブ』に採用されている」と語るのは、NEC社長の新野隆さん。 ... スターアライアンスの...

ANA、中国航空社と共同運航 上海経由を拡充 (2018/3/16 建設・エネルギー・生活1)

吉祥航空は17年、ANAが加盟する航空連合「スターアライアンス」のコネクティングパートナーとなった。

中国国際航空が加盟する「スターアライアンス」は、ドイツのルフルトハンザ航空や米ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス、シンガポール航空など28社を擁する。スターアライアンスは現在、北京首都国際...

全日本空輸(ANA)は航空連合「スターアライアンス」での連携を通じ、11年からルフトハンザと共同事業を実施しており、双方の航空券を販売するなど、関係が深い。

ルフトハンザや全日本空輸(ANA)が加盟する「スターアライアンス」のほか、日本航空が加盟する「ワンワールド」、米デルタ航空が中心となっている「スカイチーム」の三つ。

ミュンヘン空港の第2ターミナルは、ルフトハンザとそのグループ航空会社、ルフトハンザが加盟する航空連合「スターアライアンス」の航空会社が乗り入れる専用ターミナルだ。 ... ルフトハン...

ユナイテッド、ルフトハンザともに、ANAと同じ航空連合「スターアライアンス」に加盟しており、旅客ではすでに共同事業を展開している。

ルフトハンザ、ミュンヘン空港に新ターミナル (2016/4/25 建設・エネルギー・生活)

ルフトハンザとグループ会社、ルフトハンザが加盟する航空連合「スターアライアンス」の航空会社のみが乗り入れる。

ANAは航空連合「スターアライアンス」、ベトナム航空は日本の航空会社が参加していない「スカイチーム」に所属。

南アフリカ航空は日本からの直行便はないものの、加盟する航空連合「スターアライアンス」のネットワークを生かしてアフリカへの旅客需要を取り込む。 ... 日本からの旅客は、スターアライア...

アビアンカ航空は2012年にANAが所属する航空連合「スターアライアンス」に加盟した。

日本にも貨物部門を置き、路線全体の収益の12―15%を貨物からの収入で見込んでいる」 ―同じ航空連合の「スターアライアンス」に加盟する全日本空輸(ANA)とのコードシェアの方向性は。...

ブリュッセル航空はルフトハンザドイツ航空の傘下で、ANAと同じ航空連合「スターアライアンス」に加盟する。

TAM航空は2012年にチリのLAN航空と経営統合するまで、スターアライアンスに加盟。現在、日本路線については同じくスターアライアンスに加盟する全日本空輸(ANA)とコードシェアしている。

ANAは航空連合「スターアライアンス」に加盟。

これにより、ドイツ線は国内分がANA、外国分は同じ航空連合「スターアライアンス」に加盟するルフトハンザ・ドイツ航空に配分された。

しかし、いまの旅客需要を考えると、昼間時間帯に枠が取れれば便数を増やすのではなく、時間帯をシフトすることになるだろう」 【記者の目/旅客取り込み戦略に注目】...

【航空連合に影響】 仮に発着枠の傾斜配分が行われ、ANAに多く配分されると、JALが加盟する航空連合の「ワンワールド」に比べ、ANAが加盟する「スターアライアンス」の枠が多くなる。

航空連合「スターアライアンス」に加盟する航空会社が日本で関係を強化している。... 日本におけるスターアライアンスの競合はこれまで主に日本航空(JAL)をはじめとする航空連合「ワンワールド」に加盟する...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる