162件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

防衛省、ロッキード選定 次世代戦闘機技術協力 (2020/12/21 機械・ロボット・航空機1)

候補はほかに米ボーイングと英BAEシステムズがあったが、ロッキードは「F22」や「F35」の第5世代ステルス機の開発実績があり、3社のうち技術的な成熟度が最も高いとして同社を選定した。 ...

三菱重工業が開発主体となり、エンジンはIHI、最新鋭ステルス戦闘機「F35」を製造する米ロッキード・マーチンが技術支援する構図となる見通し。... 戦闘機事業費5兆円、大きな波及効果 ...

「ファントム」退役へ (2020/11/24 総合2)

同隊は年内に運用を終え、その後三沢基地(青森県三沢市)に移動して最新鋭ステルス戦闘機F35Aを扱う部隊となる。

【ワシントン=時事】米政府は10日、アラブ首長国連邦(UAE)への最新鋭ステルス戦闘機F35の売却を承認し、議会に通知した。

次期戦闘機にはステルス性能に加え、米軍や無人戦闘機との統合運用能力、弾道ミサイルの撃墜など新たな任務が求められる可能性が大きく、重工がこれら要求をどれだけまとめられるかが試される。... F35は敵に...

潜水艦やステルス戦闘機をはじめとする防衛産業は数十万点のパーツから成り立っており、特殊ネジ一つでも供給が滞ると影響を受ける。

垂直離着陸ができる最新ステルス戦闘機「F―35B」の運用を念頭に飛行甲板へ耐熱塗装を施すとともに、艦首形状も三角形から四角形スタイルに改める。... 中国海軍の空母「遼寧」と「山東」は、いずれも固定翼...

次期戦闘機「国産主導」 開発、1社と単独契約へ (2020/8/10 機械・ロボット・航空機2)

ロッキード・マーチンは空自のステルス戦闘機「F35」や、空戦性能で世界最強とされる「F22」開発企業であり、売り込みも熱心だ。

ステルス戦闘機のF35に至っては当初、米国製機体をまるごと購入する方式で、その後、国内組み立て方式に改められたものの、国内企業からは生産技術を維持できないとの危機感が強まっていた。 ...

イージス艦やステルス戦闘機なども中身的には電子装備のかたまりです。

ステルス能力を持つ第5世代戦闘機「J―20」の引き渡しも進んでいる。

河野太郎防衛相は10日の会見で米国務省が最新鋭ステルス戦闘機「F35」計105機の日本への売却を承認したことに関し、「前々から決まっていたこと」と述べ、織り込み済みだとの認識を示した。

F35は最新ステルス戦闘機で日本へは2017年度から配備をスタート。

次期戦闘機の配備開始は2035年で、F35戦闘機がステルス性と同時に地上攻撃能力を重視するのに対し、次世代機はステルス性と並んで空中戦能力を重視する。

次期戦闘機に求められるのは尖閣諸島沖や日本海まで幅広く飛んでいける航続能力、ギリギリまで敵に気づかれないステルス能力、敵より遠方から攻撃できる長距離ミサイル搭載能力だ。... 早期警戒管制機(AWAC...

わが国の潜水艦は静音性やステルス性能で、世界の最高水準にある。

欧エアバス、翼胴一体型機デザイン披露 (2020/2/13 機械・ロボット・航空機1)

米国を中心に1940年代から研究が始まり、米軍のステルス爆撃機「B2」などが誕生した。

産業春秋/横須賀の軍港 (2020/1/28 総合1)

近くステルス戦闘機F35B搭載が可能となるよう改修される予定だ。

ステルス戦闘機F35は通常のA型3機で281億円、垂直着陸のB型6機で793億円を計上。

ロシア製地対空ミサイルS400を調達するなど、ロシアに接近するトルコには最新鋭ステルス戦闘機F35の受け渡しを禁止。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる