電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

東北大、「トポロジカル物質」の特性実証 (2023/10/12 科学技術・大学1)

高いスピン変換効率を示す材料を探すための指標になる。 スピンの流れ(スピン流)を利用したスピントロニクス素子は、半導体エレクトロニクスだけでは難しい低消費電力化などの...

電子をたたき出す直前に光で物質表面にスピン流を生じさせると、その向きが分かる。... 物質から電子をたたき出す直前に、物質表面にスピン流を作る励起光を照射する。... 実験ではトポロジカル絶縁体という...

さらに近年では、スピン欠陥やスピン流などの量子が関係する研究も行われている。... 量子科学技術研究開発機構(QST)では、量子センサーなどに利用できる電子が持つスピンという特性やダイ...

そのためプラチナに電流を流すと電子のスピンが一定方向にそろう。 このスピン流がニッケル鉄合金に注入されると、スピンの流れで磁化が回転する。 ... 強いスピン流を注...

電子の動きが関係する不思議な物理現象としては、例えば電流が流れるときに電気抵抗が生じない超電導や、電流は流れずに電子のその場での回転運動(スピン)だけが伝搬して情報を伝えるスピン流とい...

東京大学の金田真悟大学院生と大矢忍准教授らは、世界最高効率のスピン流電流変換を実現した。... スピン流の阻害を抑えられ、変換効率が3倍になった。... スピン流から電流への変換効率で世界記録を更新し...

SOT―MRAMでは、配線層の電流からスピン角運動量の流れ(スピン流)へと変換される現象(スピン変換)が重要な書き込み技術となる。 ... 発見当初、...

つまり、電子と反対のプラス電荷を持ちスピンは逆向きに回転している。 ... エネルギーの低い陽電子で、物質表面の原子一層にある電子スピンを捉えることができ、スピントロニクス...

京都大学の小野滉貴特定研究員と高橋義朗教授、東京工業大学の西田祐介准教授らは、極低温真空中に光格子でトラップされたイッテルビウム原子を用いて電子の自転の流れであるスピン流を測定する...

量子科学技術でつくる未来(24)超省エネスマホ (2021/11/18 科学技術・大学)

それは、前回のスピントロニクスで紹介した電子のスピンの流れ(スピン流)の性質が関係する。電子のスピンは環境に影響されやすく、ちょっとしたことで秩序を乱すため、スピン流をつくって制御する...

現在の磁気メモリーで、磁性体に使われているコバルト鉄合金はスピン流の生成能力が低く、非磁性体に使われている酸化マグネシウムはスピン流を流しにくいため、情報の書き込みや読み出しの高効率化や低消費電力化が...

そこで注目されるのが、電子が持つスピンという性質だ。スピンは磁性(磁石)のもとであり、スピンの向きがそろった材料は強磁性体と呼ばれ、磁石にくっつく。... 加えて、熱が発生しないスピン...

これによりマンガンの原子核の熱揺らぎによって白金との界面にスピン流を起こす。このスピン流を電圧として検出。... マンガンの核スピンが白金の伝導電子と相互作用し、電子スピンが反転してスピン流が起きる。

電子の回転で磁石のように働くスピンが配列し、全体としてはスピンが打ち消し合っている。ここに電流を流すとスピン流が生じて仮想磁場の向きが反転する。... 反強磁性体はスピンの応答速度がピコ秒(ピ...

スピン流体発電は、液体運動と電子の相互作用によってスピン流が生成される現象。... スピン流は液体運動中の微細な渦の分布に沿って発生すると予測されている。... 一方、層流では渦は管全体に分布するため...

京都大学大学院工学研究科の安藤裕一郎特定准教授と白石誠司教授らは、TDKの小池勇人テーマリーダーと大阪大学大学院基礎工学研究科の鈴木義茂教授らと共同で、電子が持つ磁石の性質の流れ「スピン流」を活用した...

物質中で起こる電気の流れ(電流)、熱の流れ(熱流)、磁気の流れ(スピン流)のうち、電流と熱流、電流とスピン流については互いに変換可能であることがすでに示...

スピンゼーベック熱電変換という熱流を、スピン流を介して電流に変換する材料を開発した。

現在は、熱エネルギーをヘルスケア分野などに応用するためのスピン流熱電変換デバイスの研究開発プロジェクトを支援する。

核スピンの性質を、スピン流を使って電気的に調べられることが分かった。... この核スピン波を通じて作られるスピン流を電圧として検出できた。核スピンが電子スピン同様にスピン流を作れることを示している。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン