電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

395件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.027秒)

農林水産業では、スマート農業やフードテックの推進を示した。

現場での “再現性” カギ 大手電機メーカー2社が独自技術を農業に応用する。... 農業は環境負荷が大きく、他業界の技術を活用する余地がある。... 電機メーカーでは...

さらに、現実世界をデジタル空間に再現するデジタルツイン、人工衛星から送られる正確な地理情報を使った自動運転やスマート農業など、より高度なデジタル技術が実用化されれば人口減少地域の生活向上にも役立つ。

近年は野菜の省力化機械やスマート農業機械、有機農業機械にも注力している。... 大規模農業や畑作は、まだ展開の余地があるものの、中山間地や小規模の農業は厳しい。農業は儲(もう)からない...

水田の雑草をAI検出 ナイルワークス、除草場所ひと目で判断 (2024/4/9 機械・ロボット・航空機1)

農家の除草作業の手間も大幅に削減でき、ドローンを用いたスマート農業の補助手段として拡販する。

ファーモ、農業IoT提供 栃木・高根沢町を実証の場に (2024/4/9 中小・ベンチャー・中小政策)

ファーモと高根沢町はスマート農業推進の連携協定を締結した。... 高根沢町は農業従事者の高齢化や担い手不足対策として2021年度からスマート農業を推進。... 水田の水位をスマートフォンで確認して給水...

成長が見込める海外の強化拡大に加え、スマート農業や大規模農業、環境保全農業などの次世代商品開発を進め、株主・投資家の理解につなげたい考えだ。

井関農機、奈良・宇陀市と協定 (2024/3/11 機械・ロボット・航空機2)

井関農機は奈良県宇陀市と、環境と調和した農業の産地作りに関する連携協定を結んだ。水田の抑草ロボットなどを活用した水稲の有機農業の技術を井関農機が提供し、同技術の確立と普及を目指すほか、農業生産を通じた...

スマート農業も支援し、魅力ある農業を創出する」 ―カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を宣言しました。

具体的には大規模化・スマート化に加え環境保全型農業の取り組みにより、農業を強靱(きょうじん)化することである。 就業人口減少への対応として、ロボット農機などスマート農...

ヤンマHD、ウォーターセルに出資 農業機械システム開発 (2024/2/26 機械・ロボット・航空機)

今後、両社で農業機械関連システムの共同開発などに取り組む。農業従事者の減少が深刻化する中、スマート農業関連の情報通信技術(ICT)による経営状況の可視化と農業の効率化を加速させる。&#...

井関農機は21日、農業ITベンチャー企業のウォーターセル(新潟市中央区)と資本業務提携したと発表した。... 資本業務提携することで関係をさらに深化させ、アグリノートの情報プラットフォ...

グリーンインフラ産業展2024/紙上プレビュー(4) (2024/2/19 素材・建設・環境・エネルギー)

建物の緑彩技術である外構緑化システム、里山地域の環境保全、スマート農業、「ParkPFI」に貢献する技術に加え、二酸化炭素(CO2)削減や生物多様性に貢献する大型海藻類増殖技術を展示し...

クボタがCESに初出展 未来の農業、データ活用 (2024/2/7 機械・ロボット・航空機2)

農業従事者の世界的な減少から、農業と技術を組み合わせたスマート農業が注目される。... クボタはCESで、自社が描くスマート農業に向けたコンセプト機を出展した。... そんな未来の農業のあり方をCES...

熱流センサーの高速応答性は、省エネだけではなく、先端医療、スマート農業、故障予知などへ幅広い活用が可能だ。

ナイルワークス、葉物野菜の収穫日予測 年内にサービス開始 (2024/1/29 機械・ロボット・航空機2)

ドローン・AI活用、農家の収益高める ナイルワークス(東京都千代田区、小嶋康弘社長)は2024年内に、葉物野菜を対象にしたスマート農業飛行ロボット(ドローン&...

展望2024/NTT東日本社長・渋谷直樹氏 中小向けIT一括提案 (2024/1/23 電機・電子部品・情報・通信1)

約5年かけて育ててきたeスポーツのほか、次世代農業などIoT(モノのインターネット)を活用したリモートセンシング事業をどこまで成長させられるかもカギとなる」 ―光回線...

デジタル技術を活用した「スマート農業」の普及や、生産者から物流業者、消費者までをつなぐ流通基盤の構築を進め、食農分野の担い手不足や産地偽装など社会課題の解決につなげる。 ... 東海...

水やりや施肥を人工知能(AI)やITで制御するスマート農業やスマートグリッドには、東京農工大に加え電通大の技術も活用。... 畜産を絡めた大都市近郊型の資源循環農業も手がける。... ...

自営で農業をしている基幹的農業従事者は長年減り続け、2023年で116万人。... 農林水産省はロボット、人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)を活用したスマ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン