52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

食品生産ライン開発・提案 なんつねは、食肉スライサーの国内トップメーカー。... 一方で南社長は「顧客はスライサーではなく、スライスした肉が売れる状態を提供する商品が欲しい。

顧客の収益力向上を支援 食肉スライサー国内シェアトップの、なんつね(大阪府藤井寺市、南常之社長、072・939・1500)は、2019年9月に外食事業に参入した。

食品スライサーの開発では、材料の廃棄を最小限に抑え、水洗いしやすい設計を心がける。... 大手電機メーカーと共同開発したIoT(モノのインターネット)対応スライサーを年内にも発売する予定だ。 ...

マルカ、協力メーカー支援 機械・部品サービス指導 (2020/1/23 機械・ロボット・航空機1)

マルカは食パンのスライサーなどに強みを持つミヤザワ(長野県南箕輪村)を19年に子会社化した。

マルカは、ミヤザワの展開するスライサーやハーフカット機について食品機械事業を加速する大きなツールと捉えている。

ミヤザワはサンドイッチ用のパンを切るスライサーや、スライサーで大きさを整えたパンを超音波カッターで挟んだ具ごとカットするハーフカット機などに強みを持つ。

大林組など、床版取替で新切断工法 交通規制期間35%短縮 (2019/8/9 建設・生活・環境・エネルギー)

大林組、横河ブリッジ(千葉県船橋市)、コンクリートコーリング(大阪市都島区)は8日、鋼橋の床版取替工事で梁接合部などで断面が大きい「ハンチ部」の乾式水平切断工法「サブマリンスライサー=写真」を共同開発...

なんつね、精肉店にFC提案 外食・通販・宅配をサポート (2019/7/29 建設・生活・環境・エネルギー)

同社は食肉スライサーの国内トップメーカーだが、自社製品の顧客である精肉店の収益力向上支援につなげるのが狙い。

東京食品機械、独製スライサー来月投入 生産コストを低減 (2019/6/24 機械・ロボット・航空機2)

東京食品機械(東京都中央区、秦哲志社長、03・3663・4006)は、独ムルチバック製のスライサー「ムルチバック スライサーS800=写真」を7月1日に発売する。

(096・273・3001) 【エムラ九州/大型スライサー、葉物野菜向け】 エムラ九州(熊本市南区)は「大型機でも使いやすい」をコンセプトにした大型スライサー「EC...

例えば、食肉の形状を認識し、廃棄ロスが少ないように切って、二つに折り曲げて出てくる日本キャリア工業(松山市)の「スライサー」。

平野製作所(東京都江戸川区、平野雅久社長、03・3672・6711)は、スライサーやカッターなどの食品機械に人工知能(AI)を活用する。

かき氷機「Hatsuyuki=写真」、野菜スライサー、IH調理器、スムージーマシン、フローズンマシンを提案。

ミヤザワ、食品機械加工の新棟稼働 長野・伊那で (2018/5/16 中小企業・地域経済1)

出荷が好調なサンドイッチ向けパンの自動スライサーや、充填機に材料を投入するためのボウル反転機、ボウル洗浄機、各種自動検査機などの増産に努める考え。

食品機械の機工部品であるシュートやホッパー、ガイドなどにWPC処理を施すことで粉体材料の付着や目詰まり、スライサーへの食肉などの張り付きを抑制できる。

三和化工、ベトナムに合弁 PE発泡体中心に生産 (2018/3/27 素材・ヘルスケア・環境)

工場設備として、プレス機や押出成形機、スライサーなどを導入する。

ミキサーやオーブン、スライサーなどさまざまな製造機械が活躍する現場だが手作業を基本とする場面もある。

魚介から根菜まで食品の硬さや形状に合わせたスライサーなど加工機械を展開する。 ... 約10年前に開発した魚介類用の切り身定貫スライサーはロングセラー。

山陽パッケージ、埼玉工場に新棟 段ボール生産倍増 (2017/7/11 中小企業・地域経済2)

段ボールを成形して箱にする自動製函(かん)機や、工場間通い箱の合成樹脂用スライサーなどを導入する。

(03・3805・7955) 【エムラ九州/食材スライサーの上位機種を出展】 エムラ九州(熊本市南区)はエムラグループの九州の拠点として、カット...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる