電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

断層がゆっくり滑るスロー地震の発生域から海底面までつながる流体経路を発見した。地殻深部の流体分布と地震の関連の解明につながり、巨大地震の発生機構の理解に役立つ。 ... この破砕帯は...

また、温度上昇に従ってプレート境界断層での地震が発生しやすくなっていくことが分かった。南海トラフ巨大地震の発生プロセス解明、地震発生時の震度分布や津波の想定高さのより正確な推定につながる。 &...

透水性に優れたタービダイトと呼ばれる堆積物がプレート境界断層の間隙(かんげき)水圧を低下させ、スロー地震活動を抑制する可能性が高い。断層の間隙水圧を調査することで巨大地震に影響するスロ...

地震発生のリスクを検討する上で重要なのは、プレート境界での巨大地震の発生メカニズムの解明である。... また、スロー地震と呼ばれるゆっくりとした地震も発生している。 ... つまり、...

この流体活動は、沈み込み帯で観測される微小なスロー地震の継続時間や震源移動速度と類似しており、沈み込み帯での地震活動と上盤への流体活動に関連があることが示唆された。プレート境界地震のメカニズム解明につ...

2011年の東北地方太平洋沖地震がM9まで巨大化した要因として、断層がきわめてゆっくり動く「スロー地震」の関与が指摘されている。 そこで、日向灘の海底地震計による浅部スロー地震の観測...

地震学の分野で断層がゆっくり滑るスロー地震を発見した東京大学教授の小原一成氏らが紫綬褒章を受章する。

約20年前に防災科学技術研究所で高感度地震観測網Hi―netの整備を担当する中で深部低周波微動を世界で初めて発見し、それを端緒にさまざまなスロー地震の発見やスロー地震学という新たな研究分野の創成につな...

スロー地震の起こり方は巨大地震と似ている。... そのため、スロー地震の継続観測が重要となる。 ... 巨大地震と同じプレートで起こり、巨大地震に影響を及ぼすと分かってきた...

断層がゆっくり動くスロー地震を世界で初めて発見した。 研究が進むに従い、その不安は「スロー地震の解明は巨大地震理解の大きなヒントになる」と可能性への期待に変わった。 ...

境界で上下のプレートが密着した「固着域」の浅い部分の外側で、プレート境界面が数カ月から1年程度かけ変動する「ゆっくりすべり(スロー地震)」が起きていたと推定した。... 強い固着域の周...

研究グループは微弱な振動や周波数の低い地震、長期間かけた断層の滑りの3種類のスロー地震のほか、スロー地震の目印となる地震を検出した。スロー地震の分布により、日本海溝が南北3地域に分割できた。北部と南部...

マントルどころか地震が起きる深さにも届かない。 ... 【余滴/今も“わくわく”】 小原所長の「深部低周波微動」の発見が米科学誌サイエンスに掲載された後、...

スロー地震は通常の地震と異なり断層がゆっくりと動く現象。... スロー地震は最近メカニズムが明らかになってきた。だが、深い場所と浅い場所で起きるスロー地震の違いなどは分かっていなかった。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン