1,234件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

(大阪・大川藍) ハカルス(京都市中京区)は工場の異常検知や医療診断支援への応用が期待される人工知能(AI)開発を手がけるベンチャー企業。... 産業用ロボットのソフトウエア開発を手...

同社がハード面の性能向上と併せて力を注いでいるのがソフトウエア開発だ。... こうした現場の状況を踏まえてコンピューター数値制御(CNC)研削盤向けCAMソフトウエア「MAP研削ソフト」を開発した。同...

【現場に導入】 ソフトウエア開発のシステムフレンドは2011年、非接触センサー活用による装置開発をスタート。13年には広島県の補助金を活用し、リハビリにおける片麻痺(まひ)機能テスト...

車両の技術面や安全性評価、自動運転に関連するソフトウエア開発を担う人材の育成推進を軸としていた既存WGに対し、道路環境に応じた対応策やコスト負担、維持管理など自動運転サービスが普及する際の事業性に焦点...

シーシーエス、独バスラーと画像検査システム向け照明を開発 (2020/10/13 機械・ロボット・航空機2)

工数・費用を大幅削減 【京都】シーシーエスは画像検査用カメラ最大手の独バスラーと共同で、生産ラインなどでの画像検査システム構築時の工数と費用を大幅削減する検査用照明「バスラーカメララ...

グローブハートはソフトウエア開発のバイタリフィ(東京都渋谷区)の顔感情認識AIをベースに同社とシステムを共同で開発した。

8月に傘下のサンテクト(名古屋市中区)を通じて、ソフトウエア開発のエムジエク(同)を買収したことでITの知見も活用する。

新型コロナ/ブイキューブ、人員4割増 ビデオ会議ツール拡販 (2020/10/8 電機・電子部品・情報・通信2)

同社は国産のビデオ会議ツールを開発販売してきた。... こうしたベンチャーに開発環境としてソフトウエア開発キット(SDK)を提供し、一部出資もしている。今後はサービスと融合したビデオ会議システムが業界...

双日は1日、技術開発ベンチャーのXTIA(クティア、東京都品川区)に追加出資したと発表した。... 同社はノーベル賞受賞技術の光コムの原理を応用し、非接触式3次元形状測定器を開発したベンチャー。...

国産メーカーの事業終了による海外製品への代替対応や、それに伴うソフトウエア開発、操作性の向上を提案する。 ... KESは20年以上、液晶モジュールを活用したシステムを開発してきた実...

豊田通商は、車載ソフトウエア開発のサポートツールを提供するイスラエルのオーロラ・ラボス(オーロラ)に出資した。... 今後、普及が見込まれるコネクテッドカー(つながる車)は、販売後の機能追加によって制...

富士通、車載ソフト基盤 設計部門を横断 (2020/9/30 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通は29日、自動車に搭載するソフトウエア開発の革新に向けて、各設計部門のコラボレーション(協働)開発を支援する車載ソフト開発基盤「デザイン・コラボレーター」を10月1日に発売す...

企業信用情報/25日・28日 (2020/9/29 総合2)

【数字の見方】 (1)業種(2)所在地(3)資本金(4)代表者(5)負債額(6)事由 【25日】 ◎キャンバス (1)不動産管理(2)高知市(3)...

東芝エネ、分散電源制御で米社協業 (2020/9/24 電機・電子部品・情報・通信1)

東芝エネルギーシステムズ(川崎市幸区、畠沢守社長、044・331・0625)は23日、分散電源向け制御ソフトウエア開発の米パイス・エナジー・ソリューションズ(カリフォルニア州)、三井物産と技術・販売提...

新たなユーザーインターフェースを実現し、操作やソフトウエア開発の自由度向上につなげる。... ICや基板も独自開発した。... また、開発した指紋センサー兼タッチパネルは複数の指の指紋を同時に検出する...

TIS、成功例ひな型に ローコード開発導入支援 (2020/9/15 電機・電子部品・情報・通信1)

ローコード開発は、ソフトウエア開発を高速化するために最小限のソースコードで開発する手法。ローコード開発基盤は、コードを書かずにプログラミング可能な画像操作環境(GUI)開発、アプリケーションを実際の運...

ベンチャー企業の持つ有望な技術を取り込み、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)など新事業の開発力を高める狙い。 自動運転ソフトウエア開発会社のトヨタ・リサーチ・イ...

2021年1月、持ち株会社「ウーブン・プラネット・ホールディングス(HD)」を新設し、傘下に自動運転技術などの先端ソフトウエア開発を担う子会社やコネクテッド・シティー事業会社を置く。... 新体制への...

独自の教育プログラムを開発。... 技術開発本部が教育プログラムを開発し、まずは4人程度を1―2年かけて育成する。機械系で入社した技術者を一律に電気系に転換させるのではなく、各カンパニーの事業戦略に応...

最近ではソフトウエア開発のエムジエク(同)を買収したばかり。... IoT(モノのインターネット)ソリューションを開発している。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる