983件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

デル・テクノロジーズが共創の場 顧客支援、最新設備を用意 (2022/1/20 電機・電子部品・情報・通信2)

ショーケースはDXのほか、「エッジ/第5世代通信(5G)」「ワーク・フロム・エニウエア」「ソーシャル・インパクト(サステナビリティー)」をテーマ設定した。&#...

【ビジネス未開】仮想空間で商売 収益モデル模索段階 メタバースを利用者視点で分けると「仮想空間上でアバターを介して意思疎通する『ソーシャルVR』、VR対応の『3Dゲ...

この事業は地域ファンド「東近江三方よし基金」が企画し、資金調達にソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)と呼ぶ金融手法を活用した。

【山口】山口フィナンシャルグループ(FG)とドリームインキュベータは18日、社会課題の解決に利用するソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の活用で包括連携協定を結んだ...

富士通、人と社会丸ごと分析 デジタル技術・人文社会科学融合 (2021/10/13 電機・電子部品・情報・通信1)

加えて「人と社会を丸ごと分析し、シミュレーションや予測を行う『ソーシャル・デジタルツイン』にも力を注ぐ」(マハジャン専務)。

京阪園芸、リニューアルオープン コロナ禍の園芸需要に対応 (2021/10/8 建設・生活・環境・エネルギー)

同社の村上浩一常務は「コロナ禍で人々の価値観が変化する中、緑や花を提案することで人々の心を豊かにする『ソーシャル・イノベーション』にも取り組みたい」と話した。

ブルームバーグ・インテリジェンスの北浦岳志アナリストは、新型コロナの感染拡大により、人々がソーシャル・ディスタンスを保つよう各国政府がさまざまな措置を講じたことが、結果として工場のFA化需要につながっ...

また、JRTTのサスティナビリティーボンドは、資金の使途が環境改善効果のあるグリーン性と、社会的課題の解決につながるソーシャル性の双方を持つ債権。

当該債券がグリーン(環境)、ソーシャル(社会)、サステナビリティーの性質を持ち合わせているかを評価することで、SDGs債の判定を定量・精緻化しながら投資対象の範囲拡大を...

例えば、口座開設時にトレーディングカードを選択する形式で株式を付与したり、株式購入時に紙吹雪が舞ったり、といったゲーム性を取り入れているロビンフッドや、資産運用に成功しているような他の投資家の運用内容...

マーケティングでは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の発達によって、個人が自ら作品を発信し、ファンを獲得できるようになった。

我々ソーシャルICTシステム研究室は、このブロックチェーン技術を地域コミュニティーにおける活動履歴の管理に応用する研究開発を進めている。... (火曜日に掲載) ◇総...

京都信用金庫(京都市下京区、榊田隆之理事長)と龍谷大学などが設立したソーシャル企業認証機構(京都市伏見区)は12日、社会課題の解決に取り組む企業に対する「ソーシャル企業...

社会課題限定ではソーシャルボンドがあり、サステナビリティーボンドはグリーンとソーシャルの二刀流です。

「企画室、グローバル環境室、グローバルソーシャル事業室からなり、総勢は30人弱。

「循環創造企業へ」と目指す姿を掲げ、事業ドメインをE(環境循環)、S(ソーシャル&コミュニティー)、G(ビジネス&ガバナンス)で切り分け...

ソーシャル企業認証 社会に役立つ事業に資金 仏教系の大学である龍谷大学が、「仏教SDGs」という独自の視点で国連の持続可能な開発目標(SDGs)に取り組んでい...

ドコモ、ニューズピックスと法人向けメディアサービスで協業 (2021/2/12 電機・電子部品・情報・通信)

ソーシャル経済メディア「NewsPicks(ニューズピックス)」のコンテンツに加え、ビジネスの潮流やデジタル変革(DX)、生活様式などに関する独自情報を展開。

日本格付研究所(JCR)は、ソーラーシステムハウスを環境改善効果や社会的な便益があるプロジェクトとして、グリーン、ソーシャルとも最上位の評価をした。

(火曜日に掲載) ◇総合テストベッド研究開発推進センター・ソーシャルICTシステム研究室主任研究員 中内清秀 03年東京大学大学院工学系研究...

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる