360件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

もう一つの課題は、労務費が上昇している新興国工場での自動化です。タイの工場では手作業の無駄を改善した上で、段ボールでつくった等身大の設備モデルの上に手づくりの自動化ユニットを組み込んで、自動化改造の前...

トヨタ自動車が、執行役員を務めていた沢良宏氏(62)をタイ開発子会社「トヨタダイハツエンジニアリングアンドマニュファクチャリング」の社長に充てたことが9日までに分かった。 ... 沢...

THIS WEEK (2019/12/30 総合2)

30日(月)仏滅 ■政治・経済 ▽12月の為替介入実績(財務省) ▽二階自民党幹事長が沖縄訪問 ■産業・企業...

「タイやインドネシア、北米が主力市場で開発や生産の拡充に取り組む。... 25年度までにタイ・インドネシアはインドなど周辺国も含めたアジアというくくりで8割、北米は7割、中国は9割ほどまで高めたい。....

ASEAN開拓の足がかり 東南アジア諸国連合(ASEAN)主要国のタイは、今後5―10年で大きな成長が見込める地域だ。... それもあり、米中貿易摩擦による関税の影響を回避しようと多...

設計が分かる人材が必要なため、教育制度を作り意識的に人を育てている」 ―トヨタ自動車と調達の協業は進んでいますか。 ... 開発段階から調達が関わりサプライヤーの力...

タイではピックアップトラックの人気が高い。... 特に日本メーカーのピックアップトラックは人気で、トヨタ自動車の「ハイラックス」、三菱自動車の「トライトン」、マツダの「BT―50」、日産自動車の「ナバ...

中韓以外にも、競技で使う材料が地元製品であることから開催国のロシアも有力との見方もある。 ... 公文未歩選手(トヨタ自動車)は「自分が納得できる出来具合ではないが、できるだけのこと...

環境省、JCM設備補助事業でトヨタなど4件採択 (2019/8/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は、日本の技術で海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する「二国間クレジット制度(JCM)」の設備補助事業にトヨタ自動車の事業など4件を採択した。 トヨタはタイ工場に出力3万...

タイ国内への出荷のほか周辺国への輸出も視野に入れる。... タイやインドネシアなど東南アジア主要6カ国の自動車市場は350万台規模。... トヨタ自動車やホンダも電動車生産に意欲を示す。 &#...

バンコク日本人商工会議所の菅田道信会頭(タイ国トヨタ自動車社長)は、「商工会議所としてもタイ加盟の利益は大きいと考えている」と話す。... TPPの多国間ルールで原産地規則が適用されるため、日本からタ...

トヨタ自動車はインドネシア市場で小型多目的車(MPV)「アバンザ」の新モデルを19年に投入する。... 同拠点で輸出も増やしていく意向で、タイのバーツをメーンの支払い通貨とする同社は「インドネシアから...

メーカー別の販売台数は、首位がトヨタ自動車で1万7811台(シェア19・6%)、次いでマツダが8172台(9・0%)、韓国の現代自動車が7432台(8・2%)、三菱自動車が6217台(6・9%)、米フ...

トヨタ自動車はタイなどでの販売が好調なことに加え、原価改善も進んで同地域の営業利益が同38・3%増の1422億円と大幅に伸びた。 ... 足元ではリラが急落した「トルコショック」の影...

環境省、二国間クレジット制度 17件採択 (2018/6/27 素材・ヘルスケア・環境)

環境省は、日本の技術で海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する事業を支援する「二国間クレジット制度(JCM)」の設備補助事業に17件を採択した。シャープエネルギーソリューション(大阪府八尾市)はモ...

国内や中国、新興国市場がけん引役となり、全体を押し上げた。 ... トヨタ自動車はセダン「カムリ」など新型車の生産が増えた。... スズキは、インドやタイで生産が伸びた。 &...

タイは日本にとって東南アジア最大の貿易相手国。... トヨタ自動車はタイにグループ全体で四つの車両工場を構え、約76万台の年産能力を持つ。... それだけに両社とも「タイは輸入国として重要な存在」とい...

【重電/新興国で設備投資好調】 中国を中心とするアジアの新興国で製造業の設備投資が活発化しており、モーターなどの伸びが期待きる。... 海外では懸案だったタイやインドネシアといった東...

同地域ではフィリピンとタイに加え、インドネシアでも17年4月に新工場を本格稼働。... トヨタ自動車など大手メーカーと比べて事業規模の小さい三菱自が勝ち抜く上で「当社単独での対応には限界がある」。.....

トヨタ自動車はタイ・バンコク市で、12月に超小型電気自動車(EV)のカーシェアリングサービス「Ha:mo(ハーモ)」を始める。... 新興国の大都市での渋滞や大気汚染などを解決するモデルケースとして取...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる