17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

GaN HEMT上に高放熱ダイヤモンド膜を形成するには、まずGaN HEMTの表面全体に直径数ナノメートル(ナノは10億分の1)程度の微小なナノダイヤモンド粒子を配置する。その後、このナノダイヤモンド...

【横浜】新日産ダイヤモンド工業(横浜市金沢区、鈴木幸三郎社長、045・771・3455)は、ダイヤモンド粒子を含む研磨シート「ポリモンド」の、長時間使えるチタン合金用を開発した。... セラミックスの...

走査電子顕微鏡に導入すれば、異物検査や粒子測定といった解析作業を自動化できる。例えば集じん機のフィルター上にあるアスベスト(石綿)や、混合粒子中のダイヤモンド粒子の検出などに有用という。 &#...

三菱マテ、汎用インサート追加 アルミ合金仕上げ対応 (2018/3/5 機械・ロボット・航空機2)

三菱マテリアルは、アルミニウム合金の仕上げ正面削りカッター「FMAX=写真」用の汎用インサートで、ダイヤモンド焼結体材種「MD220」2アイテムを追加、発売した。... MD220には中粒のダイヤモン...

平らな把持面にダイヤモンド粒子の滑り止めをコーティングし、「柔らかく壊れやすい『真珠腫』と呼ぶ中耳炎でもしっかりとつかめる」(小池直樹取締役執行役員)という。 山形大学の欠畑誠治教授...

【福井】日華化学は7日、微細ダイヤモンド粒子を塗布した透過型スクリーン(写真)を開発し、販売を始めたと発表した。... 同製品は4ナノ―6ナノメートル(ナノは10億分の1)の微細ダ...

ダイヤモンド粒子を採用し、切削と研削の特性で高精度加工を実現。

電着ダイヤモンドワイヤは、ダイヤモンド砥粒(とりゅう)をピアノ線に電着で固着する「固定砥粒式」が主流になりつつある。... 【粒子均一分散】 電着ダイヤモンドワイヤの性能や寿命を延ば...

ダイセルは、粒子径4ナノ―6ナノメートル(ナノは10億分の1)の「ナノダイヤモンド」のサンプル出荷を、2014年に始めた。... その後、ナノダイヤモンドの周囲に付いたグラファイトを酸化処理で落とし、...

また、ナノ(ナノは10億分の1)オーダーのダイヤモンド粒子を結合材なしで直接結合した多結晶ダイヤ『スミダイヤバインダレス』を用い、ボールエンドミルを開発した。

砥石(といし)に混ぜた微細なダイヤモンド粒子が、表面の摩擦を抑える。... ブロンズ基材と平均粒径7・5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のダイヤモンド砥粒で構成される砥石に、平均粒径5・2...

三菱マテリアルとノリタケが、半導体ウエハー研磨用CMP(化学機械研磨)コンディショナーのダイヤモンド粒子固定用メッキに採用する。... 従来のニッケルメッキはCMPに使う過酸化水素による腐食で、ダイヤ...

流体に低周波電界を与えると、流体内のダイヤモンド粒子が周波数に応答して、活発に挙動する現象を見いだすことに成功。

工具の形状や、強度を増すために表面に付着させるダイヤモンド粒子の大きさや種類を素材によって変え、常に最適な加工が行えるよう工夫した。

独自開発したダイヤモンドワイヤソーを使って、太陽電池の材料となるシリコンのスライス加工事業を行う計画だ。 ダイヤモンドワイヤソーは、ダイヤモンド粒子をロウ付けしたワイヤソーを使う固定砥粒(とり...

加工には同社が独自開発したダイヤモンドワイヤソーを使用し、低コスト化を図る。... スライス加工に使うワイヤソーには、同社の独自手法でダイヤモンド粒子を固定。... 同社は超硬合金やダイヤモンドの加工...

作製には粒径100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のダイヤモンド粒子を厚さ約20マイクロメートルの銅で被覆した銅被覆ダイヤモンド粒子を用いた。高温でダイヤモンド表面が炭化などで劣化すると熱...

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる