57件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

砥粒(とりゅう)に、脆性材加工に合った粒子が均一なダイヤモンドパウダーを採用。

GaN HEMT上に高放熱ダイヤモンド膜を形成するには、まずGaN HEMTの表面全体に直径数ナノメートル(ナノは10億分の1)程度の微小なナノダイヤモンド粒子を配置する。その後、このナノダイヤモンド...

ダイヤモンドなどの硬い微粒子を高濃度に分散させる技術を強みに、他社の参入が難しい仕上げ研磨などを狙う。... カーリットHDはダイヤモンドや窒化ケイ素などの硬い粒子を20―40%の高濃度で液体中に分散...

微細な粒子状の物質「ナノダイヤモンド」は、量子センサーとして使われる。... ダイヤモンド表面の電荷が外部のpHによって変化するような処理をし、さらに光の照射で生じるナノダイヤモンドの蛍光の変化でpH...

【横浜】新日産ダイヤモンド工業(横浜市金沢区、鈴木幸三郎社長、045・771・3455)は、ダイヤモンド粒子を含む研磨シート「ポリモンド」の、長時間使えるチタン合金用を開発した。... セラミックスの...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(中) (2018/11/21 機械・航空機 2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽早稲田大学創造理工学部/准教授梅津信二郎「表面カラーマーカーを利用した透明薄膜加工技術の開発」▽大阪大学接合科学研究所接合機構部門複合化機構学分野/准教授...

セラミックスは微細粒子を焼結したものであるが、その仕上げ面は粒子の内部を切削できるか、粒界で粒子を脱落させて切削するかによって異なる。... 図3はこのように板厚方向に異なる材料を切削するために開発さ...

走査電子顕微鏡に導入すれば、異物検査や粒子測定といった解析作業を自動化できる。例えば集じん機のフィルター上にあるアスベスト(石綿)や、混合粒子中のダイヤモンド粒子の検出などに有用という。 &#...

工作機械技術表彰・助成決まる 振興財団 (2018/6/5 機械・ロボット・航空機2)

(敬称略) 【論文賞】▽「チタン合金加工における油滴挙動に着目した高潤滑水溶性切削油剤の開発」杉原達哉(大阪大学大学院)、藤原航太(同)、榎本俊之(同)、山本修太郎(ネオス)、山本敬...

三菱マテ、汎用インサート追加 アルミ合金仕上げ対応 (2018/3/5 機械・ロボット・航空機2)

三菱マテリアルは、アルミニウム合金の仕上げ正面削りカッター「FMAX=写真」用の汎用インサートで、ダイヤモンド焼結体材種「MD220」2アイテムを追加、発売した。... MD220には中粒のダイヤモン...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(上) (2017/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【重点研究開発助成A グループ研究(塑性加工)】▽首都大学東京楊明教授、日本大学高橋進教授、職業能力開発総合大学校村上智広准教授「デジタルプレス加工のプロセス見える化・知能化技術開発」 ...

平らな把持面にダイヤモンド粒子の滑り止めをコーティングし、「柔らかく壊れやすい『真珠腫』と呼ぶ中耳炎でもしっかりとつかめる」(小池直樹取締役執行役員)という。 山形大学の欠畑誠治教授...

【福井】日華化学は7日、微細ダイヤモンド粒子を塗布した透過型スクリーン(写真)を開発し、販売を始めたと発表した。... 同製品は4ナノ―6ナノメートル(ナノは10億分の1)の微細ダ...

【重点研究開発助成Aグループ研究(塑性加工)】▽「生体吸収性マグネシウム素形管材の革新的レーザダイレスフォーミング法の開発」東京大学生産技術研究所古島剛准教授ら 【重点研究開発助成B課題研究(...

ダイヤモンド粒子を採用し、切削と研削の特性で高精度加工を実現。

電着ダイヤモンドワイヤは、ダイヤモンド砥粒(とりゅう)をピアノ線に電着で固着する「固定砥粒式」が主流になりつつある。... 【粒子均一分散】 電着ダイヤモンドワイヤの性能や寿命を延ば...

これに対して絶縁性で柔らかいシリコーンゴム樹脂に、熱伝導率の高い無機粒子を充填材のフィラーとして混合した材料などが、機器の熱制御デバイスに活用される。... セラミックスやダイヤモンドなど多様なフィラ...

ダイセルは、粒子径4ナノ―6ナノメートル(ナノは10億分の1)の「ナノダイヤモンド」のサンプル出荷を、2014年に始めた。... その後、ナノダイヤモンドの周囲に付いたグラファイトを酸化処理で落とし、...

光の粒子性と確率性を使い、素早く正確な判断をする。... ダイヤモンド中の窒素欠陥(NV)を単一光子源とし、偏光制御装置、単一光子検出器などを用いたシステムを作製した。... これを、単一の光子が持つ...

横浜国立大学大学院工学研究院の小坂英男教授と新倉菜恵子研究員は、光の基本単位となる粒子(光子)の発光と吸収だけで、量子通信や量子計算に利用する「量子テレポーテーション」を実現する新原理を実証した。.....

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる