電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

イーディーピー、大型ダイヤ基板開発へ 設備導入に1億1000万円 (2023/9/26 電機・電子部品・情報・通信2)

基板の製造工程でダイヤモンド結晶を切断する際の効率向上や切り代の低減が狙い。... 同社は人工ダイヤモンド宝石製作用の種結晶の製造・販売が主力だが、半導体デバイス向けの開発にも力を注ぐ。 &#...

前回の連載で紹介されたように、炭素原子でできたダイヤモンド結晶格子内の窒素空孔中心(NVセンター)を使って、温度、電場、磁場の量子計測が可能である。... ダイヤモンドをナノ粒子にすれ...

窒素ガスの混入を抑えながらダイヤモンド結晶の成長を促す独自技術により、大口径で高純度なダイヤモンド結晶の生成を可能にした。... ダイヤモンド結晶の成長過程に必要な窒素ガスの代替として使える特殊ガスを...

ダイヤモンド結晶の反転対称性をなくすことで得られる非線形光学効果を利用する。この格子欠陥ダイヤモンドによる温度センサー感度は、高純度ダイヤモンドを使う場合の3倍以上高かった。... ダイヤモンド結晶中...

また、量子特性向上の基盤技術であるダイヤモンド結晶の純化では、15年に不純物が1ppb(ppbは10億分の1)を下回る世界最高純度を達成した。 ... このプロジェク...

アセトンにポリスチレンを溶解し、水酸化カリウム(KOH)水溶液にゼラチンなどを溶かすことにより、天然ダイヤモンドやダイヤモンド焼結体(PCD)の上でダイヤモンドが成長す...

ダイヤモンドはマイクロ波プラズマを用いた気相成長法により、水素およびメタンを原料ガスとして人工的に結晶成長できる。... 実用化に向けて、ダイヤモンド結晶の高品質化とともに、感度などの機能の向上と高集...

【佐賀】佐賀大学は独自の動作原理によるダイヤモンド半導体パワーデバイスの作製に成功した。... サファイア上に人工ダイヤモンド結晶を成長させて高純度で1インチのダイヤモンドウエハーを作製した。... ...

第44回発明大賞、本賞にライフ (2019/3/7 編集特集)

(ライフ=埼玉県越谷市、048・990・8201) 【発明大賞 東京都知事賞】 中赤外顕微鏡用高機能ダイヤモンドATR対物鏡=...

例えば、cBN(立方晶窒化ホウ素)工具などは人工的に作られたダイヤモンド結晶構造の材料で、メカ的な加工(砥石)ではチッピングや亀裂のリスクがあり、寸法精度を出すことが難...

東北大学電気通信研究所の枝松圭一教授、阿部尚文研究員らの研究グループは、静的にも動的にも真にランダムな偏光状態にある単一光子を、ダイヤモンドによって発生させることに成功した。... 結晶面を工夫したダ...

ダイヤモンドの結晶欠陥が持つ特殊な性質を利用し、高温といった厳しい環境でもきちんと機能するという。... ハーバード大工学・応用科学大学院のマルコ・ロンカー教授(電気工学)らは、このう...

さらに工具摩耗についてはCVD(化学蒸着)ダイヤモンドコーティングにより耐摩耗性を向上させている。なおコーティング膜の厚膜化は切れ刃のシャープさを損ない切削抵抗の増加につながるため、下...

人工的に作られたダイヤモンド結晶構造材料を素材とするcBN工具は、熱化学的な安定性でダイヤモンドより優れる。炭素の代わりにホウ素や窒素から成るダイヤモンド結晶構造材料を使用したもので、Cubic...

単結晶ダイヤモンドも種結晶上にガスから成長させて作ることができる。しかし、通常その単結晶ダイヤモンドは種結晶と一体化してしまう。 ... また、この分離技術を利用して、複数の単結晶ダ...

多結晶CBNはダイヤモンドに次ぐ硬さを持つ超硬材料で、熱的・化学的安定性ではダイヤモンドを上回り、研磨剤として広く使われている。... 合成ダイヤモンド結晶でも粒径は10―30ナノメートル程度だった。...

ダイヤモンドと超電導の量子ビットを組み合わせたハイブリッドの量子状態を作り、その「量子もつれ」振動を世界で初めて制御した。... 共同チームは超電導量子ビットと、天然の量子ビットであるダイヤモンド結晶...

高品質な薄膜を作り、半導体材料として実用レベルのダイヤモンド結晶の作製に成功した。... ダイヤモンドは物質で熱伝導度が最も高く、材料自体に放熱材の性質を持つ。... ダイヤモンドLEDは小型・長寿命...

【京都】プラズマイオンアシスト(京都市南区、鈴木泰雄社長、075・693・8125)は、従来のダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)に比べ2倍となる高硬度のコーティン...

3次元の周期構造を持つ結晶を作製することは難しいと言われる。... 光の閉じこめ効果がある通常のダイヤモンド結晶構造と違い、周期性はない。... 研究チームではこの構造を「フォトニック・アモルファス・...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン