1,979件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

単層カーボンナノチューブにルテニウムを担持する。... 単層カーボンナノチューブにセシウムを介してルテニウムの微粒子を固定した。... 単層カーボンナノチューブの表面積が大きいため、高温にさらされても...

紙にカーボンナノチューブ(CNT)を塗り、厚さが55マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の電磁波ノイズ抑制シートを開発した。

また再生可能エネルギー由来の燃料への対応も進めており、内燃機関存続に向けた開発にも全包囲で取り組む」 【記者の目/迅速な技術提案、成長を左右】 ...

タイガースポリマーはバイオマス材料を使ったポリ塩化ビニール(PVC)製ダクトホースと、理化学機器用の透明チューブを開発した。... 同社によると、同様のホースやチューブでバイオマス材料...

パイオラックスはこれまでに車載電池向けにガス抜きチューブ、運転支援システム向けにセンサーブラケット、電気自動車(EV)用駆動モジュール「eアクスル」向けにフィルターなどを開発。

振動を熱・電気に変えるカーボンナノチューブ(CNT)素子を用いた制振ダンパーによって被災状況を把握する技術だ。

ブリヂストンは、国内市販用タイヤと関連商品のチューブ、フラップの出荷価格を9月1日に引き上げる。

国士舘大学の神野誠教授と野々山良介特別研究員は、生命科学実験やPCR検査などで多用されるマイクロチューブを自動で開閉栓するマイクロチューブキャッパーを開発した。... マイクロチュ...

同容器は日揮と六菱ゴム(大阪市北区)が共同開発した、ふたの縁に取り付けたチューブ内の圧力変化で開閉する「BLAT」システムを搭載。ロボットがバルブを操作することでチューブ内が陰圧になり...

森六ホールディングス(HD)は、多層カーボンナノチューブ(CNT)を均等に分散する技術を開発し、CNTを用いたマスターバッチ(中間...

オイルに配合されているカーボンナノチューブ(CNT)が、エンジン内部の摺動(しゅうどう)面へ入り込むことで、動きをなめらかにする。

同社が開発を進めるPMD装置には、軌道上でのテザーの運動を予測する数値シミュレーションや、確実なテザー伸展を評価するための試験、カーボンナノチューブを利用した電子放出デバイスなど、さまざまな技術でJA...

テルモ、米工場完工 血漿採取用単回使用製品を生産 (2022/5/27 素材・医療・ヘルスケア)

リカは採血を受けるドナー(提供者)と採血業務を行う医療従事者の負担軽減と効率化が期待される装置で、同工場ではリカに使用する針やチューブ、血液バッグが一体となった単回使用製品を製造する。...

東レとポリプラ・エボニック(東京都新宿区、金井産社長)は25日、外層がポリアミド樹脂(PA)で内層がポリフェニレンサルファイド樹脂(PPS&...

そこで、同じ炭素材料であるカーボンナノチューブをグラフェン薄膜同士の間に挟みこむ工夫を行った。

田村薬品、受託製造で攻勢 交差汚染防ぐロボライン稼働 (2022/5/19 素材・医療・ヘルスケア1)

日揮と六菱ゴム(大阪市北区)が共同開発した、ふたの縁にあるチューブの圧力変化で開閉を可能にする「BLAT」システムを搭載している。チューブ内が陰圧だと開放でき、常圧で密閉状態となる。

伝動ベルト3社、原材料費高騰も好業績 車・産機需要が回復 (2022/5/18 機械・ロボット・航空機1)

その上で、北米向けの自動車用チューブ製品が夏ごろまで落ち込むほか、「5―6月は中国のロックダウン(都市封鎖)の影響がもろに出る」(石切山靖順社長)とリスク分析する。

セルファイバ、4億円調達 細胞量産技術開発を加速 (2022/5/17 中小・ベンチャー・中小政策)

同社は東京大学発スタートアップで、髪の毛ほどの細さの中空ハイドロゲルチューブ内に細胞を封入し、培養する「細胞ファイバ」技術を開発している。

開発した光センサーシートは、広帯域の電磁波吸収材料であるカーボンナノチューブ(CNT)薄膜と基板、電極で構成。... そのため、塩ビ管などのほか蛇腹管やゴムチューブといった変形する管や...

東京大学の相田卓三卓越教授らは、水を高速で通すが塩を通さないナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)のフッ素化ナノチューブを開発した。... 内壁がフッ素...

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン