159件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

チラー(冷却水循環装置)とウエアをホースで接続し、冷却水を循環させ作業者を冷却する。... 新製品はチラーのポンプ容量などを拡大し、長さを20メートルに延長。... チラー本体のサイズは幅709ミリ&...

ジーマックス、中国でペルチェ素子増産 年300万個 (2020/7/30 電機・電子部品・情報・通信1)

直近では、医療機器の冷却用途が増えたほか、以前からの半導体製造装置用チラー(冷却水循環装置)向けも堅調という。

トラスコ中山は、冷却用チラーを使ったポータブル身体冷却着「コールドキャリー=写真」を発売した。チラーを片手で簡単に持ち運べるため、高温の作業現場でも快適な作業を実現する。チラーとホース、冷却下着(ベス...

日本を変える17Goals(62)東邦ガス (2020/7/24 SDGs)

コージェネレーションやチラーに用いるガスエンジンの排熱を冷やす冷却塔用の水処理装置などの周辺装置、太陽光発発電パネルなど、ガス機器以外もワンストップで請け負い、顧客の事業活動における環境負荷軽減につな...

量産に向け熱処理炉、酸化膜を管理する測定機、レーザー溶接機、溶接機用のチラーを9月頃本社工場に導入する。

半面、米中の貿易摩擦を背景に企業の設備投資が冷え込んでチラーなどが伸び悩み、産業機器全体の売上高は同3・7%減。

ウェブを使った「オンラインミーティング」で商談・製品説明するのはチラー、精密空調機など、オリオン機械が扱う産業機械全般。

対象はチラー、精密空調機、エアードライヤーなど同社製のほぼすべての機種。

三菱電機、スウェーデン代理店を買収 (2020/4/3 電機・電子部品・情報・通信1)

チラーを中心に空調冷熱機器を販売している。三菱電機が15年に買収したイタリア子会社製チラーの販売代理店。 同社によると、同国の業務用空調冷熱システム市場はチラーを中心に堅調に推移し続...

チラーなどの外付け冷却装置を不要とし、デバイスのローダー/アンローダーを除く装置中枢のハンドラ部を左右1100ミリメートル内に収めたコンパクト設計が特徴。

ある食品工場ではシステムの導入前、冷水はチラーで、温水はボイラで作っていた。

不撓不屈/ニイガタ(4)自ら考える集団づくり (2019/9/6 中小企業・地域経済1)

温度や湿度のコントロールができる食品や理化学分野向けの環境試験器、バイオ分野向けの小型チラー(冷却水循環装置)などだ。

三菱電、外気吸い込み温度52℃対応のヒートポンプチラー (2019/8/21 電機・電子部品・情報・通信1)

同チラーの一般的な外気吸い込み温度の上限は43度C。

ユニット構造で個別設計が不要なため冷却チラーやミストコレクターなどのオプション追加も容易にできる。

冷凍空調技術は精密空調機、チラーなどを主力とする同社にとって基幹技術の一つ。

液晶製造装置や自動車業界における電子制御化の進展に伴う設備投資を背景に、省エネルギー型精密空調機、チラーの販売が好調で産業機械事業全体の売上高は同6・5%増となった。

チラーはエイディーディー独自の超低温技術である冷媒に蒸発温度の違う3種類のフロンを混ぜる。... エイディーディーはチラーの修理を軸に、チラー、成膜事業など事業領域を拡大しており、本社の2工場はほぼフ...

ウエア内部に細管を張り巡らせ、その中にチラー(循環装置)で冷水を循環させる、これまでにない着用型の冷却装置だ。... 19年度中に派生製品やチラーを小型・軽量化した新型装置を市場投入する予定で、これを...

可能な限りチラーを活用すればエネルギー効率は高まる。... 11度―12度Cを7度Cまで冷やす主役はターボ冷凍機だが、チラーで補助。40度―50度Cを55度Cに加熱する温水は、同チラーがメーンに供給し...

パナソニック、スウェーデン社と提携 空冷式チラー技術取り入れ (2019/2/28 電機・電子部品・情報・通信1)

システムエアーが得意とする空冷式チラーと呼ばれる温度制御機器を、パナソニックの業務用空調に取り入れる。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる